<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Editors新譜

EDITORSの新譜を買いました♪
他にも欲しいのはあったけど、どうせ当分EDITORSしか聴かないので、また来週にでもお店に行こうかと思います。
感想などは2枚組のやつが届いてからにします。

それからインタビュー記事。
結構長いので、あとでゆっくり読もう・・・
(とか言って延ばし延ばしにしてた過去記事多いのよ)
Drowned in Sound

今朝は4時前に起きて、ベルリンライブ中継を見ました。
Nothingはアコースティックじゃないほうが好きなんだけどなあ。あと何でRatsがあの位置なのかよくわからん。
全体には良かったですね。新曲もたくさん聴けたし。
明日また見ようっと。(もちろん録画しておきます。)

[PR]
by roisin_dubh70 | 2013-06-25 22:46 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Editorsいろいろ。

EDITORSの来日公演から2週間・・・。
あれからやっぱり毎日聴いてます。

アルバム制作のドキュメンタリーが公開されてから毎日見ようとするけど、いつも途中で寝ちゃうんだな〜。気がつけば終わってる。
いつでも見られるようにとiPodとiPhoneに入れても、歩きながらは見れないし、バスの中では本を読んでるし、結局見る暇がないという・・・笑。



あとはDIYとかのインタビュー記事をちょこちょこ読んだりして。
これは来日公演後のもの。日本のファンについても触れてますよ。
Independent
どのアーティストも言うけど、あの曲間の静寂は私も気持ち悪いわ(笑)
でもlovely peopleなんだって♪

22日にはドイツのフェスに出演。1時間ほどですが、映像見られます。
Hurricane Festival
43〜44分頃出てきます。ずっと雨が降ってたせいか、AEHASの歌いだしのとこで「今日は雨降らないだろう」のとこ歌ってなかったです(笑)

24日にはベルリンのライブ生中継あるんで、夜中に起きなきゃ。
Youtube/Editorsofficial
日本時間25日朝4時。夜中ではないですね。

アルバム発売まであとちょっと!
今でも十分忙しいけど、これからもっと忙しくなりますよ。
もちろんEDITORS関連で。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2013-06-23 23:58 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
EDITORS来日決定時は正直びっくりしたのですが、また日本で彼らのライブが見られて幸せです。

待ちましたよ、ええ、6年間。ていうか、もうそんなになるのかと。
お客さんもそんな6年間の想いが爆発したかのような大歓声でメンバーを迎えました。

Sugar
いきなり新曲。ちょっとカシミールっぽい曲調ありのミッドテンポな曲。ラッセル前の3列目くらいで見てたのですが、振りが大きくて、ただでさえ目立つのにより大きく見えます(笑)
エドは何とちょうど顔がシンバルに隠れてしまっていたのでした。
キーボード、ギター、コーラスといろいろこなしていた新加入のエリオットは高い台の上だったのでよく見えたのだけど、同じく新加入のギターのジャスティンは反対側で、ほとんど見えず。
で、やっぱり視線はよく動くトムに行くのです。

A Ton Of Love
シングル曲でPVも公開されていたせいか、結構認知度高かったようで、desire!のとこなんか割とお客さん歌ってたみたい。続けて新曲を持ってくるところに彼らの意気込みを感じました。

Munich
こんなに早くにこの曲?ここで最高の盛り上がりでした。
驚いたのは、アルバムバージョンで演奏されたこと。この曲はいつもはアルバムとは違うバージョンで演奏されるのに何でやろ。久々の日本だからかなあ。
でも実はトムがライブ前にセットリストの一部をtwitterで公開してて、しかもうっかり見てしまったので、驚き半減(笑)
頼むからライブ前に見せるのやめてほしいです。

Bullets
これはオリジナルバージョンで。
この曲にしてもMunichにしても元々クリスのギターが印象的だけど、そろそろいないことにも慣れないとね。ジャスティンのギターでもあまり違和感なくなってきました。
ベースが大好き。

Two Hearted Spiders
2年前、まだクリスがいた頃からやってて、当時とは随分アレンジが変わってるけど、今の方が好きです。トムの深みのある声が心に染みる〜。
時々泣きそうな顔したりして表情がころころ変わるので見てて飽きないです。

An End Has A Start
やっぱりお馴染み曲は盛り上がりも凄いです。前の方にいたので後ろの方はどうだったのかはわからないですけどね。結構歌ってた人多いんじゃないかなあ。

Formaldehyde
バンド史上最もポップな曲。軽快なドラムやバックのコーラスに、途中で手拍子も入るし、これまでにない展開の曲です。
でもまだ慣れないわ〜

Smokers Outside The Hospital Doors
これまでトムがピアノ弾いてたけど、これからはエリオットが弾くんやね。途中からトムがギターをジャカジャカするところが好きだったけどなあ。
時々シャツの下から見えるトムの腹周りのぷっくり度が増した気がする・・・

トムはよく日本語で「ありがと」と言ってました。
途中、トムが両足を揃えて立ってるとこ見たら、やっぱり左足が右足にちょっと乗ってた(笑)

The Phone Book
これも新曲。トムはこの日何度か弾いていたアコースティックギターで、全体的に前作のツアーに比べるとギターの割合が増しました。これも新加入メンバーの影響かもしれないですね。

The Racing Rats
ピアノは反対向きだったので、トムは後ろ姿。でも後半動きが激しくなるのでわかりやすいわ。お団子がよく見えた。

途中、どこらへんだったか、ラスが両手両足を大きく広げて何かお相撲さんみたいなポーズ取ってておかしかった(笑)お茶目さんやわ〜

Papillon
もうこの曲かと嘆きつつ、跳ねました。なぜか跳ねますね。最後はちょっと長めにやってたけど、長いのはあんまり好きじゃないです。ライトのチカチカ眩しいし。

