人気ブログランキング |

<   2007年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Indiana Jones

f0035184_23435419.jpg

見られるのは1年後くらい??
年を取ってもかっこいい・・・。
by roisin_dubh70 | 2007-06-29 23:45 | 映画 ドラマ

EDITORS / An End Has A Start

EDITORSの待望の2枚目のアルバムが発売になりました。

EDITORS/ An End Has A Start
f0035184_23235760.jpgいろんな面で成長したと言える1枚です。素晴らしい!
1曲目は最初のシングル曲でもあるSmokers Outside The Hospital Doorsで、この曲がこのアルバム全体、というか、バンドの方向性を示しているのかなと思いました。
ところで、この曲のシングル3点セットはきのうやっと届きました。ちょっとおしゃれな歌詞ブックレット付きです。ていうか、それ欲しさに注文したんですけど。

アルバムと同じ曲名であるAn End Has A Startは、前作The Back RoomのMunichっぽい感じがあるような曲。結構好き。

The Weight Of The WorldBonesは1年以上前から既にライヴで演奏されているので、割と馴染みがありますが、スタジオで録音されたものはいろんな音が入っていてまた感じが違いますね。
The Weight〜は前身バンドであるSNOWFIELD時代からの曲で、実は私はこのデモバージョンがすごい好きだったりするんですが(特にトムのヴォーカルが)、今回のアルバムでは昨年までのライヴバージョンとほぼ同じになっています。
Bonesは後半のretreat!と叫ぶとこが好きだったのに、スタジオ新バージョンではなくなってます。そのかわりに静かにbones~と歌ってるんですね〜。まあ、それもいい感じではある。

そしてWhen Anger Showsはかなりのお気に入りです。アルバムの中で一番好きかも。ドラムがいい。インタビューによるとエドはこの曲の録音に3日間もかかったそうです。その努力が報われた曲。

The Racing Ratsは最初は普通に始まるのに途中から大げさな展開(笑)で、ヴォーカルも新たなる挑戦か?みたいな。
この曲に限らず、トムのヴォーカルは全体的にうまくなってるし、本人も頑張ったようですね。

そして2番目に好きかもしれない(いや、もしかして1番かも)Push Your Head Towards The Airはきれいな曲。初めて聴いた時にちょっと泣きそうになりました。たまたまちょっと凹んでる時に聴いたからかもしれないですが、歌詞がなんていうか、愛ですよ、愛。ぜひライヴでも聴いてみたいですが、多分無理かも。
この曲ではトムの声がしっとりと胸に響くというか、じわーっと広がる感じがします。このバンドで癒されるといえば、エドの笑顔かな〜と思ってましたが(笑)、トムの声にも癒される事に気づきました。いい声してるな・・・(しみじみ)

Escape The Nestも結構好き。ギターがキレッキレなので聴いていて気持ちいい。ライヴではどういうわけか音が外れて聞こえるのですが、私の気のせいなのか、それともあれはああいう風にやってるのか、謎。私の耳がおかしいんやろか・・・。

Spidersは好き嫌いが分かれそうな曲。最初聴いた時はなんか変わった曲だと思いましたが、多分ね、聴けば聴く程気に入ってくるスルメタイプの曲ではなかろうか。いえ、私は好きですよ。後半のギターとかかっこいいし。

日本盤以外では最後の曲となるWell Worn Handも初めて聴いた時になんか泣きそうになった曲。あとでこの曲が出来た背景をインタビューで読んで余計泣きそうになりました。
この曲はクリスのギターとトムのピアノだけで一発録音されたそうです。ちょっと音程が外れてても気にせず、そのまま残したそうですよ。

ボーナストラックは2曲とも気に入った!
A Thousand Piecesは曲調は明るく元気な感じですが、歌詞はよくわからないなあ。

Open Upは優しい曲。もしかしてラヴ・ソング?? でもいい曲ですね。

他のB面曲は、これまでのところ、
An Eye For An Eye
The Picture
Some Kind Of Spark
この3曲があります。もう、どれもこれも好きだ〜〜♪特にSome Kind ~が。
って、結局彼らの曲で嫌いなのは一つもなしってことか。溺愛しすぎ?怖いね、自分でも(笑)。

