3年振りの来日、Def Leppardを見て来ました。よく考えたら単独公演は2002年以来なんですよね。待ち遠しかったです。

特別なステージセットもなく、スクリーンもない、中央のドラム台が高くなっているだけの超シンプルなステージを見て、がっかりするどころか、よし、これでバンドと演奏に集中できると思えたのは私だけかな(笑)。
実際、彼らのステージは小細工は全く必要なくても充分に満足できるものなのでした。

チケットはFM局の先行で取ったのに席が良くなくて(過去いつもいいとこが当たってたので期待してたのに)後ろから数えた方が早いくらいの右側の端でした。

新曲Undefeatedをやって欲しいなと思っていたので最初からなのは嬉しい!フィルは最初から上半身裸(笑)。衣装いらずですね。ドラムの周りにはひまわりが何本か飾ってあって妙にかわいい。
1曲目は新曲のせいか若干おとなしかったお客さんもLet's Get Rockedでは大合唱&腕を振り上げてました。
Animalほんと大好き。手拍子も皆ちゃんと決まって後ろから見てたら気持ちよかったです。
前回もやってたC'mon C'monはノリのいい曲で、最近の彼らの曲の中では好きな曲です。今後もよろしく。

メンバーもよく動いてるし、ジョーのマイクスタンドもキラキラ。サヴの動きが何気にかっこいいんだけど、特にFoolin'の最後のとこ、好きです。
変わらないね、あの決めアクションは。

ジョーが「特別にやるよ」言ってたんだっけかな、Slangは。そんなに長い事やってなかったっけ?途中、「いち、に、さん、し」て言ってくれて嬉しかった!
そういえば「どうも」をやたら言ってましたね。「ありがとう」より多かったかも(笑)

いつからサヴがベースソロやるようになったのか知らないんだけど、かっこよかったです。とにかくフロント3人はメタボとは無縁で体型変わらんよね。ジョーは・・・まあ、アレだけど。
で、そのソロから続いてのGods Of Warがよかった〜!アルバムの中でも結構好きな曲だし、日本では最近あまりライブでやってなかったんじゃないかな。イントロからして好き。

Two Steps Behindはジョーもギターを持ってリック以外の4人で演奏したのに続いてBringin' On The Heartbreakではサヴが一旦引っ込み3人で演奏。アコースティックでの演奏も久々だと思うのだけど、事前にジョーが「一緒に歌ってくれ」と言っていたようにコーラス部分ではお客さん大合唱。素晴らしい〜!よかったわ〜、皆歌えて。しかも後半からエレクトリックバージョンになるところなんか、めちゃかっこいい〜。
そして5人でSwitch 625!特に最後のドラムが凄い。終わった後の歓声も一際大きかったです。

この後の怒濤のヒット曲連発なのは実は前回と全く同じ曲目、曲順なのでした。(後から気付いた)
この人達、本当にうまいです。演奏はもちろんだけど、何て言うか、飽きさせない。曲がいいので当たり前なんだけど、テンポよく展開されるので間延びしないし。でもジョーは結構喋ってましたけど。コーラスもきれいで、4人歌えるのが強みかな。

本編最後のRock Of Agesはやっぱり永遠のロック・アンセムですね。歌詞に「osaka」入れてくれたし、最高。
最近はこの曲でのお客さんとの掛け合いがなくてちょっと寂しいなあ。

アンコール前は座ってた人多し。メンバー出てくると一気に立つ(笑)
Rock! Rock! Till You Dropを最後に持ってくるとは思わなかったなあ。ていうか、やるとは思わなかったというか。
会場中が一体になってました。前で見てるとわかりにくいけど、この日は後ろだったので、皆のノリ具合がよく見えておもしろかったです。

前回が90分で消化不良気味だったので、2時間ちょいのこの日は大満足でした。メンバーもまだまだ若いですね。ジョーの声がたまに出にくそうでしたが、気にしないです。こうやってまた日本に来てくれた事が凄く嬉しいし、本物のライブバンドの力を見せてくれた彼らに感謝です。

Undefeated
Let's Get Rocked
Animal
C'mon C'mon
Women
Foolin'
Make Love Like A Man
Too Late For Love
Slang
Love Bites
Rocket
Rick Savage Bass solo/Gods Of War
Two Steps Behind
Bringin' On The Heartbreak
Switch 625
Hysteria
Armageddon It
Photograph
Pour Some Sugar On Me
Rock Of Ages
---------------
When Love & Hate Collide
Rock! Rock! Till You Drop
[PR]
by roisin_dubh70 | 2011-11-09 01:17 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
サマソニ2日目。
前日よりは1時間早く家を出たので、シャトルバスの待ち時間も、渋滞もほとんどなく10時半過ぎには到着。早速冷やしうどんを食べました。

2日目に見たアーティスト(*は完全見)
Sharks
One Night Only*
Cage The Elephant*
The Gazette*
木村カエラ
Korn
Beady Eye*
The Strokes*
The Mars Volta


