The Sunshine Undergroundのライブに行ってきました。
前回プロモ来日を除けばサマソニ07ぶりですよ。

新作中心にやってくれました。デイリーが辞めてから初めての来日なのですが、後任はサポートメンバーという位置でいいのかな。

クレイグは新作ではほとんどマイクだけ持って歌い、時々キーボードを器用に操り、ちょっと丸っこさがなくなってた・・・。でもギターを持つと、動きがおもちゃみたいになって、やっぱり丸っこいねん。かわいい。
小さな会場ですが、ダンスフロアと化していました。打ち込み系もあるけど、ドラムやベースのしっかりしたリズムと色んな音を出すスチュアートのギター、クレイグの伸びやかな声でちゃんとロックもしてるところが彼らのいいところ。

久々だけあって、やっぱりCommercial Breakdownとかの1stの曲は会場沸きます。Bordersよかった〜!
この日で3日連続ライブなのに、クレイグの声のよく出る事!改めて歌うまいなと感心。
7年ぶりに戻ってこれて嬉しいと言っていました。「前回ここに来た人いる?」と聞いてたけど、ライブは見たものの会場が違うから手をあげていいのかどうなのか悩んだ(笑)。

1時間10分くらいしかやらなかったけど、楽しかったです。もっと聴いていたかった!
会場は小さくても5ヶ所も回ってくれるなんて凄く嬉しいですよね。また戻ってきてくれてこちらこそありがとうと言いたいです。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2014-11-22 00:12 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
The Kooksのライブに行ってきました。
デビューからずっと好きなバンドですが、今回のアルバムはこれまでとはちょっと違う感じでダンス系のノリにいまいちついていけず、ライブどんなやろと若干の不安も持ちつつ、中央柵前から見ました。

選曲はほとんど新作Listenと1stからで、KonkJunk Of The Heart からは1曲ずつという内容。

Bad Habitではヒューとピートが楽器と立ち位置交換して演奏。メンバーが手拍子と合唱を促してお客さんも張り切る。
ドラマーさんはお初ですね。何かいい味出してるわ。
Down聴いてて思ったけど、歌って踊れる曲が増えたなと。

アコースティックも必ず入れてきますね。Seasideよかった!もう1曲やったのは何だったのかな。
新作のダンス系ノリはライブではまた違った印象で、意外と良かったです。ルークはギターを弾く機会が減りましたね。サポートメンバーに任せて動き回っていました。それにしても動きが変やったな。
髪の毛切ってシャツもでろんとしたやつじゃなく、カチッとした黒シャツで大人の色気出てきたやんか。

1stの曲の盛り上がりが凄かったんですけど・・・。特にEddie's GunSofa Songが。個人的にはもうちょっと2、3枚目からもしてほしかったです。

ヒューのギターがちょっと大人しめに感じたのは気のせいかな。もっとじゃかじゃか弾いてほしいのだけど、今回の選曲では仕方ないか。アルバムはどんな形であれ、やっぱりライブになるとちゃんとそのバンドの形になるんですね。なんか安心しました。
しかし!時間が短すぎた!開演時刻きっかりに始まって1時間10分で終了。何か理由があったんですかね。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2014-10-23 00:32 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
昨年に続いての来日公演、大阪には3年ぶりに来てくれました。
会場が初めての場所で、小さすぎた!最初うっかり通り過ぎたくらい(笑)

前座の2つ目のバンドを見てたら斜め前にデカい人いるなと思って見たらルイスでした。最近ずっとメガネかけてるんやね。
前座が2バンドあったので、Little Barrieが登場したのは8時40分過ぎ。
小さな会場で、後ろのほうに大きな柱があって見づらい・・・。

曲はアルバムShadowからの選曲がほとんどでした。もう〜どの曲やってもかっこいいですから。安心して見ていられます。
ギターもベースもドラムも体の芯まで響いてくる感覚が心地いい。ステージの後ろにはずっといろんな映像が流れていて、小さなステージながらも、なかなか良い演出でした。

曲間が静かになるのは日本の特徴だけど、この日は特に会場の大きさの割に静かだったような。それ以外の時は結構歓声があがるんだけどね、何でだろ。バーリーに途中で「静かだね」て言われてしまいました。

始まりが遅かったので、終わったのも10時過ぎ。気がつけば1時間半経っていました。曲もアルバム3、4枚目からしかやってなかったですね。Love You聴きたかったです。残念。
でも曲も演奏もかっこよかった!
[PR]
by roisin_dubh70 | 2014-09-23 17:16 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Summersonic 2014(大阪1日目)

