<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

on the blue carpet...

日本では秋公開の映画、Going The Distanceのプレミアが先週ロンドンでありました。
映画にもちょっと出演しているThe Boxer Rebellionのメンバーもプレミアに出席、インタビューなども受けてます。

わーお、結構注目浴びてて若干照れてる感じが微笑ましい〜


そういえば、この映画の主演2人はこのプレミア後の週末にあったV Festivalに揃って顔を出していました。
f0035184_1231986.jpg

[PR]
by roisin_dubh70 | 2010-08-28 01:25 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

暑い夏には

毎日暑すぎて、いい加減いやになります。まだしばらくこの状態が続くそうなので、せめて気分だけでも・・・・ということで。

シャロンの歌声を聞いて涼もう。


来月には待望の初ソロアルバムが出るので、とっても楽しみ!
Sharon Corr
[PR]
by roisin_dubh70 | 2010-08-26 23:25 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

V Festival / 続き・・・

EDITORSの出演した時間は日本時間の夜12時半くらいだったので、余裕で見れました。
でも3曲目のBonesの途中で画面が途切れ、次に映った時にはERM=BD、しかもそれで中継終了。
がっくり。

各ステージから少しずつ中継していたようです。
Absolute Radioでは2日間のハイライトが出演者別に期間限定で聴けます。

トム、何やってるんでしょうか。
f0035184_22371445.jpg

どう見てもTシャツが破れてますが、前にも破れてたのを着ていたので、まさかこういうデザイン?なわけないよな。
f0035184_23134084.jpg

[PR]
by roisin_dubh70 | 2010-08-23 22:42 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

V Festival

今週末に行われるV Festivalは、今年初めてウェブ中継するそうです。
といってもステージがいくつかあるので、全部は見られないとは思いますが、多分メインステージが中心なのかな。

もちろん私としてはEDITORSが見られるかどうかが重要なんですけど。同じ日の同じステージにはStereophonics, Kings Of Leonが出るので、できれば全部やって欲しい。

現在オフィシャルサイトでは今年の出演者の過去の出演映像をちょっとずつ流してます。
後半にはEDITORSのAll Sparksが見られるのだけど、画面にはTHE EDITORSと出てるし、しかも2009年てなってますが、これ2007年の映像だと思います。しっかりしてくれ。
この時の映像はてっきり持ってると思ってたけど、見当たらない・・・。
でもトムの髪型でわかるのよ・・・笑。ちょうどサマソニ07で来日した時と同じ感じだし。

V Festival 2010
[PR]
by roisin_dubh70 | 2010-08-20 23:49 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

猛暑2

ライブに行く予定も当分ないし、何かだらけてます。
早く秋になっておくれ。

しかし、記事に生きてるって投稿しただけで保険会社の広告ついて笑った。
見た目は悪いけど、たかがブログにお金払う気はないので、当面はこのエキサイトで無料のままにしておきます。

ところでリッキーが「たまごっち」やってたとは知らなかった・・・。
相変わらず意味不明のつぶやきの多い彼ですが、意味不明の買い物もしている模様。

最近はあまり「かっこいい」写真がないので、ちょっと前の。
f0035184_23291861.jpg

[PR]
by roisin_dubh70 | 2010-08-19 23:36 | つぶやき | Trackback | Comments(4)

猛暑


何とか生きてます。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2010-08-19 14:31 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

Going the Distance

この秋に公開予定の映画、Going The Distanceはおもしろいのかどうなのか。
それより私的には凄い事です。何とThe Boxer Rebellionが出演しています。
映画はドリュー・バリモアとジャスティン・ロング主演で、ラブコメディものらしいです。

サントラに曲提供・・・だけではなく、バンドとして演奏場面があるって・・・
予告編見ましたが、確かに出演してます。
サントラにはSpitting Fireと、あとは新曲のIf You Runと2曲も!
他にはThe CureAlbert Hammond, Jr., The Pretendersなども入っていて、なかなかいい顔ぶれです。
あと最近お気に入りのBand Of Skullsも。