オアシスでゆっくりしすぎてまたもや出遅れたオーシャンステージ。
最初のバンドはUK出身というくらいしか知らないSharksで、ステージ前付近はまだ日陰になっていたので前に行って見たのですが、若い!音楽的にはThe Clashが大好きです、みたいな感じ。元気がよくて、演奏もしっかりしていました。

続いて同じくUKからのOne Night Onlyもつい最近知ったバンド。日の丸ハチマキにサングラス、上半身裸で登場したヴォーカルの子はSharksの時からステージ横で同じ格好で見てましたが、出てくるなり「にほん、さいこう」と叫んでました。
聴きやすいメロディに優しげな声が合っていて、クセのない音楽というか。最初にCMで聴いた時にはてっきり日本のバンドと思っていた私(いやに英語の発音いいなと思ってた・・・笑)
ほとんど動かないベース君とは対照的にやたら動いていたキーボード君が印象的でした。
最後にCM曲をちゃんと日本語バージョンで歌って結構歓声も上がってました。

またオアシスに戻ってフルーツポンチを食べながらマウンテンステージのYUIちゃん見ました。ていうかスクリーンで見ただけですけど。翼をくださいよかったです。音はよく聴こえるし、日陰やし、ほんまここ穴場やわ〜と思いながらまったり。

ちょうど時間帯の重なっていたUKとUSの2バンド、どっちも名前は聞いた事あるという程度だったので、室内のCage The Elephantを選びました。これがまたよくてねえ。
2階席で座って見てたら、ヴォーカルの人が何回も下に降りて歌ってました。今までよく知らなかったけど、見てよかった!

そのまま続いてソニックにてThe Gazetteを見ました。いわゆるビジュアル系ロックですが、音がかっこよかったです。メタル系かな。それより何よりファンが凄かった。ヘッドバンギングというより頭を振り回してるというかね。見たところ、ほとんど女の子みたいでしたが、とにかく長髪をぶんぶん振り回してるので上から見てたら壮観。楽しそうでした。

外に出てオアシスに行く途中木村カエラの歌が聴こえて来たのでちょっと見て来ました。この辺少々ミーハーです。でも知ってる曲やってたし、まあまあよかった。ドコモのCM曲やってました。

その後はたむらのカツカレーを食べました。おいしかった。しかしご飯の量が少なくてもう1皿いけそうやったけど800円なので我慢しました。
またもやのど自慢大会やってて、「今日の最高得点でました」って言ってた。高得点だと数万円分の商品券がもらえるらしい。やっぱし外国人多し(笑)

この時間はマウンテンでRip Slymeやってました。

Kornに向かう途中、ちょうどMetallicaOneが聴こえてきた!
そこそこ前のほうまで行って鑑賞。さすがの貫禄なんですけど。曲はよく知らないものの、やっぱりこの手の音は好きなので自然と体も動いてしまう。といっても頭は振りませんよ。
途中We Will Rock Youも挟みつつ、20分くらいは見たかな。

Beady Eyeでさらに前に行きました。左側5、6列目くらい。日も落ちて来てちょっとは涼しくなって来た頃、メンバー登場。リアムはクソ暑いのに長袖コート(フード付き)着用で暑苦しいんですけど。ゲムとアンディの姿を見たら安心する〜。
アルバムはまだ聴いてないくせに言うのも何ですが、ライブは素晴らしい!ていうほどではなかったです。何て言うか、曲が合唱系ではないのかな。なのであまり一緒に歌ってる人はいなかったような気がします。リアムがちゃんと来てくれたことに意味があるかも。服がみるみる汗で変色しちゃってましたが。単独公演のチケット買ってないので、この日見られてよかったです。

The Strokesは約15分遅れて登場。フェスの時くらい時間守ってほしいわ。
2列目まで行けたので、よく見えました。ずっと見たいと思ってたバンドなので、やっと見られて嬉しい。
1曲目Is This Itからもう泣ける。2曲目New York City Copsでもまだ泣けた。1stから立て続けにやってくれて、選曲も一番多かったですね。実は新しいアルバムをまだ聴いてなくて新曲たくさんやるのかなと思ってた私にはちょうどよかった(笑)
新しいのはUnder Cover Of Darknessだけ知ってたけど、結構盛り上がるもんですね。
それよりステージの照明が暗くて、ジュリアンの蛍光スニーカーがめっさ目立ってた(笑)

好きな曲がたくさん聴けたし、Somedayだっけ?後ろのスクリーンで懐かしい系のゲームが映ってたの。メンバー見ずにそっち見てたからね。
あっという間に終わってしまって1時間ちょっと。最後はTake It Or Leave Itであっけなく終了。
かっこよかった。

余韻に浸りつつ、急いでソニックステージに移動。最後にThe Mars Voltaを見ました。一度見てみたかったので。2階席のほぼ正面から。ヴォーカルの人は意外と変な動きしますね。音的にはプログレみたいな。最後に歌の入った曲をやっていました。30分ほど聴けたのだけど、1曲が長いので2曲か3曲くらい?何か奥の深い音楽だなと思いました。
終わって周りを見たら、誰もいなくてびっくり。着いた時は結構いたのに、皆いつの間にか帰ってたのね・・・。下のフロアにはたくさん残ってましたよ。

