THE CRIBS @名古屋クラブクアトロ/ 23 Oct 07

大阪に続いてTHE CRIBSを見てきました。この日も熱かった!全体的には大阪の方がよかったような気もしますが、1曲多かったので得した感じ。
場所は前日と同じライアン側(大阪で見た後、明日も絶対左で見よう!と決意)最前列。この日も日本語用カンペが貼られていました。ゲイリー側にも1枚あって何喋るか期待しましたが・・・。

メンバー登場、しかし服装が・・・ライアンまったく一緒。ちゃんと洗濯したんやろか、よれよれ白?Tシャツ。それはともかく演奏が始まると弾けてしまって、細かいところまでは覚えてないです。あ、ライアンのおしりフリフリは見た(笑)。

どうしてもギターに目がいってしまいます。ライアン、凄いよ。My Life Flased...とI've Tried Everythingが特にね。あと何の変哲もなさそうな曲が意外と細かく演奏されてたりとか、近くで見ると再発見がたくさんありました。
何曲かで、ギターとベースのネック同士をこすり合わせるとこがあって、ゾクッとします。お兄ちゃん、無表情やったけど(笑)。でも、弟をじっと見つめる場面をよく見かけました。

ロスはまたふざけてシンバルをわざと倒しかけ、クルーが走ってくるとちゃんと自分の手で止めたので、クルーのひとはそのまま反対側のステージ脇へ走っていったのには笑った。

大阪ではやらなかったYou Were Always The Oneを聴けたのは嬉しい!ほんとは3枚のアルバムを丸ごと演奏してほしいくらいですけどね。
どの曲もOhh..ohh...とかで歌えるとこや、掛け声があるのがいいですよね。歌詞まではちゃんと覚えてない曲でも、これで何とかなる、ような。

ライアンの日本語は、う〜んと、何言ってたっけ?「新曲・・・」とか「僕たちはクリブスです」とかかな。ゲイリーは結局「アリガト」だけ???照れくさいのかなあ(笑)それともあの紙は何だったんだろう?
またもや途中で酸欠状態になりかけ、深呼吸。la la la laとかパラッパララ、パパッパラララ、歌わないと!
最後はThe Wrong Way To Beで締め。双子がロスの前に集まってひたすら演奏を続ける様子は見もの。兄弟っていいな。このまま終わらないでほし〜と思いながら見てました。最後はあっけなく終わってしまい、寂しい。

ライアンのダイブはなかったですね。男の子が少なかったのかな?気分か?靴を脱がなかったので、今日はないなとは思ってましたが。タバコも吸ってなかった。エラかったね。
2日ともめっさ近くで見たのに、1回も触らず。なんか、遠慮しちゃうんだな〜。後で思えばもったいなかったかも。それよりピック欲しかった!

大阪編のレポが長かったので、簡単に書いてみました。
3人まとめて家に連れて帰りたい〜〜。愛おしいわ・・・。かわいくてたまりません。初めて彼らのアルバムを聴いた時に「退屈。趣味じゃない。」と思った事が今では嘘のようです。(後からじわ〜っと来た)

ライアンのセットリスト。靴の跡が残ってます。
破けているのは近くの人とほぼ同時につかんでしまった為。もう片方の方、もしこれ見てたらごめんなさい。
f0035184_13145016.jpg

Our Bovine Public
Hey Scenesters!
Direction
You're Gonna Lose Us
Girls Like Mystery
My Life Flashed Before My Eyes
I'm A Realist
I'm Alright, Me
Don't You Wanna Be Relevant
I've Tried Everything
Women's Needs
Moving Pictures
You Were Always The One
Martell
Men's Needs
Mirror Kissers
Another Number
Ancient History

Shoot The Poets
The Wrong Way To Be

大阪のサウンドチェックでHello? Oh...をちょこっとやっていたので、もしや?と期待したけどやりませんでした。東京ではどうでしょう。行きたかったな、東京。翌日が仕事じゃなかったら無理してでも行ってたかも。最初から予定入れときゃよかった!
[PR]
by roisin_dubh70 | 2007-10-25 16:21 | 音楽

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70