タグ:The Fratellis ( 24 ) タグの人気記事

5年ぶりのThe Fratellisを見る為だけに初めてパンスプに行ってきました。
やっぱり彼らのライブは楽しかった!

選曲は1stと3rdからほぼ交互に演奏されて、しばらくぶりの割には新曲もすんなり受け入れられていたような気がします。ただ、やっぱり1stの、特にFlatheadChelsea Daggerの盛り上がりは凄かった!

正直言って3rdはそれほどお気に入りアルバムとは言えないまま今回のライブを見たのですが、生で聴くとかっこいいなあと思ってしまって、帰りの電車の中でまた聴いたら結構いいスルメタイプのアルバムなのかなと思いました。

ジョンは体型変わらず黒の上下でかっこ良く、バリーはますます大きくなり(笑)、ミンスのドラムに惚れ惚れ。
バリー、日本語で「げんきですかー、おおさか!」と言ってた。いや、ここ神戸やけど。

なんで彼らがパンスプなのか疑問だし、演奏時間(たったの30分)にも不満はあるものの、久々に見られて良かったです。また近いうちに、今度は単独でたっぷり見たいです。

 
[PR]
by roisin_dubh70 | 2014-03-31 13:16 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

久々

昨年から活動を再開していたThe Fratellisのアルバムのレコーディングが終わったそうですよ。年内に聴けるかな。
サマソニ来てくれてもいいし。

そして、いまだUSにてレコーディング中なのはEDITORSで、こちらはその様子をちょっとだけ公開してるけど、結局メンバーはライブやった時の5人ですね。
エリオットはAirshipと掛け持ちでやってるってことか。働き者だ。


[PR]
by roisin_dubh70 | 2013-02-05 00:30 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

The Fratellis back on stage

The Fratellisがチャリティの為に1回だけライブを行いました。
地元スコットランドで、何と4年ぶりです。

あんまりちゃんとした映像がないのが残念ですが、3人だけのシンプルなステージが良いですね。
Henrietta


もっと近い映像あったけど、撮影者がずっと歌ってます(笑)

ジョンはソロアルバム出したりしてたけど、やっぱり3人揃った姿を見ると、また彼らのライブが見たい〜と強く思ってしまいます。

こちらは写真。
Peter Kaminski
ミンス・・・。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2012-06-18 00:21 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Jon Fratelli

The Fratellisから離れて、今はソロで活動しているジョンの曲がまた公開されています。
やっぱり同じ人が歌ってるせいか、何となくThe Fratellisっぽい気もするけど、ちょっと違うかな。
これで何曲目かなのですが、これまでの中で一番好きです。

Jon Fratelli

ミンスも一緒て・・・明日ライブやるみたいなんで、誰かYoutubeに上げて欲しい。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2011-01-14 23:45 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
何かThe Fratellisが解散って報道してるとこありますけど、別に解散すると発表したわけではないので、先走って書くなっつーの!NME!

先週ジョンとバリーがオフィシャルのフォーラムにメッセージを発表していて、それによると今は一緒に仕事をしていない、などと書かれています。バリーはこれまでのバンド活動を振り返っていて、その辺りから「一緒に活動していない」から「解散」と報道されてしまったんだと思います。
確かに特にバリーの書き方は微妙ですね。まるで別れの言葉のようだし。

解散したと言われて戸惑ったジョン、I haven't split from anyone....!と再びフォーラムに投稿してます。
しかも彼が最近ようやく始めたTwitterでは「スクランブルエッグが好きかと聞かれて、今は違うと答えたら、ずっと嫌いだってことにはならないよね?」とこの騒動を例えてつぶやいています。
ちなみにアカウント名は彼の本名、Jon Lawlerではなく、Jon Fratelliです。フラテリですよ。

この先どうなるのかはまだわかりませんが、彼らがずっと音楽を続けるのだけは間違いないと思います。

そういえば、ジョンの別バンド、Codeine Velvet Clubはフジロックに出ますね。もしジャーマンズと同じ日なら見たいなあ・・・。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2010-04-24 23:28 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

Codeine Velvet Club

The Fratellisのジョンがやってるバンド、Codeine Velvet Clubのアルバムが完成しました。
来月のライブに向けてのリハーサル中だそうです。

Codeine Velvet Club
ちょこっとビデオが見られます。登録すれば1曲全部見られます。

ジョンによるアルバム曲解説
sunday mail

ミンスとバリーは休暇中(笑)
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-08-31 00:08 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
The fratellisの2日目の名古屋も行ってきました。朝から雨。1月からグラスゴー出身のバンドを見るのは3つ目ですが、全部雨が絡んでます。いくらグラスゴーが雨が多いからって、天気まで合わせなくてもねえ。