シャトルバスは思った程混んでなくてよかったです。あと、最初の案内では帰りは桜島駅ではなく隣のユニバーサルシティ駅からの乗車になるとあったのに、バスを降りたらそのまま桜島から乗車できました。前日もそうだったのだけど、ピーク過ぎてたからなのか?よくわかりません。

初日は多いと感じた人出も2日目はそうでもなかったです。食べ物、飲み物の行列もなかったし。というより、初日にあんな行列出たのはこれまでの数少ない私の経験上初めてでした。
今回3ステージだけで最初は寂しいと思ったものの、これくらいか、あと1つ追加くらいがちょうどいいかも。あまり選択肢が多くても結局体は一つだけ。3つだとタイムテーブルがすっきりしすぎて見やすいといえば見やすいか・・・笑。

舞洲に移ってもう5回目なのにまだ落ち着かない雰囲気あるかなあ。オアシスとかステージの位置とか。ずっと同じなのはオーシャンとソニックだけだもんね。
大阪会場のいい所は多分開放感かな。周りは海なので風は気持ちいい。夕暮れ時がいい。
ダメな所もいくつかあるけど、やっぱり日陰を多くして欲しい。

注文は多々ありますが、どうか来年以降も開催されますように。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2011-08-20 23:53 | Summersonic | Trackback | Comments(0)
2008年以来のサマソニ2日間に行ってきました。気になっていたアーティストもいくつか見られてよかったです。
でもとにかく暑さとの戦いでした。特に初日はチケ売り切れただけあって、すごい人出だったので、シャトルバス(行き)、食事、飲み物と何でもひたすら行列でした。

1日目に見たアーティスト(*は完全見)
Two Door Cinema Club
Friendly Fires*
マキシマム ザ ホルモン*
James Blunt
Primal Scream
Red Hot Chili Peppers
Suede


何しろ会場に着いたのが12時半ごろだったので、ちょっと出遅れ気味。軽くたむらのメンチカツを食べてTwo Door Cinema Club途中から見ました。曲は知らないのだけど、ポップで爽やか。こういうタイプの音楽好きです。日光をもろに浴びてるメンバーが気の毒でした。

続けてFriendly Firesは楽しげなダンス音楽。ヴォーカル君の動きが変だったけど、おもしろかったです。やたら下に降りてファンと触れ合っていました。ドラム台が前に置かれてるので、ずっと日に当たってて暑そうやったわ。
年末に単独公演決まったけど、どうしようかな。

ここは今年から復活したマウンテンステージで、小高い丘になるからそう呼ぶ事にしたのかな。周りは海なので風は気持ちいいのだけど、何せ陰がないので、お客さんも辛い。
出入り、特に出る所が狭い階段なので一気に出ようとすると時間もかかるし、ここは改善が必要ですね。以前のスカイステージがよかったなあ。

適当に食事しつつ、室内のソニックに避難して休憩したりまったりして過ごす。

オーシャンステージでマキシマム ザ ホルモン鑑賞。凄い人です。後ろの方まで一杯でした。私は飲み物のテントの陰で見てたのだけど、前の方で砂が舞い上がってるのが見えました。
演奏は迫力あるし、ナヲちゃんかっこいいし、見られてよかった!ホルモンはサマソニほとんど常連さんですもんね。でも初メインステージかな。

暑いのでかき氷。飲食エリアのオアシスはテントもベンチもないけど、端のほうに行くと、ちゃんとテントもテーブルも置いてありました。トイレもこっちは空いてる。
なぜかのど自慢大会やってて、それも外国人が張り切って歌ってた(笑)

アーティストサイン会もその界隈にあったので行ってみると、James Bluntがいました。サングラスかけてたけどファンの人があげたサングラスをかけ替えるの見たら男前でした。
時間があったので、その後のライブもちょっと見てみる事にしました。20分くらい聴いたのだけど、何か凄くいい人そうな感じ。

途中で抜けてPrimal Screamに行ってみました。夕方なので空もいい感じに暮れてきてました。ステージから見るとまた違った風景なのかな。しかも満月がきれいでね。
演奏はというと、これがまたかっこいいの何のって!実は曲はあまり知らないんだけど。後ろから見てたのでスクリーンで見てたけど、バーリーいた!遠くからだとますます見えにくいのだけど、さすがギターかっこいい!もちろん皆いいんだけどね。ボビーさん黒のスーツの中から見える赤シャツも素敵です。
f0035184_19344569.jpg

毎回会場で配られてる速報。翌日もらいました。ずっと畳んでたからしわになってるけど。

最後までいようかなと思いつつ、辛いけど下のオーシャンへ。

Red Hot Chili Peppersを見ようとしたら、既に満杯。ほとんど動けず。息苦しいし仕方ないので、最初のBy The Way聴いて外に出ました。
横のフェンスから覗いてるお客さん多くて、ちらっと見たら、これがまたよく見えるんですよ。音はもちろんよく聴こえるのでずっとここで見てる人多いんですかね。

