ダーク・シャドウ/Dark Shadows

映画「ダーク・シャドウ」(Dark Shadows)を見ました。
ティム・バートン監督とジョニー・デップの何と8回目の作品。予告編を見て単純に面白そうと思って見に行ったら、70年代ロック、ポップスがたくさんかかってました。

公式サイト

ミシェル・ファイファーが素敵。

アリス・クーパーが本人役で出てました。あと、最後のエンドクレジットの時にかかってた曲が気になって気になって・・・。何か聞き覚えのある声だけど、曲は知らないし・・・と思って注意深く見ていたら、エリック・カルメン作、演奏はThe Killersとなっていました。
え〜、あれブランドンの声やったんか・・・。
帰ってから調べましたよ。

Raspberriesのメンバーだったエリック作のGo All the Wayという曲をThe Killersがカバーしたというわけですね。
見終わってからずっと気になってた事がわかってめっさスッキリしました。

で、映画のほうは・・・まあ、普通に楽しめました。魔女が執念深すぎて怖い。
ロック好きには結構楽しめるかと思います。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2012-06-03 23:57 | 映画 ドラマ

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70