<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

サマソニ09

せっかく10周年記念のサマソニなのに今年は個人的にメンツが今ひとつで、行くのはやめようと思っていたのですが、KEANE決定なので、やっぱり行こうかと検討中なのです。
大阪では初日、キーン曜日・・じゃなくて(これ言ってみたかった)え〜と、金曜日ですね。
昨日のライブではトムが近いうちに来ると言っていたので、もしやとは思いましたけど。

TEENAGE FANCLUBを見たいと思っていたものの、この一つのバンドの為に行くのもなあ〜と思っていたのでちょうど良かったかも。そうなると他にも見たいのがちらほら。
MASTODON, ENTER SHIKARIも見たい。

Summersonic 2009

KEANEのオフィシャルサイトではリチャードのフォトブログが公開されていて、大阪での観光写真もたくさん出ています。普段見慣れた光景でも外国の人から見るとおもしろく映るんだね〜。私的には糸電話OKにウケた(笑)
今日はお休みだったので新大阪駅に行きゃよかったかも!?(はは、うそうそ。うざがられるって)トム、いい顔してます。

Richard's Japanese Photoblog
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-04-24 22:33 | 音楽

KEANE@BIG CAT, 23 Apr 09

KEANEのライブに行ってきました。長い間待たされましたが、その想いが観客からバンドに十分に伝わった熱いライブになりました。

ティムがじっくり見たくて右側に行こうと思ったのですが、それだと全体が見にくいので、ほぼ中央に行きました。久々の一桁番だったので、最前列で。
メンバー登場。ティム!Tシャツかわいい!最後まで何の絵かわかりませんでしたが。元祖ぽっちゃり王子トム、細っ!丸顔やけど(笑)しかもあんな足長いとは今まで気付かんかったわ。

トムがギターを弾くThe Lovers Are Losingから始まりました。普通に聴こうと思っていましたが気がつくと一緒に歌ってました。煽られたし。ドラムのリチャードは正面だったのでよく見えました。いくらピアノ曲でもドラムは大事だからね。今回のアルバム、ツアーから参加してるベースのジェシーのおかげでライブでも音に安定感が出ていて、以前のアルバムの曲でもまた違った感じで聴けてよかったです。

Everybody's Changing, Bend And Breakと立て続けに1stの曲をやってくれたので嬉しくて一緒に歌うもんで早くも喉がかわいてしまいました。お客さんの合唱も大きかったです。トムの歌のうまさに感心しつつ、視線はついティムのほうへ。だって動きが激しくて、しかも表情も見てたら思わず笑っちゃうくらい楽しい。

ギターを弾かない時のトムはマイクを持って左右に動いてはステージ前方でしゃがみ込んで歌うもんだから、きっと前の方の女性ファンの方々は彼の瞳に釘付けだったんではなかろうか(笑)。目の前だしね。ま、そういう私もしっかり彼の瞳は見ましたけど。足も長いがまつ毛も長いわ(笑)
曲によっては左右を行ったり来たりであまり中央には来なかったのですが、私にとってはその間ティムを凝視出来たんでラッキー。いやほんと、私はティムに釘付けでした。
トムは割と最初からめっさ汗かいてて、途中で顔に水がかかったと思ったけど、あれはトムの汗やったんか。どんだけ汗かいとんねん。Tシャツだけでなく、上着まで汗びっしょりでした。

Spirallingはこれまた盛り上がりました。最初のwooo!は出遅れたけど、次からはちゃんとwooo!って叫びましたよ。やりたかったんです〜、wooo!
一旦トム以外のメンバーが引っ込み、トムのアコースティックギターによるYour Eyes Openがよかったです。ほんと歌うまくて聴き惚れますね。このあとのTry Againもじっくり聴いていました。

You Haven't Told Me Anythingではまたトムはギターを弾いてたのですが、ジェシーはベースではなく、大きなドラムを叩きつつキーボードを弾いてました。その格好がずっと前かがみで前後に動くのでなんかかわいい。
3rdアルバムは一部を除いて歌詞を覚える程聴き込んではなかったのですが、You Don't See Me はライブで聴いて結構気に入りました。もうちょっと聴き込んでみようと思います。
ライブバージョンで聴いて歌詞も覚えてた曲の一つ、Perfect Symmetryはイントロからして好きな曲です。コーラス前のOhhh...×3のとこはちょうどトムが目の前で手を大きく前へ突き出す格好してたんで、こっちもOhhh...とつられてやりました。この曲は意外と盛り上がりますね。