サマソニ大阪に行ってきました。いつも2日参加なのに、今回は初めて1日だけでした。
見るのは2アーティストだけなので、行動もゆっくり。

会場についたのは5時半くらい。小腹が空いていたのでオアシスエリアでウロウロしてるうちにアヴリルが始まって結局2曲目くらいから見ました。この日は雨が降ったり止んだりで足元があまり良くなく、見る場所も気をつけないといけなかったのだけど、この時間は運良く雨は止んでいました。

Avril Lavigne
単独公演は見た事ないけど、気になるアーティストの1人です。曲は結構好きだし、歌もうまいし、見ていて元気になれる感じ。衣装が随分とかわいらしくなっててびっくり。
アルバムは初期の頃のしか持ってないけど、知らない曲がほとんどないというのは凄い。それだけヒット曲が多いってことなんですね。

Queen+Adam Lambert
この日最大の目的。いくらフレディさんがいないからって、やっぱりQueenの曲を生で聴ける機会を逃すのは惜しいです。
Now I'm HereからStone Cold Crazyなんてかっこ良すぎる!一番好きなアルバムだし。アダムのヴォーカル、結構いい感じ。

ブライアンのギターの音色を生で聴けるのが嬉しいです。年は取ってもこれは変わらないんだね。
しばらく聴いてなかった曲でもちゃんと歌詞を覚えてたのが自分でもびっくり。お客さんの合唱も凄い。 

ブライアンが1人前に出て来てアコースティックギターを弾きながら歌ったのは手をとりあって(Let Us Cling Together)でした。皆で合唱。もちろん日本語で。わー、歌いたかった、これ。でもブライアンさんの声が細くて何か頼りないわ〜(笑)続けてLove Of My Lifeでも合唱。これ聴くと切なくなる・・・。

今度はロジャーさんが前に出て来てThese Are The Days Of Our Livesを歌うと。この時後ろのスクリーンに若かりし頃のメンバー4人の映像が映し出されて、中には初来日映像もあり、ロジャーの美少年ぶりに改めてびっくりしたのでした。
前回ポール・ロジャースさんと一緒に来た時もこの映像を使っていて、てっきり日本仕様なのかと思いきや、海外でも同じやつだったんですよね。

あと曲の途中の映像にフレディが出てくるやつなんやったっけ。Bohemian Rhapsody以外で。ああ、しかしこの辺になってくると知らない人はいないであろう曲の連発でずっと歌いっぱなしなんですけど。
そういえば途中で結構な量の雨が降ったり(即カッパ出すも、ぐずぐずしてなかなか着られず)、空がぱっと光ったり(雷)、ずっとドキドキしながらでした(笑)

アダムってそういえば何年か前のサマソニにソロで来てましたよね。あの時はもう見る機会ないだろうし、帰る前に1曲だけ聴いて帰ろうと思ったのでした。まさかもう1回見る事になるとは!
でも今回のライブはうまくいったと思います。何かこだわりのある人からすれば納得いかない部分もあるんだろうけど、私は純粋にQueenの曲が聴ける!ロジャーさんとブライアンさんが見られる!と単純な動機で見に行きましたけどね。
誰もフレディの代わりになれる人はいないし、なろうとする人もいないでしょう。

********

この日は一日中天気が不安定だし、見たいアーティストも少ないし、しかも朝から海遊館と隣の天保山マーケットプレイスで遊び、まるでサマソニに参加する雰囲気じゃなかったです。
でも行って良かった!

翌日はUSJで遊ぶ予定だったので、近くのオフィシャルホテルに泊まったのでした。
すると帰りがめっちゃ楽でした。来年以降もし参加するならまたホテルに泊まろうかなあ。夏休みなので料金は高めやけど、楽すぎて癖になるわ。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2014-09-01 00:20 | Summersonic | Trackback | Comments(0)
Templesのライブに行ってきました。
新人とは思えなかったです。見た目も演奏も雰囲気も。衝撃的でした。
まあ、メンバーはよく見れば若い子達だけど、顔が皆、髪に隠れて半分くらいしか見えなかった(笑)。そして皆、細い。
お客さんの年齢層は幅広く、会場満杯でした。

EPとアルバムからの選曲で10曲、1時間くらいで、まったりと過ごしました。アルバムを聴いた感じではちょっと昔っぽい雰囲気だけど、ライブではもっと音が大きくて(当たり前か)、全部の楽器の音の鳴り方がかっこいい。て変な表現だけど、見ていて「かっこいい!」と思ったのですよ。
キーボードの音も和み系。ほわ〜んて感じが良い。

こういう系の音は今の若い子達には新鮮に聴こえるだろうし、年いってる人たちには懐かしく思えるだろうし、でも懐かしいだけでなく、完全に今の時代にぴったり合っていて、こうやって受け継がれていくんだなあと思いました。

新人のライブでこれだけ衝撃を受けたのは個人的には2006年のEditors初来日以来です。
早くも次のライブが見たくてたまらないです。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2014-05-14 23:26 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Suede@NHKホール / 6 May 2014

Suede来日公演に行ってきました。
Dog Man Star完全再現との事で、余計に期待も膨らむ!