聴くとやたら泣きそうになるアルバムですが(笑)、それは多分なんとなく自分の経験した事を思い出してちょっと考え込んだりしたからかなと思います。でもちゃんと向き合っていかないといけないんですよ、生きて行く為には。な〜てね、たまには真面目になったりもする。
トムの書く歌詞には以前のものも含めて、結構愛が溢れているような気がするんですけどね。

今回ピアノが多くの曲で使われていますね。いい感じ!それはそうと、以前スタジオ写真でクリスが持っていたアレは何だったんだろう?と今頃思い出したりして。
f0035184_22312178.jpg

あと、今後出てくるB面曲ではクリスお気に入りの鉄琴は使ってないのか? 

インタビューはこちら↓
THE FLY
ウェブ上でページがめくれます。

ページをめくるのが面倒な(私みたいな)人にはこちら
(記事は同じです)

1ヶ月以上も前にアルバムがリークされて、事前に聴いた人もおられると思いますが、まったく・・・なんてことするんでしょうね、もう。でも一刻も早く耳にしたいという欲求には勝てず、私も翌日即聴いちゃってました・・・。待てなかったんだよ〜う。
どうせCD買うくせに(笑)。毎日アホ程聴いてるおかげで歌詞もすっかり覚えたんで、あとはサマソニでライヴを見るだけ!はよ見たい!
by roisin_dubh70 | 2007-06-26 23:03 | 音楽

Glastonbury Festival

この週末に行われているGlastonbury Festivalの主な出演者の写真やライヴ映像やらをBBC1 Glastonburyで見れます。

ちょっとだけ見ましたが、内容が多いのでまだまだ時間がかかりそう・・・。
f0035184_2223432.jpg

EDITORSのラッセル。かっこいい。初来日の時に勝手におとんて呼んでごめん。

f0035184_2233671.jpg

なぜか兄弟の映像はなく、写真だけ。つまらん。
ライアン、またシマシマ(笑)。微妙に色違いのを100枚くらい持っているに違いない・・・。
by roisin_dubh70 | 2007-06-24 22:35 | 音楽

Wireless Festival / KAISER CHIEFS

KAISER CHIEFSのウェブ中継を見たので感想を書こうと思っていたら、もう何日も経ってしまったので記憶があやふや。
swukさんのほうでレポと写真を上げておられるので、そちらのほうがわかりやすいかと思います。

この日は17曲も演奏していて、Learnt My Lesson WellもTry Your Bestもやっていました。
Na Na Na Na NaaでPOLYSICSのハヤシさんが飛び入りしたんですよ。ひょっとして・・・とは思っていましたが、まさか本当に出てくるとは。3月の来日公演でやっていたあのジャンプをここで披露していました。もうノリノリで(笑)。
この曲の前にリッキーがお客さんにna na na~と言わせて練習?みたいなのをしてましたが、ちょっとリッキーの声が上ずってたね。最後に日本語で「ありがとう!」と言って、ついでにお客さんにもありがとうと言わせてた(もちろん日本語で)のにはびっくり。なんか不思議だねえ〜、この状況が。

ウェブ中継もいいけど、はやく生で見たいです。年内にはまた来るのかなあ。フジがあるからまた年明けかな・・・。
中継といえば、9月のAustin City Limitsもありますが、カイザーを見られるかは不明・・・。アメリカなので今ひとつ時差がわかりにくいし。
by roisin_dubh70 | 2007-06-23 15:20 | KAISER CHIEFS

