<   2007年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

勝ち点3

ガンバ大阪 5 - 1 鹿島アントラーズ
(ホーム試合なのに何故か金沢開催。年1回はあります。)

よかったわ〜、久々に勝てて。残り15分くらいからテレビつけて見たら、既に試合は決まってました。ホーム万博でレッズに負けて以来、勝ち星がなかったので、そろそろ勝たないとヤバいところでした。
私が見た15分だけでも良かったですからね、この日の内容は良かったんだと思います。 好きなチームが勝つと負けるとではえらい違いですね。負けるとその週は気分がどよ〜んと暗くなるし。常に胸に何かもやもやがある感じ。

土曜にはまた試合があるので、また勝ってすっきりしたいものです。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2007-08-29 22:35 | Football | Trackback | Comments(0)

Soccer AM

音楽とサッカー好きにはたまらん番組。
Soccer AM

残念ながら日本では見られませんが、You Tubeで検索すれば色々出てきます。
最近EDITORSのエド(イプスウィッチ)とクリス(ノッティンガム・フォレスト)がゲストで出ていました。
こちら

スタジオに登場する時に例のAn End Has A Startのビデオに出てくるようなタイツの人たちが出迎えてくれていました(笑)

過去にはいろんなミュージシャンが出演して、自分の応援するクラブの事などを語っていたりします。シュートゲームをする様子などを見ていると、サッカー好きミュージシャンて、ほんと、多いなと思います。しかも結構うまかったりします。
今のとこスパーズ・ファンの人はあまりいないなあ・・・やっぱり、皆地元のクラブを応援してるもんな・・・。確かHARD-Fiの誰かがファンだと言っていたと思います。

エドとクリスもゲームをしたらしいのですが、今のとこ動画が見当たりません。どっかにあるといいけど。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2007-08-27 23:47 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

READING & LEEDS FESTIVAL

この週末にあったREADING & LEEDS FESTIVALのことをすっかり忘れていたので、今日になって慌てて見てますが、例によって全部見れないうちに終わってるかも。

BBC 1 Reading & Leeds

リーズ会場では、なんとKAISER CHIEFSHOOKS FOR HANDSという名前でちゃっかり出演してます。忙しいのによくやるね、働き者!
インタビュー動画を見ていたら、ニック、フジでも着ていたフジロックTシャツを着てました。よほど気に入ったんですかね〜。
(リッキーのシャツがリッキーっぽくない)
f0035184_1852348.jpg


関係ないけど、マキパー。
f0035184_23165764.jpg

[PR]
by roisin_dubh70 | 2007-08-26 23:21 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

狩野永徳

この秋に京都の国立博物館にて開催される狩野永徳の特別展がとても楽しみです。

期間は10月16日(火)から11月18日(日)までで、京都のみの展示です。
展示される予定の作品のうち、見た事があるのはほんのわずか。しかも新発見されたという作品もあり、必見です。
・・・ということは、ものすごい人出になりそうです。

ただでさえ国立博物館方面のバスは普段から混雑するのに、時期的にも激込みしそうな予感(冷や汗)。
博物館は三十三間堂の真向かいにあるし、この先には清水寺、高台寺、建仁寺、八坂神社、祇園、知恩院・・・観光名所が続くバス路線ですからね。いっそレンタサイクルにしてみるかなあ〜。運動も兼ねて。(大汗かきそう)
まあ、個人的にはすぐ近くの智積院が好きなんですけど。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2007-08-22 00:21 | おでかけ | Trackback | Comments(2)
BBCのRadio 1が開局40年になるのを記念して出すアルバムが結構豪華です。
それぞれの年を代表する曲をいろいろなアーティストがカバーしているのですが、どれも興味深いですね。もちろん、知らない曲もあるのですが、原曲を知っている場合、どんなふうになるかも楽しみだし、意外な組み合わせもあるので、これはぜひ手に入れたいです。
UKで10月1日発売とのこと。