1. Generationals -- 'Either Way'
2. George James -- 'Places'
3. Katie Herzig -- 'Hey Na Na'
4. Albert Hammond, Jr. -- 'In Transit'
5. The Cure -- 'Just Like Heaven'
6. The Pretenders -- 'Don't Get Me Wrong'
7. The Boxer Rebellion -- 'Spitting Fire'
8. Cat Power -- 'Could We'
9. Band Of Skulls -- 'Cold Flame'
10. Eels -- 'Prizefighter'
11. Passion Pit -- 'The Reeling' (Groove Police Remix)
12. Fanfarlo -- 'Harold T. Wilkins, Or How to Wait for a Very Long Time'
13. The Replacements -- 'Here Comes a Regular'
14. The Boxer Rebellion -- 'If You Run'
15. Gotye -- 'Learnalilgivinanlovin'
16. The Airborne Toxic Event -- 'Half of Something Else'

Going the Distance

日本でも公開されるのかと思って調べたら、10月公開とのこと。
邦題は「遠距離恋愛 彼女の決断」
f0035184_23582281.jpg


TBRが出演となると、こりゃ見に行かないと!ドリュー好きだし、ラブコメものは結構好きなんで。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2010-08-16 00:04 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

Housewife

The Cribsが突如シングルを発表しました。
最近オフィシャルサイトに行くと、ずっとビデオがちょこっと流れてたので、気になってましたが。

これ、双子だと思うんだけど・・・
f0035184_23532899.jpg

ライアン!かわいい!ね〜、かわいくない???あ〜ラブリー♪

でもビデオは怖い。


**追記**
日本のiTunes Storeでも購入できます。
iTunes/Housewife
[PR]
by roisin_dubh70 | 2010-08-11 00:02 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
MUSEは神々しかった・・・。
日本では初めてのトリに相応しい圧倒的な存在感なのでした。レーザー光線ビシバシ、音響も良かったし、大真面目にふざける徹底したエンターテイナーぶり。セットリスト的にはいたって普通でしたが、見た環境のせいなのか、ほとんどすべてにおいて素晴らし〜いライブでした。
 
ステージセットが用意されていく様子を見るのもおもしろいけど、ティンパニが前に出て来た段階で1曲目が何かわかってしまった。ずっと降ったり止んだりしていた雨も不思議と上がった9時40分過ぎ、MUSE登場。煙の中から現れた3人、1人怪しい宇宙人がいると思ったけど違った。

ドムだった。ヘルメットかぶってる(笑)
ティンパニを叩くドムを囲むようにして、赤ラメスーツに青く光るメガネのマットと、この日唯一まともに見えるクリスの3人が向かい合って立ち、Exogenesis: Symphony Part 1 (Overture)が始まりました。
1曲目というと、大体がノリのいい元気な曲をすることが多いけど、こういう自然のなかで幻想的な雰囲気のあるこの曲で始まるのもありだなと思いました。

ドムは自分のドラム台に戻ってもヘルメットを脱がず、黙々と演奏するので、本人真面目でも見てる方はおかしい!笑うわ。

ヘルメットは脱いだものの、その下にもまだかぶりもんが・・・
会場内からは笑いも多少起こったような気がしましたが、とりあえずUprisingです。
メンバーが出て来たと同時に後ろから押されて、結局2列目くらいでみました。ブロックの角のとこ。すごい見やすかったです。
あ〜、でもマットの左手サイン見逃した!ドムの変な頭が気になって・・・。
Map of the Problematiqueは私的ドム注目の1曲なのに、たまにクレーンカメラが邪魔して見えず。マットが飛ぶ飛ぶ。

どこら辺だったか、Helsinki Jamをやりました。今年のスタジアム、フェスツアーではやらなくなっていたので残念だなあと思っていたらですよ!嬉しい。しかもこれまでとはちょっと違う感じだったような。
でもさあ〜。あんなかっこいいジャムなのに、ドムの頭が・・・

New Bornの時にはレーザーの光が主に緑のところにピンク(紫?)が混じったりして、それが後ろの山の方に当たって折り返した光がまた模様になって、とってもきれいでした。ステージの後ろは縦長のスクリーンが左右に、横長のスクリーンが中央にあって、映像もきれいでした。

ドムとクリスのNisheは後半にマットが参加するのに出遅れまいとしてピアノのとこまで慌てて小走りしてたんじゃないかなあ(笑)
続くUnited States Of Eurasiaでは壮大な曲展開に合った映像がとてもよくて、ほんと、今回のツアーでは映像に凝ってますね。