ライブはもしかして大阪より盛り上がったかも?で、お腹が軽い打撲痛(笑)
でも歌って踊って(騒いで)楽しかったです。
この日は10番台だったのでバリー前に行こうとしたらもう埋まってました。微妙にジョン寄りの中央付近が空いていたので恐怖を感じつつ、まあでもミンスがよく見えるしと思い、勇気を出して最前列ほぼ中央へ。こわ〜。

ぞろぞろとメンバー3人登場。正直言ってもっさい3人組やけど、今回初めてジョンて結構かっこいいと気付きました。遅っ。でも前日と全く同じ黒Tにジーンズ、ブーツ。スタイルがいいからこういうのでも凄い似合ってます。

期待度300%で始まった感じ。曲は1枚目と2枚目からほぼ交互に演奏されていました。
My Friend Johnはイントロからしていいんだなあ〜。バリーも最後のとこでスポットライトを浴びてました。それに合わせてか、ちゃんとポーズ取ったりしてかっこいいです。
やっぱりミンスがよく見えるから嬉しい。いやほんとよく動く。赤のバンドTシャツで袖を切り取ってた様子。

Look Out Sunshineは少しテンポがゆっくりなので後ろからの押しもマシかと思いきや、あんまり変わらんし。Flatheadは一番盛り上がったかな。押しも一層きつくなってきてたけど、ミンスの為に頑張ったよ!やっぱりこの曲は聴いていて楽しいです。
A Heady Taleの途中の手拍子の時だったかな、ジョンがギターのピックを、ミンスが右のドラムスティックをほぼ同時に落としてたのに笑った。ミンスは落としたというより滑ったみたいな。思い切り前に飛んでたからね(笑)あと別の曲でも左のスティックを飛ばしてた(笑)。

Doginabagで少し静かになった後はギター職人ジョンの腕が光るTell Me A Lieで、最初のAhhh..でまた大騒ぎ。Whistle For The Choirは何回聴いても飽きないし、自分も一緒に歌っていて、ライブで毎度感じる幸せをこの時感じました。人生のうちの貴重な1時間半を大好きなバンドと一緒に過ごせる幸せ。

そんなことをぼけっと考えていたら、2枚目の中でもかなり好きなStragglers Moonが始まって、さらにうっとりと聴き入ってしまいました。何と表現したらいいのかわからないけど、ギターの音がいい。
ギターといえば、今はサポートの人がいるので(名前忘れた。ピアノにギターに結構忙しい)ジョンも安心してソロも弾けるし、音も厚くなって私好みになって良いわ。ジョンのソロは長すぎず、ちょうどいいんだなあ、これが。

Chelsea Daggerからあとは半分死にそうになりながら耐えつつ楽しみました。だってミンス、あれだけ目一杯叩きまくってるのに楽しそうなんだもん。凄い。
何の曲のあとだったか、ジョンが何やらぶつぶつ言っててバリーがそれに返事して、みたいな内輪の会話がありました。何の事やらさっぱり??ギターがどうたら言ってちょこっと弾いたりして、お客さんに話しかけるでもなし、ようわからんわ(笑)。ジョンは基本的にあまり話さず、Thank youというくらいでした。バリーはよくジョンやミンスの事を見ていて、その目がまた優しそうでね〜。この人見てたら何だかほっとします。

Got Ma Nuts From A Hippyの後半ではミンスのミニ・ドラムソロはありませんでした。何でだろ。調子悪かったのかなあ・・・。いつもやってる事をしなかったら何かあったのか?ってすぐ心配になるじゃないの。

アルバムでも最後の曲Milk And Moneyを本編最後に持ってきて静かに終了。アンコールは2曲。この2曲がまた弾けるんですよ。もう最後だと思ったら余計に悔いなく終わりたいので歌って騒いで汗かいて。

最後にジョンが手を伸ばしてきたので、こっちも伸ばしました。汗かいてはったわ。後ろからも腕が伸びてきたので、はずみでジョンの足にもお触りしてしまいました。いえ、決してわざとではないです(笑)。このギター職人ジョンはただ上手いというだけでなく、素晴らしいリフ・メイカーでもありますね。ライブだと特にそれを感じます。

最後にクルーの人がミンスのドラムスティックを何本か持って来てくれたのでそのうち1本をもらいました。嬉しすぎる〜!