そしてSomewhere Only We Knowは多分曲の最初からほぼお客さん全員大合唱になってたかも。トムも曲の始めに「皆で歌って」と言ってました。ところでこの日の彼は時々日本語でも「ありがとう」「こんにちは(こんばんは、だっけ?忘れた)」「どうも」など言っていて、あとは長い間来日できなくてごめん、大阪に戻って来れて嬉しい、次は早く来る、などいろいろ挨拶もあって好感持てました。はにかんだような少年のような表情がかわいい。
最後の方だっけか、Crystal Ballの時かなあ、トム、曲の終りの方でステージに寝転んでました。すぐ起きたけど。

アンコールには割と早く出てきて、トムの左手にはビタミンウォーターが。水じゃないのね。
さて、ティムの見せ場。Is It Any Wonder?の時には椅子は後ろにやって、立って演奏。そこまで開かんでもってくらい大きく足を開いててわろた。でもかっこいいです。
あっという間に最後のBedshapedへ。最初はじっくり聴いていましたが、途中で一緒に歌うのを思い出しました。最後のWhat do I know?...I knowのとこはばっちり、皆ちゃんと揃って歌いました。
一緒に歌うところは歌い、じっくりと聴きたい時は聴き惚れ、堪能しました。そりゃもちろんもっと聴きたい曲はありましたけどね。こうしてまたちゃんと日本に来てくれただけでも感謝です。

セットリストは人に見せてもらいました。

The Lovers Are Losing
Everybody's Changing
Bend And Break
Nothing In My Way
Again And Again
This Is The Last Time
Spiralling
Your Eyes Open
Try Again
You Haven't Told Me Anything
Leaving So Soon?
You Don't See Me
Perfect Symmetry
Somewhere Only We Know
Crystal Ball

Is It Any Wonder?
Bedshaped
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-04-24 16:56 | 音楽

大量紙ジャケ化

最近やたら過去のCDが紙ジャケ化されることが多いですね。なんで流行ってるのかよくわかりません。特に既に持っているアルバムは買い直す事はないし、いくらボーナス・トラック付けてもその手には乗らないと思っていましたが・・・。

これは欲しい。
MANICS 4 REAL

Manic Street Preachersの過去8作品、紙ジャケ化。しかもCD2枚組。アルバムは全部持ってるし単にパッケージ違いなら別にいらないんだけど、このCDの2枚目のほうが気になって気になって。
Everything Must Goは2年前に出た10周年記念盤3枚組と内容が微妙に違うし、どうしよう。
とか言って結局買うんだろうな。

来月出る新作を含めて全9作品揃えた人は全員特製Tシャツがもらえるそうです。まあ、これはいいとして。地道に揃えようかな。ああああ〜〜〜。

それより生で聴きたい。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-04-22 23:24 | 音楽

AC/DC /Black Ice

今さらなんですが、AC/DCのアルバムBlack Iceを聴きました。
f0035184_2343325.jpg

彼らのアルバムは2枚しか持ってないですが、他の曲でも大体同じような感じで、聴けばすぐわかります。初めて聴く曲でも最初のリフだけで彼らの曲だとわかるのって凄いですよね!
金太郎飴と言われようが、信念を貫いてる姿に敬意を表したいです。いやあ、なかなか出来る事じゃないって。
UKやヨーロッパでは異常に人気あるのに、日本だと今ひとつなのかな。ま、それは彼らに限ったことじゃないけど・・・。

今回のツアーでは日本あるのか・・・。見たいなあ・・・・。

これ、めっさ羨ましい。
f0035184_23521723.jpg

Stereophonicsの皆さん。最近皆で見に行ったらしい。ちょっと興奮状態でTwitterやブログ更新してたし(笑)。無邪気なロック少年達って感じ。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-04-20 23:59 | 音楽
結成20周年、THUNDERを見に行ってきました。
彼らにとって大阪では多分これまでで一番小さい会場というのがちょっと複雑な心境で、しかも2度目の解散宣言をしたこともあって、今回が最後のライブということになりました。

オープニングでAC/DCのThunderstruckがかかると、会場中で大きなThunder!の掛け声が。やっぱりこの曲聴かないと!まるでTHUNDERの為にあるような曲です。
この夏に解散するという実感が今ひとつないまま見ていました。この件に関しての特別な挨拶はなく、ほんとに今日が最後なのかなという感じでした。

日本では曲間が静かになることも多いですが、このバンドに関してはそんなことないですね。お客さんは最初から最後までダニーの「scream!」につられて大騒ぎしていました。
Low Life In High Placesでは観客に歌わせる部分が何回かあって、完璧にこなした私達はダニーにsplendid!と言ってもらいました。