Honesty
最後にもう1曲。ええ?この曲で終わりですか。どうだかなあと思いつつ聴いてたら、まあ、エンディングとしては悪くない感じ。皆で歌えるし、アコースティックで聴くのと全然違うし、ライブだとなんて言うか、高揚感みたいなのを感じました。
この曲やA Ton Of Loveみたいに皆で歌える曲が増えた気がします。バンドとしては大きな変化ですね。

長年待った甲斐がありました。個人的には3年半ぶりくらいですが、より貫禄が出てきたかな。
クリスが脱退した後、一体どうなるんだろうと思ってましたが、いい新メンバーに恵まれましたね。以前の記事で「いっそ解散してくれ」と半ば冗談まじりで書いたのですが、活動を続けてくれて本当によかったです。

今度こそ単独公演が実現しますように。

Sugar
A Ton of Love
Munich
Bullets
Two Hearted Spider
An End Has a Start
Formaldehyde
Smokers Outside the Hospital Doors
The Phone Book
The Racing Rats
Papillon
Honesty
[PR]
by roisin_dubh70 | 2013-06-21 22:12 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
日曜だけ行ってきました。EDITORS目当てでしたが、もちろん他のバンドも楽しみましたよ。
いつも通りSallyさんと合流して入場。2日券は先に入れたので良かったです。

先に入場したSallyさんがEDITORSサイン会整理券付きTシャツを確保してくれたので、一安心。この後サイン会までずっとドキドキでした。

British Sea Power
活動歴が長い割にはあまり知らないのです。音楽的にはやっぱりUKらしいのか、いい感じだけど、長く聴いてたらちょっと飽きてきたかも。

お昼はカレー丼。

Little Barrie
かっこ良かった!このバンド見た後いつも言ってる気がするけど。
でも本当なんだもん〜。ギターの音が気持ちいい。
過去ライブレポ
ほとんど同じ感想です(笑)。
実を言うと、100%集中できなかったです。このあとのサイン会が気になって。

EDITORS サイン会
Sallyさんと列に並んでるときに「出演者通りま〜す」の声で見たら、メンバーがぞろぞろ歩いて出てきた!めっさ至近距離でいきなりトム見てもうたわ・・・頭にお団子つけてた・・・
サイン用にCDブックレットと同じサイズの色紙を用意してくれてました。そりゃそうよね。現メンバーで過去の作品にはサインもらえないもん。基本的には何にもらってもよかったようです。
しかし。私はサイン会決定前からメンバーの写真をサイン会用に家でプリントしていたのでした。我ながらいい考えだったな。ふふ。

ラス、エリオット、エド、ジャスティン、トムの順でした。ちょっとずつは話したけど、大阪から来たとアピールするの忘れてたわ・・・。
それぞれ何か言おうと何となく考えてたけど、いざとなると、やっぱり緊張して思うように話せなかったです。あの状況で落ち着いていられる方が無理だけど。
一番話せたのはトムかなあ。サイン会に参加するのはこれで3回目だけど、なぜかトムとはまあまあ話せるのは不思議。

この日の大きな目的の一つを終えて一安心。しばらく休憩。

EDITORS
Editors@HCW

Travis
本当にいいバンドですね。いい曲揃いで、フランの声が優しい。
しかしこの日はフランがよく喋った!子供の話や、自分が子供だった頃の話とかユーモア交えていろいろ話してました。
やっぱりDriftwood好きだなあ。
あとTurnね。

Flowers In The Windowは完全にアンプラグドで演奏。お客さんも声小さめに歌う(笑)。ほのぼのしてて凄くいい雰囲気。
最後の雨の曲はもちろん大合唱ですよね。楽しかった〜。

Mother
Selfish Jean
Writing To Reach You
As You Are
Moving
Love Will Come Through
Where You Stand
Driftwood
My Eyes
Another Guy
Closer
Reminder
Sing
Side
Slide Show
Blue Flashing Light
Turn
Flowers In The Window
Why Does It Always Rain On Me?

*****
簡単すぎるライブレポでごめんなさい。色々思い出すものの、EDITORSの衝撃が強すぎてちょっと放心状態だったもので・・・笑。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2013-06-12 23:53 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

EDITORS/The Sting

EDITORSの皆さんが、いよいよ日本に来ますね!!!!
トムがアップしてた写真によると、日本到着は7日の朝9時半。
(わざわざ調べたんですか、と突っ込まないでください)
あれ昨日の写真じゃないですよね・・・

国内盤ではボートラ予定のThe Stingが聴けます。
digital spy

ライブバージョンのときは思わなかったけど、このスタジオバージョン聴くと、何となくJ-POPみたいな感じがする(笑)
何でだろう・・・

はあ〜、どうも落ち着かないです。
来日が決まってからというもの、毎日EDITORS聴いて過ごしてて、通勤の時なんか、ライブの様子を想像したりなんかして、目が潤んで仕方ない。
なので、実際メンバーがステージに登場したら、きっと泣きます。

明日のインストアライブは私は行けませんが、時間のある方は絶対行ってくださいね。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2013-06-06 23:55 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
わ〜い!
PKの時はお祈りポーズで。
決まった瞬間は涙出てしまいました。
出来れば勝ってほしかったけど、オーストラリアも必死だったからね。

コンフェデも楽しみ。しかしブラジル、イタリア、メキシコて。
得点できるんかな・・・。
スカパーは無料放送じゃないんか。前は無料じゃなかったっけ?
地上波のサッカー中継はうざいねん。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2013-06-05 11:08 | Football | Trackback | Comments(0)

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70