アルバムを丸ごと聴けるだけでも嬉しいのに、特に後半の4曲が素晴らしかった!
The 2 Of Usはブレットがほとんどステージ左端にいてよく見えたのだけど、ずっと見てて思ったんは、この人若い頃より年取ってからの方が断然いい男になってますね。
リチャードのちょっとしたギターソロもめちゃかっこいい。
最後のStill Lifeまで聴き終わったら涙が出そうになりました。なんか、じ〜んときたなあ。
左側の結構前の方の席だったので、よく見えました。自分の席があるって安心。たまにはホールでのライブもいいなと思いました。アルバム再現なのでもちろん順番通りに演奏されるのだけど、今回はストリングス8人も一緒で、結構本格的。
とはいえ、最初の方はあまりよく聴こえなかったような・・

アンコールというか、第二部も古めの曲中心。結局Bloodsports からは1曲もやらず。
途中ブレットが「下に降りて来て!」と言ったので、後ろのほうのお客さんも下の通路まで降りて来たので、お気に入りのEverything Will Flowから会場が一瞬にしてライブハウス化してしまいました(笑)
私はそこそこ前だったし面倒だったので動かず。
前半も結構な盛り上がりだったけど、怒濤のヒット曲連発で会場中が合唱の嵐。いいわあ〜。

今回の来日は思いがけないものだったので、得した気分です。
メンバーがもっと若い頃は音楽は好きだったものの、ライブは見たいと思った事がなかったので、今思えばもったいなかったかな・・・
[PR]
by roisin_dubh70 | 2014-05-13 01:25 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
なぜか今までちゃんと聴いた事なかったのですが、新作が良かったのでライブも見たくなり行ってきました。
初めてなので偉そうに言えませんが照明があんまり好きじゃなかったなあ。曲によっては視覚効果ばっちりでかっこいいのもあったのだけど。

初心者なので一番後ろで大人しく見てたものの、やっぱりロックを聴いて静かに鑑賞できるわけもなく、自然と声も出ちゃうんだなあ(笑)
しかしジャレッドは年代によって髪型が違うし随分と見た目の印象が変わりますねえ。今は長髪で遠目にもかっこいい。私としてはドラムのシャノンがよく見えたのが嬉しかったのだけど・・・

Do Or Dieで大きな日の丸を大きく振り回しながら動き回って歌うジャレッド、今回ステージが小さくて残念だったかも。
アコースティックタイムでのHurricaneとかめっさよかったです。
City Of Angelsを聴いたときも思ったのだけど、歌うまいなあ〜。めっさ声も出てたし。

70分くらいしかなくて短いけども楽しかったです。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2014-04-03 15:28 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
5年ぶりのThe Fratellisを見る為だけに初めてパンスプに行ってきました。
やっぱり彼らのライブは楽しかった!

選曲は1stと3rdからほぼ交互に演奏されて、しばらくぶりの割には新曲もすんなり受け入れられていたような気がします。ただ、やっぱり1stの、特にFlatheadChelsea Daggerの盛り上がりは凄かった!

正直言って3rdはそれほどお気に入りアルバムとは言えないまま今回のライブを見たのですが、生で聴くとかっこいいなあと思ってしまって、帰りの電車の中でまた聴いたら結構いいスルメタイプのアルバムなのかなと思いました。

ジョンは体型変わらず黒の上下でかっこ良く、バリーはますます大きくなり(笑)、ミンスのドラムに惚れ惚れ。
バリー、日本語で「げんきですかー、おおさか!」と言ってた。いや、ここ神戸やけど。

なんで彼らがパンスプなのか疑問だし、演奏時間(たったの30分)にも不満はあるものの、久々に見られて良かったです。また近いうちに、今度は単独でたっぷり見たいです。

 
[PR]
by roisin_dubh70 | 2014-03-31 13:16 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Travis@なんばHATCH/27 Mar 2014

やっと今年最初のライブに行ってきました。
大阪では5年ぶり、Travisです。
最初から最後まで和やかな雰囲気で楽しいライブでした。

まずフランのヒゲにびっくり。ふっさふさでサンタさんみたい。本人もそれでジョーク言ってたし(笑)
ダギー前の2列目でまったりと過ごしました。
昨年のホステスフェスの時にも結構新曲やってたけど、実はあまり覚えてない・・・。今回はアルバム発売後でちゃんと聴いてたのでちゃんと歌えましたよ。