ちょっと頭痛もしてきたし、帰りのバスが混むといやなのでそのまま帰ろうとしたけど、やっぱりSuedeが気になるので、ちょっとだけ見る事に。
空いてたので座席に座って1曲鑑賞。ブレットのくねくねした動きが生で見られてよかったです。

プライマル最後まで見たかったなあ。最後まで見てもレッチリ間に合ったやん。
ライブはどれも良くて、もっと時間があればよかったのに。特に最後の方でかぶり過ぎましたね。

あと初日のこの日気付いた事。
*シャトルバス並び過ぎ。いつもより遅い時間に行ったせいなのか?40分待って会場まで通常10分ほどのところが渋滞で30分かかった。
*人出が多かったからなのか、ゴミ箱が少なくて結構ゴミが落ちてた。
*喫煙エリア以外でタバコを吸う人を何人か見かけた。迷惑。(でも注意できない自分)
*小さい子供が多かった。(暑い中、疲れきってぐったりしてる子が多くてかわいそうだった)
*飲み物一つ買うのに何十分も待つのは辛い。あんなに待ったのは初めてかも。
*ソニック内外の自販機にカバーかかってた。せこい。前は使えてたのに。
*マウンテンステージの出入り口が狭い。
*人ごみで日傘さしてた人がいた。
(私も日常は日傘派ですが、フェスの人ごみではやめておくれ)
*リストバンドのデザインが・・・悪過ぎ。

もしかして初参加の人が多かったのかなと思いました。日傘とか・・・

(2日目に続く)
[PR]
by roisin_dubh70 | 2011-08-17 19:44 | Summersonic | Trackback | Comments(4)

Fuji Rock Festival 2011/29 Jul

今年は行かないつもりでしたが、Kaiser Chiefsが出るとなれば話は別。過去2回出演時は無理と思って諦めたけど、昨年初めて行ってちょっと自信がついたのか(笑)、出演が決まると同時に行くの決定でした。

今年はバスツアーに参加したので、朝8時過ぎには到着。バス車中はしんどかったものの、リストバンドが待ち時間全然なしなのは嬉しい。
一番気になっていたカイザーサイン会の整理券を入手するため、CD購入したあとはのんびり朝食。ハニートーストがおいしかったです。

その後sallyさんや他のお友達とも合流して昼食後、最初のライブ。

The Vaccines
雨がかなり降っていて、しかも途中からでしたが、前の方で見ました。UK期待の新人ですね。一応アルバムも聴いていて気に入っていたので、どんな感じかなと思いましたが、なかなか盛り上がってました。近頃こういうシンプルな形のギター中心のロック系新人バンドが少なくてがっかりなのですが、久々に見た新人のライブとしては結構いい線いっていたと思います。

Kaiser Chiefs
KC@Fuji Rock
いつも通りの熱いライブ。

***サイン会***
3回目の出演でまさかのサイン会。嬉しいけど。
開始時間少し前に岩盤場外ブースに移動して待つ。時間ちょうどくらいにメンバー到着でやんやの歓声。
話す事は考えてなかったので、もうその場で適当に(笑)
ピーナッツは膝の上に自慢のカメラを置いていました。(「誰の?」と聞いたら「僕の」と答えてました)
私はDIYアルバムのアートワークを印刷していったので、それを見せると、皆さん「これいいね」とか言ってくれました。そして、全員必ず裏面の曲目を見るのでした(笑)
最後にニックに「日本でもっとライブ見たいです」と言うと、今年の終りか来年の始めに来たいと言っていました。実現するとよいなあ。
f0035184_1833116.jpg

実は会うの3回目だけど初めてサイモン撮れたかも。
写真は撮り放題だったのだけど、うっかり忘れたりして全員は撮れなかったのが残念。
f0035184_17231546.jpg

終了後に日本のスタッフの方が、この時の様子はMan On MarsのPVにも入りますと言われたので、皆またもや大歓声で盛り上がったのでした。
一度引っ込んだメンバーでしたが、テント横にリッキーが出て来て変ポーズを取ってファンを煽っていました。(かわいい奴)

これでこの日の目的終了。
このあとはオアシスをうろうろしたりしてのんびり過ごし、ホワイトステージまで行ってみることに。
Arctic Monkeysの音を聴きつつ、移動していたのですが、雨が凄い。時間を勘違いしていて、CSSが8時開始と思っていたので、お猿はまあいいか、と素通りしてしまったのです。もうちょっと見ときゃよかったかも。最後に彼らを見たのはサマソニでトリだった時で、あの時から数年たってどんな具合だろうと思いましたが、相変わらず淡々と演奏してる様子。

f0035184_1726385.jpg

グリーンとホワイトって結構離れてるし、しかも途中のぬかるみがひどい。そして、暗い。必要最小限の明かりしかないのね。
きつねうどんを食べたのだけど、おあげさんの味がちょっと濃かった・・・。醤油辛いというか。うどんはおいしかったです。

