琳派展

今日は久しぶりに京都に行ってきました。目的は細見美術館で開催されていた琳派展を見るためです。
9月から3ヶ月もやっていたのに、なかなか時間が取れず、気がつけば最終日!

琳派展を見るのは今年で3回目なのですが、今回は酒井抱一や鈴木其一を中心とした江戸琳派の作品で、京都で活躍した俵屋宗達、尾形光琳などとはまたちょっと違う画風で、これもまた素晴らしいです。とはいえ、私はそれほど詳しくないので何がどうだとは言えないんですけどね。何にしてもこういう作品を生で鑑賞出来る機会はそれほどないので、見てきてよかったです。

こういう展示期間が長いものは途中で展示作品の入れ替えがあったりするので、熱心な方は2回行くのでしょうが、なんせ時間がなくて・・・。

結局今年は紅葉も見に行けませんでした。残念。
来年1月からは非公開文化財特別公開が始まります。いくつかは過去に公開された時に行った事がありますが、今回も何カ所か行ってみようかと思います。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2006-12-11 00:49 | おでかけ

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70