Radio 1. Established 1967

1967 - 'Flowers In The Rain' (The Move) covered by Kaiser Chiefs
1968 - 'All Along The Watchtower' (Jimi Hendrix Experience) covered by The Fratellis
1969 - 'Cupid' (Johnny Nash) covered by Amy Winehouse
1970 - 'Lola' (The Kinks) covered by Robbie Williams
1971 - 'Your Song' (Elton John) covered by The Streets
1972 - 'Betcha By Golly Wow' (The Stylistics) covered by Sugababes
1973 - 'You're So Vain' (Carly Simon) covered by The Feeling
1974 - 'Band On The Run' (Wings) covered by Foo Fighters
1975 - 'Love Is The Drug' (Roxy Music) covered by Kylie
1976 - 'Let's Stick Together' (Bryan Ferry) covered by KT Tunstall
1977 - 'Sound & Vision' (David Bowie) covered by Franz Ferdinand
1978 - 'Teenage Kicks' (The Undertones) covered by The Raconteurs
1979 - 'Can't Stand Losing You' (The Police) covered by Mika
1980 - 'Too Much Too Young' (The Specials) covered by Kasabian
1981 - 'Under Pressure' (Queen & David Bowie) covered by Keane
1982 - 'Town Called Malice' (The Jam) covered by McFly
1983 - 'Come Back And Stay' (Paul Young) covered by James Morrison
1984 - 'Careless Whisper' (George Michael) covered by The Gossip
1985 - 'The Power Of Love' (Huey Lewis & The News) covered by The Pigeon Detectives
1986 - 'Don't Get Me Wrong' (The Pretenders) covered by Lily Allen
1987 - 'You Sexy Thing' (Hot Chocolate) covered by Stereophonics
1988 - 'Fast Car' (Tracy Chapman) covered by Mutya Buena
1989 - 'Lullaby' (The Cure) covered by Editors
1990 - 'Englishman In New York' (Sting) covered by Razorlight
1991 - 'Crazy For You' (Madonna) covered by Groove Armada
1992 - 'It Must Be Love' (Madness) covered by Paolo Nutini
1993 - 'All That She Wants' (Ace Of Base) covered by The Kooks
1994 - 'You're All I Need To Get By' (Mary J Blige) covered by Mark Ronson
1995 - 'Stillness In Time' (Jamiroquai) covered by Calvin Harris
1996 - 'No Diggity' (Blackstreet) covered by Klaxons
1997 - 'Lovefool' (The Cardigans) covered by Just Jack
1998 - 'Ray Of Light' (Madonna) covered by Natasha Bedingfield
1999 - 'Drinking in LA' (Bran Van 3000) covered by The Twang
2000 - 'The Great Beyond' (REM) covered by The Fray
2001 - 'Teenage Dirtbag' (Wheatus) covered by Girls Aloud
2002 - 'Like I Love You' (Justin Timberlake) covered by Maximo Park
2003 - 'Don't Look Back Into The Sun' (The Libertines) covered by The View
2004 - 'Toxic' (Britney Spears) covered by Hard-Fi
2005 - 'Father & Son' (Yusuf Islam & Ronan Keating) covered by The Enemy
2006 - 'Steady, As She Goes' (The Raconteurs) covered by Corinne Bailey Rae
 
[PR]
by roisin_dubh70 | 2007-08-20 23:33 | 音楽 | Trackback | Comments(6)

週末サッカー

久しぶりのサッカーねた。
おもしろくないです。ガンバは2試合勝ちなし。たまにはこういうこともあるさ、と軽く考えられない時期に差し掛かってきました。
首位は途中1回くらいは変わるかなと思っていたし、勝ち点差はまだ1なのでそのうちまた抜いてくれたらいいですよ。とにかく次節は勝とうよ。

今月開幕したイングランドのプレミアシップは、開幕試合は中継がなく、2節目はうっかりチェックし忘れたので、スパーズが開幕2連敗してたとは知らんかった!
しかし!3戦目でようやく勝利。

Tottenham Hotspur 4 - 0 Derby County

最初はあまりよく見ていなかったので、いきなりの先制点はよそ見している間に決まりました。2点目もよそ見していました(笑)。
ケガで休んでいた人が戻る変わりに、新たなケガ人発生と、常に誰かがケガをしている状態の中で、4点取れたのは嬉しい!失点ゼロ。
さて、今シーズンは何試合くらい中継をやってくれるか・・・ですね。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2007-08-19 23:11 | Football | Trackback | Comments(0)
EDITORSで思いっきり弾けたあとは、最後のMAXIMO PARKまで特に見たいのがなかったので、適当にぷらぷら。