CSS
こちらは過去サマソニでほんのちらっと見ただけ。頭から最後まで見るのは初めて。お客さんが後ろの方まで割とたくさんいました。
ヴォーカルのラヴフォックスちゃんの奇抜な衣装が目を引く。日本語で「にほんだいすき」と言ったり、日本にまた来れて嬉しいとか何度も言っていたので本当に日本が好きなんですね。
知ってる曲は2、3曲だけだったけど、ダンス系なので後ろから見ていて観客全体が何となく揺れてました。楽しかったです。

Coldplay
もう2曲目か3曲目でした。ライティングがすごい!後ろの通路を移動しながら、結局左寄りのほうで見ました。
途中で気付いたけど、それほど好きってほどでもないのにサマソニとフジの両方でトリを見た最初のバンドになりました。

このバンドに関してはいつも思うけど、1曲1曲はとてもいい。でも流れで聴くと途中でもういいやってなっちゃうんだよね。でもこの日は会場の雰囲気もあってか、アンコール前に一度引っ込んだ時に「早い」と思ったくらい引き込まれて見てました。
レーザー光線が雨の中だときらきらしていたのが印象に残ってます。

ずっと雨でしたが、暑くもなく寒くもなく割と快適だと思いました。ただ、1日だけだったので耐えられたのかも。
次回行くのは何年後かな。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2011-08-10 18:24 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
フジロック出演3回目のKaiser Chiefsをやっと見る事が出来ました。
時間帯が早くて何となく不満も持ちつつも、やっぱりステージにアルバムのアートワークが登場するとワクワクするもの。
人が少なくてどうしようとsallyさん達と心配してたけど、いざ始まってしまえばそんな心配は忘れて、心底楽しんだのでした。結局はそこそこ集まってたのかなあ。

アルバムでの1曲目、インストナンバーがかかってメンバー登場。久しぶりに彼らの姿を生で見られて何だか夢を見てるみたいな。全員長袖。
ニックはフジロックTシャツじゃなかったです。最近ずっと着てるシマシマ。
ピーナッツは帽子にサングラス。天気悪いのにホワイティもサングラス(笑)でサイモンは楽器持ってなかったら普通の人にしか見えない。リッキーは帽子にコート(裏地がチェック柄でおしゃれ)。

1曲目から元気の出るEveryday I Love You Less And Lessで、お客さんも(少なくとも前方は)盛り上がってる様子。
続いて新曲Little Shocksはノリどころがよくわからないものの、後半では手拍子も入りいい感じ。

最新作からのシングルで、日本でビデオ撮影すると発表されたMan On Marsはニックが主に歌っているので、スクリーンにも大きく映ってました。私は肉眼でもちゃんと見られたけど、こんな時はついスクリーンを見ちゃうんだなあ(笑)。

リッキーは時々日本語で「ありがと」と言ったり、「Fuji Rock!」と言ったりして歓声に応えていました。「Are you happy?」とも言ってたっけ。もちろん大きな声で返事したけど、この時間だけは心底happyでした(笑)。どの辺りだか忘れたけど、ニックが「ありがと」のあと・・・「ございます」と間をあけて言ってたのがおかしい。

Rubyもちゃんと皆歌ってたし、カイザー、やっぱりそこそこ人気はあるんだなとちょっと安心したのでした。曲が終わってもまだRuby, ruby, ruby...とお客さんに歌わせていたリッキー、最後にFuji, fuji, fuji, fuji....!!と叫んで笑いをとってました。それがやりたかったんか・・・笑。

1時間足らずのセットなので、途中でダラける事なく主要曲を次々と演奏してくれてメリハリのある内容だったと思います。最新作からの演奏曲は大体決まっているようだけど、Starts With Nothingは特に気に入りました!最後のほうなんかドラムとかギターがかっこよかった!

リッキーがコートと帽子を脱いで出て来たのはこの辺かな・・・ドラム台に上がってシンバルを叩き出し、I Predict A Riotが始まると曲に合わせるかのように雨が一層強くなって来たのだけど、もちろん皆、雨なんか気にせず歌います。
リッキーも余計力が入って、俄然やる気出て来た、みたいな。
なんか割と最初からだけど、この人、クレーンカメラを自分専用カメラにしてました。スクリーンを見ると思い切りカメラに近づきキスしたりなんかして。

曲の最後にステージを降りてファンのとこまで行って歌い、そのまま次の曲Kinda Girl You Areに突入。カメラを見つけると自分から近づいて行ってたもんね。残念ながら左側にいた私達のほうには来てくれなかったけど、カメラに向かって歌う姿を横から見ておかしかったんで、まあいいか。
ステージの上では他のメンバーが黙々と演奏を続ける一方、結局この曲最初から最後までステージ下でびしょ濡れになって歌っていたリッキーって・・・リッキーって・・・かわいい奴!とにかく人を巻き込むし、楽しませてくれるし。計算ではなく、全くの自然体でやっているというか、勝手に体が動くんだろうね。

最近ではすっかり定番化しているTake My Temperatureで大いに盛り上がったあとはOh My Godで締め。短く感じたけど、50分ちょっと。もっと見たかったです。