きらきらアフロに・・・

きらきらアフロにレッチリが。

この番組はおもしろいのでいつも見てますが、先週放送の時に、来週はRED HOT CHILI PEPPERSが出るという予告をやっていたので、びっくりしたもんだ。

今番組サイトを見たら、大阪と東京では放送日が違うんですねえ。
by roisin_dubh70 | 2007-06-23 00:22 | 音楽

Wireless Festival / EDITORS

もうすぐアルバムが出るEDITORSの皆さん、働きまくってます。ライヴにテレビにラジオに。故に私も忙しい・・・。今のところは何とか追いついてる感じ。

しかし、夜中の3時半に何やってんだろうね、私も。
Wireless Festivalのウェブ中継のことですが。

トリ(しかもカイザー)の前、ジャーマン兄弟の次の出演という私にとっては夢のような顔ぶれの真ん中、眠気も感じずに見てました。

大歓声の中、いつもの通りBonesから始まりましたが、今回はフェスということでセットはちょっと違ってました。早い段階でAn End Has A Startをやってましたね。新曲を知らないお客さんに早く聴かせたいってこと?

Bloodのイントロがちょっと変わってました。ドラムだけで始まり、あとからギターとベースが入った形になっていて、おおっ?と思いました。エドのカウベルでわかったけど♪別に音が出なかったわけでもなさそうなので、こういう風にしていくのか・・・。
この曲はベースが好き♪どの曲だったか、ラスがぴょんぴょん跳んでました(笑)

Escape The Nestのクリスのギターはこの日は割とまともに聞こえました。でも時々音が違うような。私の気のせいか、勘違いか、それともライヴバージョンか(んなことないか)と思ってたけどやっぱり音が外れてるよね・・・。
クリスはこの曲の時にシンセを使ってるようで、これまで映像でははっきりと見た事なかったのに、この日は手元が大きく映ってました。おお〜、弾いとる、弾いとる。
ノッポ君、ギターを弾く姿がやたら激しい。ドラム台にも乗ってるし。最後のThe lights of the.....town!てとこが好きなんですよ〜、あのタメが。

最近、ノッポ君はよく叫んでませんか。いや、前から叫んでますが、やたらHey!とかAhhhとかWahhhとか曲ごとにいちいち言ってるような。いいんですけどね。

The Racing Ratsはピアノの曲。座ったまま腕を振り回すノッポ君(笑)。
最近のライヴでは必ず演奏されている新曲の一つで、その中では一番好きかも。後半のCome on now...ていうところが特にかっこいい。
You Are Fadingはこの日一番いい〜と思っていたら、一番いいとこでクリスのギターが微妙に音がずれる・・・。あああ。なんでかね。クリス・・・この日に限らず結構音外してるよね。ええ、そりゃあもう、私にもはっきりわかるくらいなので、バンドの他のメンバーにも聞こえてると思うけど、後で「おまえ、またやったな」とか言われないのかなあ。彼のギターの音は大好きなので、それだけに気になります。

Munichが始まるとさすがに歓声もひときわ大きくなりますね。でもライヴバージョンを聴くといつも思うのは、最初のI'm so glad I did...のあと、お客さんがついPeople are fragile things ...と歌ってしまって、ああ、違うんだよ、まだなんだよ、アルバムバージョンとは違うんだよ、と気の毒になってしまう事。
そういう私も初めて彼らのライヴを見た時に、あれ?と思ったものでした(笑)。いわゆるデモですよね、あれは。歌詞は微妙に違うけど。

Smokers Outside The Hospital Doorsは既にラジオなどでもかかっているせいか、歓声も多かったです。よかった、よかった。
Fingersでは、いつもの通りちょっとノッポ君が壊れ気味で終了。背中からギターを落としてました。この人よくギターを放ってますね。・・・。そうか!だからギターが傷だらけなのか。今頃気づいた!
最後に投げキッス。ほ〜う、そういう事やるんか(笑)。
それより最近ずっと気になっているのが、彼の頭。髪の毛が爆発してるんですけど。多分汗をかくと湿気でどうしようもなくなるのかな。
クリスは自慢のくしゃ髪を保つのにフィッシュ何とかってやつを使ってるらしいですが、ノッポ君もなにかつけてんのかね。ああ、それこそ余計なお世話ですか。でも悪いと思いつつも、つい笑ってしまうんで。あの頭を見たら。なんか改善してほしいなと思うわけですよ。
f0035184_21485443.jpg