OK Goのサイン会の受付は既に始まっていましたが、実際のサイン会までには1時間以上もあるので、屋外、屋根なしでそんな時間を過ごすのはしんどい・・・暑い・・・ということで、見学だけすることにしました。

食事テントで休憩中、ちょうどエンタメステージに何組か出てましたが、全然知らない人たちの中で、猫ひろし登場。去年も偶然見ましたが、またか!お客さんがすごい増えていました。

OK Goのサイン会の時間になったので、行ってみると既に見学者が集まっていました。ダミアン、か〜わ〜い〜!ダン、かっこいい!アンディ、かわいい〜!ティムは、女の子みたいに膝をくっつけて座っていました(笑)。
最後にダミアンが、何故か拡声器で挨拶していました。次回はぜひ単独で来て欲しいです。

オーシャン・ステージに行く途中でMTVのVJのBooちゃんに会いました。めっさ日焼けしとった。

THE GOO GOO DOLLS (15:10?)
通りすがりで2曲半聴きました。でもその中にIrisが入ってたんですよ。ちょうど聴けたのでラッキーでした。この曲以外あまり知らないんですけどね。最後の曲がかっこよかったです。

INTERPOL (16:00?)
そろそろ室内でまったりしたいな〜ということで、ソニック・ステージへ。もう始まっていましたが、2階席でゆっくりしました。友人も私もあまりよく知らないし、座っていることもあって、途中何度かうとうと。ごめんなさい。でも1曲だけ知っているのがありましたよ。
一応最後まで見てからダンス・ステージへ。
f0035184_1474510.jpg

CSS (16:30?)
もう最後のほうでしたが、ステージにはいろんな色の風船が飾ってあって、お客さんもノリノリで楽しかったです。もうちょっと見たかったなあ。

LCD SOUNDSYSTEM (17:10)
予定より少し遅れて始まりました。EDITORSのクリスが好きだって言うのをどこかで読んだ事がある・・・程度の知識しかなく、まったりと見ていました。実はそのEDITORSの皆さんが会場に来ていたのも全く知らず・・・。あとで知ったんですけどね。(yo-piさんのブログ)
多分私達とは反対側にいたんだと思います。同じ場所にいたと知った時にはめっさショックで・・・。ううう・・・。ひょっとして会えてたかもしれないのに、と思うと残念やわ。質問山ほどあるのに(笑)
それにしてもあんなに人気のあるバンドとは思いませんでした。しかし、周りがいかにノっていようとも、いまひとつピンとこない。柵にもたれて居眠りこいてたのはこの私です。

KLAXONS (18:25)
まだデビューして間もないんですよね、確か。でもトリ前って凄いですね。LCDと同じくあんなに人気があるとは!このバンドも私にはいまひとつ。2曲知ってるやつがありました。

MAXIMO PARK (19:45)
さあて、いよいよ最後のバンド。しかし・・・人がいない・・・。KLAXONS終了後、どっと人が出て行ったため、前方3分の1か、4分の1くらいしかお客さんが残ってない。後から少しずつ入って来てはいましたが、それでも結局半分も埋まってなかったです。悲しい・・・。
とはいえ、ライヴはとてもよかったですよ!最初はTRAVISとどっちを見ようか悩みましたが、こちらにしてよかった!もちろん、TRAVISもとてもよかったと聞きましたから、どっちを選んでも後悔なしですかね。

人がいないので周りに気兼ねすることなく踊れました。ここにいる人皆が、ほんとに彼らのファンという感じで、人が少ない割には盛り上がりも凄かったし、なんといってもポール・スミスのダンス?が楽しい!昼間はトム・スミス、夜はポール・スミスで楽しませていただきました(笑)
f0035184_1435474.jpg

[PR]
by roisin_dubh70 | 2007-08-17 15:14 | Summersonic | Trackback | Comments(4)
この日は前日よりも早起きしたので、バスの待ち時間もほとんどなく9時前には会場に着いて余裕でオーシャン・ステージ前方に行けました。でも中央寄り最前列は取れず。端なら十分空いてましたが、前日に右に行って失敗したのと、EDITORSの時にトムのピアノをどうしても見たかったのもあって、左側ブロック、中央通路側の柵で前から5、6人目くらいのとこに行きました。ここ、すごい見やすい!