ずっと黒い布に覆われてたドムの新兵器、電飾サブドラムがドラム台の前に出て来て、ついでにドムも前に出てクリスとのジャム。Yay! MK Jam(スタジアムツアーのリハーサルをミルトン・キーンズでやっていたのでMKと呼ばれる。MK Ultraとは関係なし)、フェスでもやってくれるってラッキーじゃない?
このあとこのまま続けてUndisclosed Desiresやってました。
ジャムでは途中からマットがギター参加してた気がします。先にやったHelsinkiでもちょっと最後の方参加してたかどうかは記憶もあやふやなのですが、Nisheといい、いつもクリスとドムの2人がやってるところに「僕も入れてくれ」的に無理矢理参加したような。
しかし、ドム、やっぱ全身タイツなの?よくわからん。モジモジくんみたいに頭からぴっちりしたのを着てるので、スクリーンに映ったドムの横向き姿に笑ってしまった。何か下着みたいなのが透けて見えるっぽく、しかも股間の微妙な部分がくっきり、みたいな。いやん。これ以降スクリーンに目が釘付けだったのは言うまでもない(笑)
以前インタビューで虫が大変だったと言っていたので、その対策のようですね。
にしてもねえ・・・。ぷぷ。

おなじみ曲が続いてお客さんも大合唱、Starlightの手拍子もばっちり決まったようですが、この曲のコーラス部分、歌えてなかった人が多かったかも。残念。でもマットが歌い終わってから言った日本語「ありがとうございます」がやたら発音がよくて和んだわ〜。

夏ツアーが始まる前にオフィシャルサイトで、各ライブ会場ごとにやって欲しい曲を3曲まで投票受付をしていたのですが、このフジロックで1位になったのが、Stockholm Syndromeでした。人気上位5曲のうち1曲か2曲をやるという話だったんだけど、だからってこの曲やってリクエストに応えたつもりなの?が〜ん。1月の日本公演ではやらなかったので多分この曲に投票した人が多かったんだろうとは思うけど。もったいない。もっと珍しい曲を投票すりゃいいのに・・・。好きな曲なので文句はないけど。ドム頑張ってたよ。
ちなみに私はI Belong To You, Hyper Music, Showbizに投票しました。

アンコールはPlug In Babyで、揉みくちゃ。これ以前にもかなり後ろからの押しがあったのだけど、一層激しくてちょっと辛かったです。でもイントロでマットがギターを頭の後ろで弾いていて、それもまた嬉しそうだったので、見ていて楽しい!ドムは頭のかぶりもんを脱いでました。
巨大目玉風船が出て来たので、触ろうと思いつつ、なかなか触れない。もうこっちは必死だからね、ステージなんて見ちゃいねえ(笑)。1回だけ触れた。
しかし、曲が終わってもなかなか割れないで残ってる風船多数。
次のKnights Of Cydoniaが始まってもまだ飛んでるし。もちろんこの曲でもイントロから大合唱で、悔いのないように私も参加しました。
最後には煙が勢いよく吹き出して終了。これがまた量が多いのか、しばらく何も見えず。やっとステージのほうを見たら、クリスとドムのシルエットが見えていて、ドムが恒例の最後の挨拶をするべく、マイクの前にしばらく立っていたものの、煙がなかなか消えないので(苦笑)、そのシルエット状態のまま挨拶をしていました。「ありがとう、また会おう」とか何とか。

あ〜、楽しかった!
そういえば途中で例のケイト・ハドソンが目の前1メートルくらいのとこを歩いて行きました。生で女優さん見たの初めて!(笑)

セットリストはMuseWiki参照しましたが、抜けていたので訂正してます。
Helsinki Jamの演奏順は定かでないです。どなたか覚えてらしたら教えてください。

1. Exogenesis: Symphony Part I (Overture)
2. Uprising (Extended)
3. Supermassive Black Hole
4. Map of the Problematique
5. Helsinki Jam
6. New Born
7. Interlude + Hysteria
8. Nishe
9. United States of Eurasia
10. MK Jam
11. Undisclosed Desires
12. Resistance
13. Time Is Running Out
14. Starlight
15. Stockholm Syndrome

16. Plug In Baby
17. Knights of Cydonia
[PR]
by roisin_dubh70 | 2010-08-09 00:41 | 音楽 | Trackback | Comments(8)
Bromheads恒例の月一新曲が出ました。
Friendsbromheads.tvより8月いっぱい無料ダウンロード出来ます。

You tubeに、バスに乗って演奏する映像が何本か上がってます。

このTramlines 2010て何だろと思って見てみたら、7月の週末3日間にシェフィールドで行われた音楽イベントらしいです。市内50ヶ所以上で開かれたライブは全て無料という太っ腹な催しだそうです。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2010-08-02 17:56 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70