セットリストはもらってませんが、多分大阪と同じだと思います。
訂正あればお願いします。

Cuntry Boys & City Girls
My Friend John
Vince The Loveable Stoner
Look Out Sunshine
Flathead
A Heady Tale
Doginabag
Tell Me A Lie
Whistle For The Choir
Stragglers Moon
Chelsea Dagger
Henrietta
Lupe Brown
Ole Black 'N' Blue Eyes
Shameless
Got Ma Nuts From A Hippy
Milk And Money

Mistress Mabel
Baby Fratelli

やっぱりAcid Jazz Singerやりませんでした。セットリストには載ってたのに。何でやらないの?もしかして去年からの紙を使い回してるとか?
もし誰かフラテリの人達に会ったら、理由を聞いといてください!!

写真は少し見えにくいけど大阪でもらったジョンのピックも一緒に。Macのデスクトップは来日記念ということで。
スティックは傷だらけでした。
f0035184_23411928.jpg

[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-03-15 23:45 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
The Fratellisの初単独ツアーの初日に行ってきました。歌って踊って楽しい時間を過ごしましたよ。2年半この日を待ってたし、ソールドアウトになっていただけあって始まる前から期待度200%な雰囲気で、盛り上がりも凄かった!

最前に行けるかどうか微妙な番号だったのですが、うまい具合にジョン側が空いていました。ほんとはバリー側に行きたかったんやけど。でも大好きなミンスもよく見えたしジョンの手技と足技観察をしましたから(笑)
ミンスの好きなところは動きが派手なこと。両手を振り回すようにして叩く姿は格好いいとは言えないかもしれないけど、私は好きです。

1曲目から床が揺れるくらい皆の動きが激しくて、結局最後までほとんどそんな調子でした。
Vince The Loveable Stonerのミンスのa-haが好きです(しつこい)。ベースもなんかかわいいし。この曲はCDで聴くとそれほど好きってほどではないのにライブだとかっこいい。
Flatheadは予想通り大盛り上がりの為、それまで座っていた警備のお兄さんがすぐ反応してました。正直言ってちょっと邪魔やったけど仕方ないか。

彼らのアルバムは2枚目より1枚目が好きという人が多いかもしれませんが、私は2枚目が好きです。1枚目は1回聴いてすぐお気に入りになったのに対して、Here We Standは聴けば聴く程味わいが出てきて徐々に好きになりました、曲の出来も平均して高いような気もします。ま、人それぞれ好みがありますからね。
中でも特に好きなのがA Heady Taleです。途中のいかにもライブで盛り上がりそうな手拍子部分とか、ピアノとか、ミンスの思い切りのいい叩きっぷりといい、ギターのジャーンてとことか全て好きです。(意味不明ですみません)

最初のポロ〜んのギターの音ですぐにわかってしまうWhistle For The Choirは実は1stで一番好きな曲です。
バリーは動きもゆったりで全然派手さはないけど、結構人のこと見てる(笑)。お客さんのほうもだけど、ジョンのほうを見てる事も多いかも。割と歌ってましたね。左手のタトゥー?が気になる。
ミンスの軽快なドラムから始まってそれに続くベースがかっこ良すぎるChelsea Daggerでまた会場の床が揺れました。盛り上がりは凄かったですが、サマソニの時程ではなかったなあ。
Henriettaは凄かったです。真ん中ら辺の人達大変だったろうなあ・・・。よかった、一番前の呼吸がちゃんと出来るところで(笑)。端の方なので、それほど後ろからの押しもなく、しかも心斎橋の最前の柵の端の方は斜めになっていて、無理なく全体を見渡せるので大好き。

しかしギター職人ジョンは一体何本ギターを持って来ているのでしょうか。あとで数えてみたら多分5本?この日も何回も取り替えてましたが、たった1曲、Lupe Brownの、それも前半に使っただけという赤のリッケンバッカーが目立ってました。で、途中からは黒のレスポールに変えてソロを弾くのですが、これがかっこいい〜♪この曲を聴くといつもTHIN LIZZYを思い出すのは私だけですね、きっと。
ギター職人の足元ペダルもよく見えたのでじっと見てました。ペダルの音の違いはわかるものの、ギターの違いが今ひとつわからんわ。それはそうと、ずっと歌ってるのに水も飲まず、よく声が続くなあ。バリーはお客さんにペットボトルの水を何本か投げてました。いい人や〜。

Got Ma Nuts From A Hippyはライブだと特に後半部分のアレンジがよくて、それにミンスのミニ・ドラム・ソロがかっこいいです。着ていたバンドシャツも汗びっしょりになってました。