THE PIPETTES (11:00)
名前は聞いた事あるという程度でしたが、かわいい〜♪というのが最初の印象。
女性3人組で、水玉模様の衣装がこれまたかわいい〜♪曲はポップで、3人のコーラスもきれい。曲ごとに立ち位置を変えて交代でリード・ヴォーカルをとったり、キーボードを演奏したりしてました。
f0035184_23291578.jpg


OK GO (11:50)
実はこの日は帽子を忘れたので(アホやね)、会場でポカリの大きなタオルを買いました。待ち時間の間に前からホースで水をかけてくれるのは有り難いですが、雨か!ってくらい濡れました。そんな時にその大きなタオルが役に立ちました(笑)。
サウンドチェックが始まったと思ったら、何と、ドラムのダン自らがチェック。友人と「あれ、ダンちゃうん?」とか言っていたら、今度はギターのアンディまでもが出て来てチェック。「やっぱし、そうやんなあ〜?アンディやんな〜」とちょっと興奮気味。4人のうち2人までがサウンドチェックに出てくるとは。

曇っていた上に風もあって、気持ちがよかったです。メンバー登場と同時にすごい歓声。わーい、ついに彼らのライヴが見れました。ビデオで一躍有名になりましたが、アルバムもいい曲揃いですからね。楽しみにしていました。
f0035184_23233532.jpg前の3人はしっかり上着を着て登場。えらいね。あ〜、ダミアン、かわいい〜。ちなみにヴォーカル&ギター。手足、長い!元気がよくて、よくお客さんを煽っていました。確か途中日本語で「ボクノ ニホンゴハ ヒドイデス」と言って笑わせてくれました。いやいや、それだけ言えたら十分でしょう。

演奏の方は安定していて問題なし。やはり会場が沸いたのはHere It Goes Againで、私も聴きながらあのビデオの映像が頭の中に流れていました。意外にもGet Over Itでも結構な反応があったので、コアなファンが多いのかな?
フェスなので、さすがにA Million Waysのダンスはないよな、と期待はしてませんでしたが曲は聴きたかったです。
f0035184_23463083.jpg
(左端のティムの足に注目。)

最後の曲は何だっけ?すごい盛り上がったのに忘れてしまいました。なせならその曲の途中で、ステージ脇にいるEDITORSのエド以外のメンバー発見!わ〜〜〜!もうそこにいる!と思ったら気が気でない(笑)

EDITORS (12:40)
この日一番の、というより2日通しての一番のお目当てでした。結論から言うと、今まで見た来日公演(大阪)の中で一番よかったです。今年のサマソニの中でも一番と言えますね。

サウンドチェックの間もちらちらステージ横から覗いてたんですよ、エド以外が。見えなかっただけかも。友人と「多分そこにいるんだろうけど、小さくて見えないのかも」とか言って遊んでました。ごめん。トムがポカリ飲んでたり、ラスがずっと笑ってるのが見えるだけでもう、興奮して既に騒いでました(笑)。
そういえば、去年のサマソニの時はエド自らサウンドチェックしに出て来てたような・・・今回はさすがになかったです。

メンバーが登場した時も引き続き曇り空だったので、助かりました。
え〜っと、ノッポ君は登場する時に両手を高く上げていたので、シャツが上がってお腹丸出し(笑)
うっかり前日のセットリストを見てしまっていたのですが、私が予想したのと全く同じでびっくり。でも生で聴けるならこの際何でもいいです。
1曲目は去年からずっと演奏されていたBonesで、もちろん新しいバージョンです。どっちも好きですが、この曲のクリスのギターが特に好きなんですよ。ゲイバーでリフを思いついたらしいんですけどね。Retreat! Retreat!のとこでは、何と私、ノッポ君と同じ手の動きしてました。怖い・・・ビデオ見過ぎです。
f0035184_22192919.jpgAll Sparksはやっぱりライヴには欠かせない曲です。そしてAn End Has A Startはアルバムの中でも軽快なテンポの曲。クリスの脳天直撃系ギターもお客さんのノリもよかったです。・・・やっぱし、私の手の動き、ちょっとノッポ君のが移ってる・・・。