Bones
All Sparks
An End Has A Start
Blood
Escape The Nest
Bullets
The Racing Rats
You Are Fading
Munich
Smokers Outside The Hospital Doors
Fingers In The Factories

話が脱線してしまいましたが、ラスは最近コーラスに参加するだけでなく、ピアノも弾いたりなんかして。
Hub Sessions
f0035184_23421335.jpg

by roisin_dubh70 | 2007-06-21 23:59 | 音楽

Wireless Festival / THE CRIBS

本当はPOLYSICSから見たかったWIRELESS FESTIVAL@Hyde Parkでしたが、やっぱそれは辛いってことで、最後の3バンドだけ見ました。

THE CRIBS
この間のCoachella以来のウェブ中継、セットはほとんど同じかな?あのときはまだアルバムを聴いてなかったので、知らない曲もあってよく覚えてなかったですが、今回はばっちり。

Hey Scenesters!
Our Bovine Mystery
You're Gonna Lose Us
Girls Like Mystery
I'm A Realist
Moving Pictures
Martell
Men's Needs
Mirror Kissers
Ancient History
Another Number
Wrong Way To Be

ライアンはいつもの(笑)シャツ。ほんと、最近こればっかし。でも最後に観客の中にダイブした時に行方不明になってしまいました。完全に埋もれてたね(笑)。

全然ライヴレポになってませんが、内容は良かったですよ。アルバム聴いてライアンのギターはうまくなったと思いましたが、ライヴでもしっかりしてきて(そりゃ、もう3枚目だし)、10月の来日公演が楽しみ!大阪だけでは物足りないので名古屋も行く事にしました。

現在こちらで3曲だけですが映像が見られます。
by roisin_dubh70 | 2007-06-19 22:06 | 音楽

連勝中

ガンバ大阪 3 - 1 名古屋グランパスエイト

何でも万博では23試合連続負けなしだそうですよ。そうだっけ?カップ戦は勘定に入れないのか。
でもこういう事を言い出すと、とたんに負けたりなんかするので、あまり触れて欲しくないなあ。

前節は何となく勝ったようなところがあったので、今日の勝ち方は良かったですね。スカッと一発、バレーのゴールが気持ちいいです。
by roisin_dubh70 | 2007-06-16 22:11 | Football

WIRELESS FESTIVAL

もう始まってる〜!O2 Wireless Festivalウェブ中継が。


14日から17日までロンドンのハイドパークにて開催されているフェスですが、中継はメインステージのみで、ウェブ中継後はそれに加えてインタビューなども流すようです。再放送あり。
詳しくはこちら

なんといっても17日の最終日が私的に超豪華です。またもや眠れない・・・。

POLYSICS
MUMM-RA
THE CRIBS!!
EDITORS!!!
KAISER CHIEFS!!!!

by roisin_dubh70 | 2007-06-15 00:16 | 音楽

THE LODGER

日本では随分前にデビューしたUKのリーズ出身の3ピースバンドであるTHE LODGERがやっと地元でもアルバムが出ます。

THE LODGER/ Grown -Ups
f0035184_22192285.jpg去年の12月頃に買って以来、少しずつしか聴いてなかったこのアルバム、最近なぜかやたら聴いてます。覚えやすくてちょっと哀愁のあるメロディで、癖になる聴き心地よさ。まあ、いわゆるギター・ポップというか・・・
ちなみにドラマーは女の子です。

リーズ出身だけあって、KAISER CHIEFSTHE CRIBSともつながりがあるってのが、気になるところで(笑)

MySpace
by roisin_dubh70 | 2007-06-10 22:33 | 音楽

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70