Whitesnake/Def Leppard @大阪城ホール 27 Oct 2008 

WHITESNAKEDEF LEPPARDのライヴに行ってきました。大阪城ホールも久しぶり。

WHITESNAKE
ダブルヘッドライナーツアーということですが、今回のツアーではずっと彼らが先に出演していたようです。

登場するなりデイヴィッド「コンニチワコンバンワ!」(なぜ続けて言う)
ステージからは花道が出ていて、私の位置はステージに向かって右側、花道の先端から2列くらい後ろの列でステージ右端あたり。ステージまでの距離より若干花道先端部のほうが近いという、メンバーの表情はばっちり、でもお顔のシワはあまり見えないという絶好の位置(笑)。

デイヴィッドはショウのあいだ、ほとんど花道の先にいたような気がします。ちょっと高音部がキツそうでした。あんなにドタドタ歩く人だったんでしょうか。
最新のアルバムは聴いてなかったので知らない曲もありましたが、お客さんの反応は結構よかったので、デイヴィッドの気分もよさそう。

ほとんどダグを見てたかも。ギターを構える姿がかっこよくて・・・。確か前に見た時もこの人が来てたっけ。彼が椅子に座って(Whitesnake Chair...笑)アコースティックギターで演奏し始めたのはAin't Gonna Cry No Moreでした。この曲大好きです。

途中のギターソロが長かった・・・。いくらヴォーカルの休憩といっても長過ぎる。2人とも上手いし、素晴らしいとは思うものの、ああいうのは苦手です。ドラムソロは結構好きなんですけどね。

セットリストは東京のものと同じだったでしょうか。曲名がよくわからなくてすみません。なんだかんだ言っても他のメンバーが誰になろうが、ヴォーカルのデイヴィッドがいれば、それでWhitesnakeなのかも。

90分弱で終了。
そしてKAISER CHIEFSのRubyがかかったのにはびっくりした!まさかここで聴けるとは。

DEF LEPPARD
やっぱり大好きなレップス。後ろの大きなスクリーンに英国国旗ユニオンジャックが映し出され、国歌God Save The Queenが流れ・・・と途中で消えてバンドのデビューから現在までのアルバムやメンバーの写真などが次々と出て来る映像には感激。
そしてメンバー登場。ジョーは花道にいました。

1曲目がRocketからというのもなかなかいいものですね。曲の間はスクリーンにいろいろ凝った映像が流れていて、メンバーを見ずに、つい映像を見入ったりして。
新作からC'mon C'monが2曲目だったかな、とにかくこの曲は初めて聴いた時にライヴ向けの曲だと思いましたが、まさにその通りの曲で、たとえ曲を知らなくても十分楽しめます。いやあ、楽しい!

Animalは彼らの曲の中でも多分私的トップ5に入るくらい好きな曲。おまけに後ろの映像が最高。メンバーの動きも激しい。ジョー、思ったより大きくなってなかった(あれで?とは言わないでね・・・笑)
4曲目で早くもフィルが上着を脱いで肉体美を披露。確か50歳超えてたよね。ぜい肉全然ないです。

その後もヒット曲が次々と演奏されていくわけですが、サヴのベースが、イングランド柄やん。今回のツアーから使ってんのかなあ。スコットランドでも使ってたんやろか。
(You Tubeでライヴ映像探したらちゃんと使ってた)

中盤のHigh 'n' Dryからの3連発にはまた感動。しかもMirror Mirrorやるとは。その後のアコースティックバージョンによるBringin' On The Heartbreakとそれに続くSwitch625。やっぱりこの2曲は離しちゃだめだよね。

今回のライヴではこれまでにないってくらい、「僕たち英国のバンドです」を主張してるような気がします。ていうか、実際ユニオンジャックやたらめったら出て来るし。
サヴは随分前からこの柄のベースを使っていて、これかっこいいですよね。

以前グラスゴーで彼らのライヴを見た時に、他の場所では使われていた大きな英国国旗が、スコットランドという場所のせいなのか、そこでは使われていませんでした。かわりに小さいスコットランド国旗が飾られていました。その辺りの事情は日本人には理解しにくいのかもしれません。
ジョーが地元のサッカーチームの話題に触れた時に観客からちょっとブーイングが起こって、イングランド(レップスのメンバー4人はイングランド人なので)対スコットランドの微妙な空気が流れたので(ジョークですけど・・・半分本気かも・・笑)、ジョーの「今日は音楽を楽しんでくれ」の一言で、やっぱり音楽に国は関係ないなあと納得したのでした。

さて、後半からが怒濤のヒット曲連発でずっと歌ってたら喉がカラカラになるくらいでした。特にHysteriaの後半のギター部分にはいつもゾクゾクします。かっこ良すぎて涙が出そうになるし。

演奏面では本当に安定したもので、安心して聴いていられます。バンドがデビューして30年近くたつというのに、リックはまだ45って!どんだけ若くしてデビューしたんや〜。ドラムだって一体どんな叩き方してるのかわからないし。後ろのスクリーンに彼の上からの映像があったので見てたのですが、それでもよくわかりません。ジョーが以前インタビューで「彼は腕が1本だろうが3本だろうが関係ないよ」と言っていました。うん、その通りですね。

アンコールはLet's Get Rockedでした。大いに歌って騒いで汗かきました。欲を言えば新作からの曲をもっと聴きたかったのですが、なんせ90分しかないし、多分大多数の人が聴きたがるアルバムHysteriaからの選曲が多くなるのは仕方ないかもしれませんね。次がいつになるのかわかりませんが、その時は2時間たっぷり見たいです。

友人はジョーを見て「太い!フィルと並んだら余計目立つ」と文句を言っていたので、次回はも少しほっそりしてね。ていうか、彼以外が年相応に太ってないというか(笑)。皆さん陰で努力してるのね、きっと。

Rocket
Animal
C'mon C'mon
Foolin'
Make Love Like A Man
Nine Lives
Love Bites
Mirror Mirror
Bringin' On The Heartbreak
Switch625
Hysteria
Armageddon It
Photograph
Pour Some Sugar On Me
Rock Of Ages
---------------
Let's Get Rocked
[PR]
トラックバックURL : http://roisindubh.exblog.jp/tb/9533531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by a_d_a_c_h_i_n at 2008-11-03 23:16
あ〜、ライヴ行かれたんですね。イイなああ、羨ましいなああああ(心の叫び)。
Leppsは本当に出し惜しみする事無くヒット曲の連発だったみたいですね。しかも2ndからの3曲も演るとは!!

今回は行けなかったけれど、次回は是非!!

っていつの日になるんだか(笑)
Commented by roisin_dubh70 at 2008-11-04 22:25
あだちんさん、
アルバムによっては1曲も演奏されないなど、選曲がかなり偏ってましたが、ファンの聴きたがっている曲とマニア向け?とうまく絡めたセットだったと思います。
次の来日まで気長に待ちましょう。次は行けるといいですね。
by roisin_dubh70 | 2008-10-30 23:57 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70