Bloodのベースが大好きなんですが、そのベースのラッセルがどういうわけか、ほとんどずっと笑顔!さわやか!何か心境の変化?ってくらいニコニコ。以前はライヴ中は無表情のことが多かったのに、最近笑顔が増えてます。いい事だ。笑った方が素敵です。

いよいよThe Racing Ratsではピアノの出番。ほぼ真横からばっちり拝めました。ノッポ君は座っていても落ち着きなくちょっとずつ動いているので、 目が離せません(笑)。ライヴバージョンになると、最後の方でDrift away, drift away, drift awaaay...と追加されるところがあって、ここの部分が結構好きです。

B'z目当てのお客さんが多い中(特に右側ブロック、ほとんど反応なし)、Bullets, Munichと続くとさすがに盛り上がってました。まあ、後ろの方はどうだったのかはわからないんですが、右ブロック、ほんと静かでした。途中、ノッポ君が投げたギターのピックがすぐ近くに落ちたので、スタッフの方に必死で叫んだのに気づいてもらえず、右ブロックのほうから少し伸びた手に渡していました。(怒&悲)

Smokersはほんと、いい曲だなと改めて思いました。またもやピアノから始まりますが、すぐにギターをジャカジャカ鳴らすノッポ君の姿がかっこいい。途中何の曲だったか、両腕をくるくる回してました(糸まきまきみたいな)。これ去年も目撃した!笑笑笑。
そしてエドとラスによるバックコーラス!ううう、生で聴けて感激。

最後はFingersで締めくくり。ここでようやくまた太陽が出て来ました。
いつもこの曲の頃には壊れているノッポ君ですが、そうですね〜、まあ、半分くらい?だってギター投げなかったし(笑)。途中で器用にもギターの交換をしていました。確か以前にもこういうの見た事ありますが、目の前で見るとはね。新しいギターのストラップをなかなか首に回せず(ずっと弾いてるので)、しばらく右肩に掛けていたのがおかしかったです。後でちゃんと掛け直してましたけどね。
最後に両手で大きな投げキッス。やるね。

ノッポ君とラスは遠くを眺めては笑顔になっていたので、後ろの方も盛り上がっていたんでしょうか。そのうちテレビでやると思うので、見てみます。自分が映ってないといいけど。初日はヤバいね。

たったの9曲、40分でしたが、内容は素晴らしかったです。たとえ、You Are Fading(大好き), Escape The Nest, The Weight Of The Worldがなくても・・・来年1月の来日公演に期待しましょう!(マリンのライヴ終了後のインタビューで来ると言ってました。クリスが変な格好してたのが気になるね)
f0035184_23464376.jpg

ライヴレポというより・・・トム・スミス観察記みたいな・・・もっと書けそうですが、この辺でやめときます。しかし、髪の毛伸ばしてからちょっと色っぽくないですか?この人。
色っぽいと言えば、Bloodのオルタナバージョンにおける彼のヴォーカルが一番ですけどね、私が思うに。

1.Bones
2.All Sparks
3.An End Has A Start
4.Blood
5.The Racing Rats
6.Bullets
7.Munich
8.Smokers Outside The Hospital Doors
9.Fingers In The Factories
[PR]
by roisin_dubh70 | 2007-08-17 00:27 | Summersonic | Trackback | Comments(6)
AVENGED SEVENFOLD (17:45)
MANICSを最後まで見た為、時間の重なっていたこちらの方は15分遅れて見ました。
去年出たアルバムしか持っていないので、知らない曲もありましたが、生で聴くとさすがにかっこいい。去年出演したときは室内のスクリーンで見てましたから。(昼の2時で野外だったのでそのときは諦めましたが、なんと、今年は朝からほとんど野外ですからね)

演奏はうまいし、曲もいいし、歌もうまい。言う事なし。(タトゥー多すぎ・・・関係ないか)
ツインギターがハモるとこなんか鳥肌もんです。やっぱりメタルっていいなあ・・・。血が騒ぐ。でも頭を振る元気はない(笑)
10月にアルバムが出るらしいので、その後は単独公演期待していいかも。今度こそは決まりそうですね。
f0035184_220376.jpg