ステージが狭くてダニーは思い切り踊れなかったみたいだけど(笑)、後ろにいた私にもそのダンスの様子はよく見えました。ただ、何度か(彼にしては)調子悪いのかなという場面はありました。並のヴォーカリストなら100点満点のところなんですけどね。
ほんと歌がうまくて聴き惚れます。しっとりと歌い上げるところでもお客さんを煽って盛上げるという・・・。つい笑ってしまいます。

いちいち観客をいじっては笑いを誘うそのやり方はうまいです。やっぱりこの世界にはTHUNDERは必要です。日本公演の前に演奏してもらいたい曲のリクエストを受け付けていたようですが、聴きたい曲がありすぎて、敢えていうなら各アルバムから最低4曲ずつとか(笑)。

Empty Cityは静かに始まって途中から盛り上がっていくところが好きで、特にルークとベンが並んでギターを弾くところ。音がきれいにハモって、しかも見た目にもネックがV字型になって(これは視覚的にわざと並んでると思います)かっこいいです。

昨年出たアルバムBANG!からは3曲演奏されました。全体では6枚のアルバムから構成されていて、まだまだ聴きたかった曲多数。でもアンコールでは久々にStand Upが聴けたので嬉しい!
River of Pain, Dirty Loveと定番曲を演奏して終了。このDirty Loveはもちろん大合唱&ジャンプでした。この曲の途中で、また知らない曲を歌ってました。

やっぱり彼らのライブはいつ見ても楽しい!最後もメンバーの皆さん、結構あっさりと帰ってしまったので、あっけなかったです。でも会場が明るくなってもお客さんは誰も帰ろうとせず、アンコールを求める声援がなかなか止みませんでした。そこにちょっと感動。結局そこで終りでした。

あとでセットリストを見せてもらったら、アンコールには5曲予定されていたようです。
Higher GroundとPlay That Funky Musicは演奏されませんでした。Higher...聴きたかったのに。残念です。

She's So Fine
On The Radio
Miracle Man
Low Life In High Places
The Devil Made Me Do It
Empty City
Dirty Dream
Love Walked In
Stormwater
You Can't Keep A Good Man Down
Don't Wait For Me
I Love You More Than Rock'N'Roll

Stand Up
River Of Pain
Dirty Love

余韻に浸りつつ、今回は忘れず応募していたミート&グリートに参加しました。
最後なので何話そうかと思っていたのですが、気の利いた言葉が見つからず、結局は感謝の気持ちを伝えることにしました。
それ以外ではルークは音楽活動は続けるのでまた日本にライブしに戻ってきたいと言っていました。あのメンバーの中では一番再会の可能性がありそうですね。
ダニーにはDirty Loveの時に歌っていた曲は何かと聞きました。 TEMPTATIONSのPapa Was A Rolling Stoneという曲だそうです。チケットの半券に書いてもらいました。でないとすぐ忘れるし。

多少緊張しつつも、笑顔で接する事ができてよかったです。やっぱりこれで最後って感じしないよ〜。また再来年あたり会えそうな錯覚起こしそうでした。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-04-18 12:25 | 音楽

Vampire Weekend@Amoeba Music

Vampire Weekendのインストアライブ映像です。

Amoeba Music
(インタビュー&7曲)

ライブ自体はもう随分前にやっていたのですが、映像はずーっと「準備中」でなかなか見られなかったんですよね。最近やっと見られるようになってました。

今年初めのツアーが終わったら次のアルバム制作に入ると言ってたはずですが、そっちのほうは今どうなってんのかな。ちょこちょこツアーとかライブやってるみたいだけど。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-04-14 00:13 | 音楽

大山崎町散策

今日は暑い中、京都の大山崎町を散策してきました。大阪と京都の間に位置する町で、天王山のあるところです。
まずアサヒビール大山崎山荘美術館から。
英国風の洋館(本館)と安藤忠雄氏設計による新館とで出来ていて、どちらも山の風景に溶け込んでいて素晴らしい!建物自体が美術品て感じ。

こちらは本館。大きな木がそのまま柱や梁に使われていたり、大きな柱時計やステンドグラス、オルゴール(1時間ごとに演奏される)などがあって、全体に木のぬくもりを感じます。
f0035184_2212591.jpg


新館に続く通路。この中は階段になっていて、モネの「睡蓮」などが展示されている部屋へ行けます。外は暑いけど中はひやっとした空気が気持ちいいです。
f0035184_22125762.jpg


本館の2階にはテラスのあるカフェがあって、ここからの眺めがまた素晴らしい。風が心地よくてつい長居してしまいそうでした。
f0035184_22241979.jpg