*セットリストは他のフェスや自分の記憶を元にしています。
多分こんな感じ。

1. Everyday I Love You Less And Less
2. Little Shocks
3. Never Miss A Beat
4. Man On Mars
5. Ruby
6. The Angry Mob
7. Starts With Nothing
8. I Predict A Riot
9. Kinda Girl You Are
10. Take My Temperature
11. Oh My God

ほとんどリッキーとお客さんしか映ってない(笑)Kinda Girl You Are

[PR]
by roisin_dubh70 | 2011-08-04 10:28 | KAISER CHIEFS | Trackback | Comments(6)
豪華な組み合わせのライブに行って来ました。
しかも会場が小さくて(ロビーに定員800人と書いてあった)、後ろのほうでも見やすかったです。

Ash
昨年のフジロックで最後の1曲半を聴けただけで、今回が初めてみたいなもの。アルバムはあまりちゃんと聴いてるわけではないので、一緒に歌えないのだけど、ティムの優しい表情と日本語のおかげでかなり和みました。「アジカンのケンちゃん」(ティム曰く)が特別参加で、不思議と違和感なくはまっていました。
知らない曲もあったけど、気に入りました。こんなに骨太なバンドだとは思わなかったので、また機会があれば見たいです。
この日はちょうどなでしこジャパンがワールドカップで優勝したので、それにも触れてくれて会場も大盛り上がりでした。

Manic Street Preachers
今回の来日はナノフェス出演の為で、アルバムも出てないし前回来日から1年経っていないので、セットリストも変えてくるだろうなと期待していました。
定番曲はもちろん、久しぶりに聴く曲もあったりで、なかなかいいセットだったと思います。

いきなりStay Beautifulから始まったのにはびっくりだったけど。
なでしこジャパンに捧げると言ったMotorcycle Emptinessでも大歓声でした。
Life Becoming A Landslideは久々ですね。曲が終わってニッキーが「今日ここに来てる人でビデオに出てた人いる?」みたいな事を言ってて、私が見た感じ1人が手を挙げてました。不思議と私も曲を聴きながら同じ事を考えてたのでちょっとびっくりしました。

何となくジェイムズの声の調子が絶好調とは言い難かったのだけど、全然気にならず。私は右側の後ろで見ていたのだけど、ニッキーのマイクスタンドのヒラヒラに隠れてショーンがほとんど見えなかったのが残念でした。

ジェイムズの1人アコースティックはThis is Yesterdayでした。曲の前に、今日本は大変だけど・・・来てくれてありがとう・・・え〜と何だっけ?もっと何か言ってたけど1週間以上前なので忘れちゃったよ・・・でもその時の言葉を聞いてこの曲を聴いてたら何だか泣きそうになったのを覚えてます。

ニッキーのお色直しはウェールズ国旗のスカートでした。ていうか、国旗を巻きスカートにしてるのかよくわかりませんが、足はよく上げてました。

前回聴きたかったけどやってくれなかったPostcards From A Young Manも聴けたし、My Little Empireもちょっと意外だったし、セット的には満遍なくやってくれたかと思いきや、JFPLからは1曲もせず。

あっと言う間にA Design For Lifeへ。
もちろん全員で大合唱。すごく短く感じました。
彼らが日本に来てくれたという事実だけで充分嬉しいです。

終了後はsallyさんとお友達と合流してしばらく会場横で談笑。「小さい会場だしこの辺から出てくるのかなあ」などと言いつつ立ってたら、ショーンが!続いてニッキー、ジェイムズの順に出て来てちょっとしたサイン会になりました。ファン50人くらいはいたかなあ。ショーンは小さいのですぐ見失ったのだけど、ニッキーとジェイムズは時間をかけてサインをしたり写真に応じたりしてましたよ。いい人達ですね。
私はとりあえずチケットに2人のサインをもらいました。

Ashの皆さんもその後出て来てサイン会してました。

ライブも良かったし、いい思い出になりました。

1. Stay Beautiful
2. Your Love Alone Is Not Enough
3. (It's Not War) Just The End Of Love
4. Motorcycle Emptiness
5. Everything Must Go
6. Life Becoming A Landslide
7. You Stole The Sun From My Heart
8. Faster
9. Some Kind Of Nothingness
10. Ocean Spray
11. Slash 'n' Burn
12. If You Tolerate This Your Children Will Be Next
13. This is Yesterday
14. You Love Us
15. Postcards From A Young Man
16. My Little Empire
17. Motown Junk
18. Suicide Is Painless (Theme From MASH)
19. A Design For Life

 
[PR]
by roisin_dubh70 | 2011-07-27 19:03 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
20年振りの来日公演だというKylie Minogueのライブに行って来ました。もちろん初めて♪
大きな金の貝殻から登場したカイリーは愛と美の女神、アフロディーテでした。

ダンサーとか数回の衣装替えとか、普段よく行くライブとは全然違うものだけど楽しかったです。ステージ後ろに5枚の縦長スクリーンがあって、その映像が凄く凝ってておもしろい。でもステージ上のカイリーを映すものはなく、スタンド席で見ていた私は肉眼で彼女の表情を見るのはほとんど不可能だったのがちょっと残念。
とはいえ、彼女の歌のうまさに圧倒されたり、ダンスや衣装、それにダンサーの人達を見たりするのもおもしろくて、まあ、ステージ全体が見えたからよかったかな。