Love Will Come Throughではフランが両手を上げて左右に振り、お客さんにも促してました。なんかほのぼのするわ〜。
Warning Signの前にはフランが皆にも歌ってほしいからとちょっと練習。かけ声のとこね。
Reminderでは口笛の練習。私はうまく出来ないのです。このときフランは口笛吹いてる時に友達の顔を見たらだめだよ、顔が変になってるからとか何とか言ってて笑わす。この曲の時のフランの身振りが可愛かった(笑)

CloserSingも皆で合唱してメンバーも嬉しそう。フランもよく喋ってました。スコットランド訛がかわいい。
とにかく名曲ばっかり。フランの生声に癒されるし、アンディの前屈みになってギターを弾く姿もかっこいいし。ダギーはよくお客さんの顔を見ながらにっこり微笑んでで、素敵やわ〜。
そしてニールは黙々とドラムを叩く・・・

1stからの2曲、特にHappyが嬉しい!いやあ、この曲を聴いてほんと幸せなひと時を過ごせて最高でした!
完全にアンプラグドの状態でやるFlowers In The Windowも良かった〜。この曲大好き。
最後のWhy Does It Always Rain On Me?ももちろん大合唱。
押し合いもないし、ほとんど快適に過ごせました。唯一の混乱といえば、フランがお客さんの中に入って歌ったWhere You Standの時くらい。まあ、混乱というほどでもなかったかなあ。ファンの人たちがちゃんとマイクのコードを持っててあげたりとか、なんかそういうのいいなあと思ったのでした。

フランが大阪には久々だったので、辛抱強く待っててくれてありがとうと言ってました。お客さん皆をUKに連れて帰りたいとか、日本に来るのはいつも楽しみとか、嬉しい事を言ってくれる!
次の来日はフジロックだけど、見たいなあ〜。ああ〜。

1. Mother
2. Selfish Jean
3. Pipe Dreams
4. Moving
5. Love Will Come Through
6. Driftwood
7. Warning Sign
8. Re-Offender
9. Where You Stand
10. My Eyes
11. Reminder
12. Writing To Reach You
13. Side
14. Closer
15. Sing
16. Slide Show
17. Blue Flashing Light
18. Turn
-------------
19. Happy
20. Flowers In The Window
21. All I Want To Do Is Rock
22. Why Does It Always Rain On Me?
[PR]
by roisin_dubh70 | 2014-03-28 22:22 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
Franz Ferdinandのライブに行ってきました。
歌って踊って楽しかった〜!

Zeppが移転して初めてのライブでした。ちょっと収容人数増えたんですかね。
ほんとはニックさん前で見たかったけど、もう埋まってたので反対側の最前列に行きました。ボブ!じゃなくて代役のスコット前。

最初からBulletでめちゃ飛ばす。思わず踊りたくなる曲を連発されて、つい笑顔になっちゃうなあ。

ニックは反対側だったので見るのにちょっと苦労したけど、キレのあるギターとヴォーカルはちゃんと聴こえてましたよ。かっこいい。Tell Her Tonight大好き!

アレックスに関しては今まであまりかっこいいと思った事なかったのだけど、何か動きを見てると自分の事をかっこいいと認識してるっぽいですね。実際、かっこいいと思いました。見直したわ。
「まいど」と「おおきに」言ってた♪ そしてこっち側に来る度に女子がきゃーきゃー凄かった(笑)

ポールはドラム台が低いので足元もよく見えて仕事ぶりもちゃんと見られてよかったです。やっぱり要ですよね。ちょっと姿勢が悪いけど(笑)
ボブが来れなくて残念だったけど、スコット君が代役を見事にこなしていました。元々ギタリストなのに凄いわ。そしてかわいい。

どの曲も結構合唱になってたけどCan't Stop Feelingでも掛け合いがあったり、アレックスの熱唱ぶりが凄かったです。Brief Encountersの時の動きも変やったわ。
Do You Want Toになると会場全体が揺れるくらいラキラキ歌って盛り上がってました。まあ踊るったって密集してるのでちょっと無理はあったけど。

最後のOutsidersでは恒例のドラム大会にスコットも参加していて、スティック持ってポーズ取るとこなんかかっこよかった〜。
新作からはもちろんたくさんやってくれたし、新旧織り交ぜのセットリストで改めていい曲揃いだなと思いました。あまりにもあっという間の一時間40分で、帰りたくなかった・・・
楽しすぎました。

ところでスコット君のいたSons & Daughtersは復活してくれないかな。以前Editorsのサポートで2回ライブを見た事あります。いいバンドなのになあ・・・。

セットリストは見せていただきました。

f0035184_2372498.jpg

[PR]
by roisin_dubh70 | 2013-11-26 23:51 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70