KASABIAN (18:40)
こちらも途中から。スカイ・ステージからここのスクリーンが見えてましたけどね。この日はスカイとオーシャンで2往復してしまいました。
さすが人気バンドなだけに盛り上がりもすごい。この人たち、1月の来日公演で早くもサマソニ出演宣言してましたから、相当気に入ってますね、このフェス。
こういう野外で彼らのステージを見られたのは幸運だったかも。ライトもきれいだし、雰囲気もすごく良くて、早くも次のアルバムが楽しみです。最後のL.S.F.よかったなあ。
f0035184_220498.jpg


ARCTIC MONKEYS (19:45)
さて、いよいよ大トリの登場。なんといってもグラストでもヘッドライナーやったくらいですから、それにふさわしい演奏を聴かせてくれないとね。(ちょっと意地悪)
結論からいうと、ヘッドライナーにはちと、早過ぎたかな、という気がしました。もちろん私個人の意見ですけど。
MANICSKASABIANを見た後では何となくまだ力不足だと感じました。演奏力も上がっているし、曲も素晴らしいのですが、あまりにも淡々としすぎて面白みがない。若くしてトリを務めると今後はどうするんだろう?と余計な心配をしてしまいますが、彼らの事は好きだし、まだまだ成長過程にあるだろうし、もっとすごいバンドになる可能性も高い。今後に期待。
f0035184_22292964.jpg


1日目が終了。
最後の花火がきれいでした。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2007-08-13 23:06 | Summersonic | Trackback(1) | Comments(4)
THE FRATELLIS (14:30)
やっと見れたかと思うと本当に嬉しい。期待以上に良かったです。彼らの音楽はどちらかというと炎天下の野外には合わなさそうな気がしていましたが、そんなこともなく、むしろ合ってる!なぜなら、体が自然と動いてしまうような曲ばかりだから。
たったの40分、あっという間でしたが中身の濃い、いい演奏を聴かせてくれました。周りでも踊っている人が多かったです。

次のステージへの移動途中でトイレの順番を待っていたら、近くにあるパーク・ステージから演奏が聞こえてきたので予定表を見るとTHE HOLLOWAYSでした。去年からちょっと気にはなっていたもののアルバムは買わずじまいだったので、中には入らずそのままダンス・ステージへ。

THE SUNSHINE UNDERGROUND (15:55)
3月の来日公演が予想以上によかったので、今回楽しみにしていたバンドの一つ。この日私が見た中では唯一の屋内ステージでした。
やっぱりよかったです。場内も盛り上がっていて、「結構人気あるんや」と嬉しくなりました。新曲も少しやってくれたし、やはりこの人たちいい曲書きますね。歌もうまい。明るい室内でクレイグの伸びやかな声がまたよく通る事!クアトロのような小さなとこに比べるとかなり広いところでもこうやって会場中が湧くのを見ると気持ちがいいです。
あと1曲・・・と言って演奏が始まった時に一番後ろの出口まで移動。ちゃんと最後まで見届けてから大急ぎでオーシャン・ステージまで大移動。

MANIC STREET PREACHERS (16:45) 
TSUの終了後5分もなかったので、かなりの早足で(走りたくはないのよね)移動。入り口付近でMANICS登場っぽい歓声。でも1曲目You Love Usの歌い出しには間に合った!西日を目一杯浴びてるメンバーを気の毒に思いつつ(笑)、楽しみました。
ジェイムズはまぶしいのかサングラスをかけていて、ニッキーは赤のTシャツに白パンツ。遠くからでも目立つ格好でありがとう(笑)。まあ、真ん中までは行けたんですけどね。好きな曲ばっかりで嬉しいのなんの。結局新しいアルバムからは2曲だけだったかなあ。もっと聴きたかったですが、それだけ他にいい曲がたくさんあるってことですね。また単独公演期待してます。
f0035184_20425149.jpg

こちらは東京。ニッキー、足きれい。どんな格好しても違和感があまりないのはさすが。
f0035184_20471916.jpg

[PR]
by roisin_dubh70 | 2007-08-13 21:03 | Summersonic | Trackback | Comments(2)

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70