最新アルバムのAphroditeからの曲中心でしたが、もちろんヒット曲満載のセットでした。後ろから見ていたらアリーナの人達が凄い揺れてて、私もアリーナにすればよかったとちょっと後悔。

それにしてもカイリー、歌うまい。そりゃもうデビューして20年以上経つ人に今さら言うことじゃないと思うけど、あんだけ動いてめっさ声出てるし、表情は見えなくても華やかで体の線もきれいし、足もきれいし、はあ〜。
近頃の女性アーティスト達のセクシー路線?は少々苦手なところもあるけど、カイリーは同じセクシーでも爽やかさもあって、しかもかわいい。
時々日本語でも「ありがとう」とか言ってました。

セットは2時間。あっと言う間でした。そして今度はもっと近くで見たいと思ったのでした。
セットリストは日本公式サイトより。大阪も同じでしょうか。

Act I
Aphrodite  
The One
Wow
Illusion
In Your Eyes
I Believe In You

Act II
Cupid Boy
Spinning Around
Get Outta My Way
2 Hearts
What Do I Have To Do

Act III
Confide In Me
Can't Get You Out Of My Head
In My Arms

Act IV
Looking For An Angel
There Must Be An Angel
Love At First Sight/Can't Beat The Feeling
If You Don't Love Me

Act V
Better The Devil You Know
Better Than Today
I Shoud Be So Lucky
Put Your Hands Up

Act VI
On A Night Like This
All The Lovers
[PR]
by roisin_dubh70 | 2011-04-27 23:44 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
Little Barrieを見に行って来ました。今年初めてのライブです。
かっこよかった〜〜!とにかくかっこいい!
1曲目を含め、ほとんど3枚目のアルバム、King Of The Wavesからの演奏でした。

バーリー、ギターがさりげなく凄いです。長身ベースのルイスと時々くっついてギターを弾いてて、なんか余計ちっちゃく見えてかわいい。
新ドラマーのヴァージル君、胸はだけ過ぎ(笑)。なんかいいわ、この人。大きな口でコーラスも担当し、時々挨拶。

何て言うか、久々にロックの基本形であるギター、ベース、ドラムだけの飾り気の無いシンプルなロックンロールを体験できたなと。いやもう、かっこいいっていう言葉しか思いつかないです。

途中でバーリーが震災についてちょっと言ってました。皆に捧げる曲としてLove Youをやってくれた時にはちょっとうるっときそうになったなあ。
震災以降、公演延期や中止が相次ぐ中で、日本に来てくれた彼らに大きな感謝です。
バーリーはまたサマソニで来るのかな。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2011-04-15 16:02 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
一時は諦めていたこの日のライブ、見られて本当に良かった!長年聴いてる割には単独ライブは初めてだったので、ずっと生で聴きたかった曲もたくさん聴けたし、お客さんとの一体感が凄かったです。
Manicsがあまりにも良過ぎて、前座を見た事すら忘れてしまってたし。
ごめんなさいカールさん。ソロは全然聴いてないし、以前いたバンドも正直あまり好きではなかったのですが、音楽的にはまあまあ悪くはない感じ。7時に始まって25分ほどで終了。

会場前でsallyさんとお友達の方とお会い出来たので、ステージ向かって左側にて待機。ニッキーはデカイので、きっと反対側でもよく見えるだろうと期待して(笑)

ウェールズ国旗が用意されてステージセットも素早く準備され、何と7時43分には場内暗転(早っ)、音楽が流れてメンバー登場。
You Love Usから始まったのでした。歓声がもの凄くて、お客さんの「待ってたよ〜」という思いが一気に爆発したようでした。
注目のニッキーは豹柄のコートにサングラス。あとのメンバーは普通。というかジェイムズの黒シャツのムチムチ度が増してる気がする・・・。でもソロがかっこよすぎです。

3曲目に早くもMotorcycle Emptinessが〜。泣ける。横浜で聴きたかった。しかしお客さんもここというとこでちゃんと合唱できるし、バンドとも息ぴったり。
その後、新作からは結局3曲だけ演奏されたのだけど、せっかくアルバムを出してのツアーなんだから、もっと聴きたかったです。定番曲は今後も演奏される可能性はあるけど、新曲は新作のツアーでやらなかったら今後も演奏されないかもしれないから。

Roses In The Hospitalも好きだなあ。この曲の時だったか、La Tristesse Durera (Scream To A Sigh)の時かにニッキーが「ミッチさんが撮影したアルバムの曲」と紹介してました。あ、発音は良くないんだけど(笑)アートワーク好きです。