本編最後はMilk And Moneyでした。静かにピアノで始まり、途中のテンポが早くなるところではバリーが手拍子を促してギターも激しくなっていって、最後はまた静かにピアノで終わるという展開が見事な曲。メンバー3人がステージを去っていった後もピアノだけが残って本編終了。

アンコール1曲目はCDと同じイントロが流れてくるMistress Mabelで、これが意外と大騒ぎになる曲なんですよね。ピアノの影響もあるかもしれないです。
最後はBaby Fratelliで最後の大騒ぎ。むむ・・・ジョンの足元に貼ってあったセットリストには曲名は読めないものの、最後は3曲分書いてあるのが見えたのに気のせいか?とこの時は思ったのでした。

ジョンとバリーは手を伸ばしてファンの人と触れ合ってました。ジョンは真ん中だけでしたが、バリーは最後にこっちまで来てくれたのでちょっとお触りできました♪ ふっくらしてはったわ。
ジョンが途中で落としたピック3枚のうち1枚をクルーの人にもらいました。
わーい。

Cuntry Boys & City Girls
My Friend John
Vince The Loveable Stoner
Look Out Sunshine
Flathead
A Heady Tale
Doginabag
Tell Me A Lie
Whistle For The Choir
Stragglers Moon
Chelsea Dagger
Henrietta
Lupe Brown
Ole Black 'N' Blue Eyes
Shameless
Got Ma Nuts From A Hippy
Milk And Money

Mistress Mabel
Baby Fratelli

終了後、人に見せてもらったセットリストにはアンコール2曲目にAcid Jazz Singerが載っていたのに演奏されませんでした。ガーン、好きな曲なのに。なんでやらなかったんだろ。

名古屋編
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-03-14 17:17 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

Her name is Rose

もうすぐThe Fratellisなので、一気に曲を聴いています。
涙あり笑いありの彼らの曲をずっと聴いていると、その場面が頭の中に出来上がってしまって、曲によってはビデオクリップ(私バージョン)が個人的に存在します(笑)。

物語風なので、当然人名も多く出てくるのでまとめてみました。
こんなことやってるほどヒマじゃないんだけど、なんか気になって仕方ない。

Ella's In The Band
Paul, Jon, Henry(dog), Ella, Meg White, Jack

Boy Done Good
Stacie Anne

Ole Black 'n' Blue Eyes
Tina, Chelsea

Nina
Nina, Sam

Stacie Anne
Ella

The Gutterati?
Diane

Henrietta
Henrietta

Flathead
Josephine

Cuntry Boys & City Girls
Ella, Rose

Chelsea Dagger
Steven, Joanna, Chelsea

For The Girl
Lucy

Creepin Up The Backstairs
Rosie, Lucy

Vince The Loveable Stoner
Vince

Everybody Knows You Cried Last Night
Greg, Ruby

Johnny Come Last
Johnny

Mon Yous, Mon Us, But No Them
Little Petey Pantsなどニックネーム?多数

My Friend John
Ella, John

Mistress Mabel
Mabel

Lupe Brown
Lupe Brown, Desdemona, Lucille

B Movie Saga
Lupe Brown

結構多くて途中で「やるんじゃなかった」とちょっと後悔しかけましたが、せっかくやりかけたので一応私が持っている中で古い順に探してみました。同じ名前が複数曲に登場してたりしておもしろいです。
こうして見ると最近の曲にはあまり名前が出てきてないですね。

オフィシャルの曲リストには歌詞が出ているのですが、持ってない曲までは見ていないので、今度時間がある時に名前を探してみようかと思います。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-03-12 02:02 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ATTIC LIGHTS @ CHANNEL BEE

去年の夏にCHANNEL BEEでウェブ中継をしていたAttic Lightsのライブ映像を最近見ました。

Attic Lights @ Somerset House

この時はThe Fratellisが出ていたので早起きしてウェブ中継を見たら、前座をしていたAttic Lightsが終わってなくて、最後のほうをちょこっと見ました。当時は全然注目していなかったのですが、その後ちゃんと聴いて気に入ったので、そういえば・・・と思い出してやっと見たのでした。

歌も演奏も不安定で何だか頼りないけど、もっと経験を積んでいけば良くなるかも。頑張れ!

で、The Fratellisは12月にもウェブ中継をやっていたのですが、これは時間がなくて(というか忘れていて)まだやっと9曲しか見てない・・・。

The Fratellis @ Reading Rivermead

画面右のLive Music Archiveで他のバンドの映像も見られます。初めて見る人は確か専用のプレイヤーをダウンロードするんだったと思います。(画面右に出てたような記憶が。)
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-02-14 00:19 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70