池には睡蓮もあるし、とにかく植物の種類が多いので、1年中いつ来ても楽しめそうです。
こちらはシャガ。途中の坂道(結構きつい)でもたくさん見られました。
f0035184_2238286.jpg


山吹。これは一重ですが、八重のもありました。
f0035184_22392434.jpg


美術館を後にして坂を下ると近くの宝積寺へ続く道があったのですが、もうお昼になっていてお腹が空いたので一旦下に降りて昼食。
その後は大山崎町歴史資料館にて社会と歴史の勉強。そして再び坂道に挑戦。正直あんな急な坂は登った事ありませんでしたが、頑張りましたよ。

宝積寺の枝垂れ桜。
f0035184_23341245.jpg


近い割にはこれまで行った事がなかったので、今回行ってみて本当によかったです。まだまだ見所はたくさんあるので、違う季節ごとに行くのもいいかも。
ちなみに大山崎町は京都府にありますが、なんとJRの山崎駅には大阪との府境が存在します。
f0035184_2343319.jpg

この標識があるのは大阪方面に向かう側のホームの大阪寄りです。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-04-11 23:59 | おでかけ

妙心寺と祇園の桜

天気が良すぎて気温も上がった今日は京都国立博物館に行ってきました。

開山無相大師650年遠諱記念 妙心寺
f0035184_23123133.jpg


妙心寺は京都の中でも大きな禅寺です。広くて塔頭も多く、それだけに寺宝も盛りだくさん。展示されているものは他のお寺のものもありますが、もちろん妙心寺と深く関わりのあるものです。
行ったことがあるお寺も多いのに見た覚えがないのは、多分忘れているか、普段公開されていないかのどちらかですね(笑)

気に入ったのは名前からしておもしろい「すたすた坊主像」。「達磨像」も好きかな。大きなものは迫力あり。妖怪の絵もなんか和むんですよね。

今回見たかったのは長谷川等伯の「枯木猿猴図」。お猿の表情がかわいいです。塔頭である龍泉庵にあるもので、以前特別公開された時に見に行きました。普段はお寺自体が非公開なので、こういう機会は貴重です。(この作品は19日までの公開)
この展覧会は5月10日までですが、作品のいくつかは前期後期で入れ替えをするので注意が必要です。もう一つ見たかった作品は後期(21日から)なので、がっくり。もう一回行くのもなあ。

外は暑いくらいでしたが、中は冷房が効いていたので一度脱いだ上着を途中で着ました。薄着の人は要注意。平日だったせいか、それほど混んでなく、ゆっくりじっくり見る事ができました。1時間半はかかったかも。

四条烏丸に行く途中、祇園でバスを降りてちょっと歩いてみました。
f0035184_23572791.jpg

もう散り始めていましたが、ひらひらと舞う桜の花びらがきれいでした。

うっかり道路標識まで入れてしまってた!
f0035184_004642.jpg


そしてうっかり仏光寺に行くのを忘れてた!せっかく近くまで行ったのに。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-04-10 23:58 | おでかけ

EDITORS/News From The Studio

何もニュースがないと思っていたら・・・
ビデオが上がってました。


何なんでしょうね、これは。こういう感じでいってますってこと??音はいいとしても、EDITORSとしてどうなの?
もう少し聴いてみないとはっきりとしたことは言えないけど、トムが以前言っていたエレクトロニックな感じとか、ターミネイターみたいな、とかってのはこういうことなんでしょうか(笑)

何にしても音が実際に聴けるのは嬉しいもの。続編に期待しましょう。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-04-10 23:01 | 音楽

No news is good news...?

まったく情報がなくて、レコーディングの様子とか、どんな状態なのかが気になるEDITORSですが、6月から8月にはライブ予定もあるので、それまでには何となく形は見えてきてるのではないかな。と思いたい。

サマソニには来ない事が決定だし、年内に日本で彼らを見られる可能性は低いので来年に期待。
長いなあ。恋しいわ。そういやトムは昨年秋のoasis@ウェンブリー見に行ったらしいです。古い情報でごめんなさい。そんな事くらいしかネタがない(笑)

懐かしい映像。
一度リンクが消えていたのが2年前に復活。現在も見られます。
KCRW
これクリスがMunichのギターを思いっきり間違えちゃうんだな〜。普段スタジオとかで演奏する時やアコースティックの時はライブバージョンではなく、アルバムバージョンなので、そのつもりで弾いてたんだろうね。事前に打ち合わせしなかったのかなあ。でも間違えた後も表情あまり変えず。しかもメガネ!

ちなみに2007年にも出演しています。
KCRW2007

f0035184_2315483.jpg


*トムのインタビュー。アルバムは9月頃?
Daily Record
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-04-07 23:20 | 音楽

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70