ジェイムズが「日本では初めてやる」と紹介していたThis Is Yesterdayだけど、そうなの?昔からやってそうな気がする。
それにしても彼は話す時は息切れしてるのに、歌いだすと声がめちゃくちゃ出てるってどういうこと?
ニッキーは不必要なところで開脚ジャンプしますね。長い脚を大きく広げながら歩く姿が好きです。そしてショーンの見た目は地味だけど何気に逞しいドラムが好き。ま、ジャンプといえばジェイムズも回転したりジャンプしたり、あの体でよくできるなと感心。たまに左側にも来てくれたりして。本当なら左はリッチーの位置なので、4人いたらうまくバランスとれるのに・・・。
ニッキーもジェイムズもリッチーの事を紹介してたし、初来日公演についても言ってましたね。日本のファンにとって思い出深いことがバンドにとってもそうなのかなと、自分自身は体験出来なかったけど何だか嬉しいです。

大好きなYou Stole The Sun From My Heartが聴けて嬉しい!ジェイムズが日本語で「いち!に!さん!し!」と言っていたのはこの曲だっけ。
Suicide Is Painless もやるとは思わなかったなあ。前半の静かなところから激しい展開になっていくところが好き。
激しいと言えば、Motown Junkも凄かったですね。ただでさえ熱い(暑かったです。マジで)場内が更に熱くなったみたい。

ジェイムズ1人アコースティックギターでのStay Beautifulがよかったです。お約束の掛け合いも成功したし、その時の彼の嬉しそうな表情がまたよかった!

このあとFasterからニッキーは豹柄コートとお揃いなのか、豹柄ミニスカで再登場。生足見れて感動。この曲も掛け合いばっちり。
No Surface All Feelingは途中でtokyoと歌詞変えてましたね。

最後のA Design For Lifeの時にも当然ながら皆で大合唱になってちょっとうるっときました。
約1時間半、あっという間でした。本当に最後なんだと思うとちょっと悲しくなりましたが、この日のバンドと観客の一体感を見てると、近いうちにまたこんなライブが経験できそうな気がします。

それにしてもジェイムズ、ほとんど休みなく歌ってたのによく声が持つなあと感心。話す時はハアハアゆうてたけど(笑)

1.You Love Us
2.Your Love Alone Is Not Enough
3.Motorcycle Emptiness
4.(It's Not War) Just The End Of Love
5.Jackie Collins Existential Question Time
6.Roses In The Hospital
7.This is Yesterday
8.Everything Must Go
9.Some Kind Of Nothingness
10.You Stole The Sun From My Heart
11.Ocean Spray
12.La Tristesse Durera (Scream To A Sigh)
13.Suicide Is Painless (Theme From MASH)
14.Motown Junk
15.If You Tolerate This Your Children Will Be Next
16.Stay Beautiful
17.Faster
18.No Surface All Feeling
19.Golden Platitudes
20.Tsunami
21.A Design For Life

UKに戻ったジェイムズがまたもや体調不良でライブキャンセルしたそうですが、ちょっと心配ですね。オフィシャルサイトによると喉頭炎らしいですが、日本での絶好調ぶりを思うと、移動の疲れとかもあったのかな。お大事に。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2010-12-03 00:59 | 音楽 | Trackback | Comments(6)
サマソニ08以来のVampire Weekendのライブに行って来ました。
ハロウィーンの日曜日ということもあって、仮装した人達もいてなかなかいい雰囲気。「前へ詰めてください」と場内放送があったので、お客さん多かったんでしょうかね。

ステージで準備するクルーも皆、動物とかの着ぐるみでした(笑)。メンバーもやっぱりハロウィーンのせいなのか全員仮装?して登場。ドラムのクリスはサッカーシャツ(何とスパーズの。しかも数年前の)、ベースのクリスは水兵服(っていうの?マリンね)に帽子(かわいい!)、エズラ君は普通の服に被り物。猫のマリーちゃんみたいなの(かわいい!)。ロスタムは白衣かな。丈の長い白シャツだったので。
(誰か写真かビデオ撮ってないかなあ・・・笑)

エズラがうまくお客さんを誘導してコーラスに参加させたり、ロスタム君はほとんど無表情で演奏したり、ベースのクリスは軽快すぎるステップを披露したりで楽しかった!ロスタムの無表情はわざとかな。下から見ててちょっと怖いくらいやったけど、そのくせ、両手を横に広げてゆらゆら動いてみたりと、顔と体の動きがバラバラ(笑)

どの曲も短くて、ちょっと歌ったり踊ったりしてる間に終わってしまうので、進行も早い早い。初めてのちゃんとしたライブで大阪に来れて嬉しい、みたいなことをエズラ君が言ってましたが、ほんとはもっと早く来てくれてもよかったのにね。

1.Holiday
2.White Sky
3.Cape Cod Kwassa Kwassa
4.I Stand Corrected
5.M79
6.Bryn
7.California English
8.Cousins
9.Run
10.A-punk
11.One (Blake's Got A New Face)
12.Diplomat's Son
13.Giving Up The Gun
14.Campus
15.Oxford Comma

16.Horchata
17.Mansard Roof
18.Walcott

東京のセットリスト見たら大阪は2曲も少なかったんですね。時間が早くて余裕あったはずなのに残念やわ。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2010-11-08 23:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70