THE CRIBS @心斎橋クラブクアトロ/ 22 Oct 07

(注:長いです。)
THE CRIBSのライヴに行ってきました。愛しのジャーマン兄弟・・・待ち遠しかったです。今年見た中でも(少ないけど)かなり上位にくるくらい良いライヴでした。最初から最後までほとんど叫びっぱなしだったかも。
どっち側(ゲイリーかライアンか)で見ようか迷ってましたが、運良く左のライアン側の最前列が空いてました。ふふ、セットリストと共にライアンの足元に貼られたのは、日本語用のカンペ(笑)。内容は始まってからのお楽しみにしようと、敢えて見ませんでした。

さて、メンバー登場にすごい歓声。ライアンはくわえタバコで、早速「まいど」。場内大歓声。大阪ではこの言葉をミュージシャンが言うとウケます。
1曲目はOur Bovine Publicから。最初から盛り上がりが凄いです。もうね、目の前でライアンが歌ってるってだけで嬉しいったらない・・・。しかも足、細いやん。ちょっと痩せた?
2曲目にHey Scenesters!なので、場内大合唱。双子の掛け合いヴォーカルが楽しい1曲。Directionをやるとは思わなかったですが、嬉しい驚き!ロスは立ってドラムを叩くし、椅子の上とかドラムの上にも後ろ向きに立って叩くし、その度に歓声が上がってました。

何曲かして、ライアンが着ていた革ジャン(しかも背中破れてる)を脱ぐと、下はよれよれの白Tでした。肌着っぽいやつで、裾が伸びてるっぽい(笑)。関係ないけど前髪揃ってるし。

You're Gonna Lose Usはイントロがかわいくて好き。なんかこの曲を聴くと熱くなってしまいます。確かGirls Like Mysteryだっけか、ライアンが後ろ向きでおしりフリフリしてたの。見逃しません(笑)
日本語もちゃんと下のカンペを見て言ってましたよ。発音はうまくないものの、言ってることはわかったし、何より日本語で伝えようとしてくれるその気持ちが嬉しいじゃないですか!単語だけではなく、一応文章になってたし。拍手!
確か「また大阪に来れて嬉しい・・・」とか「次の曲は新曲で・・・」とかそんな感じ。途中で何度か「アリガト」と言うのですが、ヨークシャー特有なのか、tの発音がない。「アリガオ」みたいな(笑)。

My Life Flashed Before My Eyesのギターには感動。この曲の間はほとんどライアンの手元ばっかり見てたような。細かい音の運びも丁寧に弾いていたし、感動しました。しかもここのクアトロはステージが低いので(膝下)、目線のちょっと下あたりにギターがくるんですよ。彼が正面に来た時には、ほんとに目の前なので、手も届く・・・けど触りませんでした。というより、触れません。私の指紋なんかつけたらもったいない。(触ってる人いたけど)

I'm Alright, Meは前作THE NEW FELLASの中でも結構好きなので嬉しい。最後のTake drugs, don't eat...のところは曲が終わったところで、またライアンが1人で静かに歌っていたのがいい感じ。
最近ライヴでも披露されている新曲Don't You Wanna Be Relevantもやっていました。ライヴの数日前から数回聴いていましたが、イントロからして元気な曲でいかにも彼ららしい合唱系の曲。来週シングルとして出ます。

3枚目のアルバムから割と多くやっていましたね。この日のセット全19曲中、10曲。3枚のアルバムのうち、一番好きなのは2枚目のTHE NEW FELLASですが、完成度ではやはり3枚目なのかな。確かにいい曲が多いです。中でもI've Tried Everythingはいいです。コーラスも決まってました。

それにしてもゲイリー、笑わない。なんか嫌な事でもあったのか?私が見た限り(時々は見てたさ)、ニコッともしなかった。目を合わすのが怖かった・・・。合ってないけど(笑)。ヒゲ面が素敵だ・・・。

双子の声はよく似ている。でも3枚目のアルバムから何となく区別がつくようになったかも!実際ライヴを見てみると、よくわかりますね。お兄ちゃんがリードとってる曲が結構多いですね。
中でもWomen's NeedsからMoving Picturesの流れはよかったです。お兄ちゃんが歌っている間、弟は割と後ろ向きになって黙々とギターを弾いている場面が何度かありましたよ。

Martell!!!ひたすら楽しい! la la la la can you hear me ♪ちょっとこの辺から私、若干酸欠気味。途中で深呼吸。叫び過ぎだって。
Men's Needsもライアンのギターに注目の1曲。あと、何の曲だったか、ロスがシンバルを叩いたら倒れてしまって、クルーの人が素早く直しに来てました。そのあとのロス、今度はわざと倒して反応を待つ(笑)。もちろん素早い手直し。ロス拍手。いたずら好き。Mirror Kissersでもドラムの上に立って叩いてました。

ライアンは「前に来たときはBIG CATでやったんだよね」とかいう話をして、ここで私も思い出す・・・。そう、KAISER CHIEFSのサポートだったんだよな〜。で、Modern Wayで3兄弟が飛び入りしたんだったよなあ〜。もう生ではああいう場面は見れないんだろうなあ・・・。

で、そのカイザーもカバーしたAnother Numberではイントロをライアンが弾くと、そのメロディをしばらく観客に歌わせて曲に入り、途中でもそのメロディで歌うように煽ってました。ほんと、歌いやすい。大好き。この曲も含めて、お客さん、どの曲もずっと大合唱でした。
曲が終わると、ライアンは履いていた茶色の革靴を脱いだ!靴下はなく、裸足。既にダイブする気満々?みたいな。
本編最後はAncient Historyで、アルバムの中でも特に好きな曲の一つです。それまでになかったタイプの曲ですよね。ライヴだとほんとかっこいい。ライアンは何かに取り憑かれたようにギターをかき鳴らしてアンプやらマイクスタンド(この日何度も倒れていた)にこすりつけたりしてました。

この日ステージでライアンが吸ったタバコ・・・最低3本。ちゃんと踏んで火は消していましたが、内1本は裸足で消してたよ!かかとで。

アンコールはShoot The Poets。ギターはアコースティックで歌はライアン。ゲイリーはドラム台に座って視線はほとんど弟の方へ。・・・・愛。
この曲はアルバムで聴いていた時は普通でしたが、このライヴのあとお気に入りになりました。
最後はThe Wrong Way To Be。また大合唱で、ライアンはまたギターをアンプにこすりつけ、Tシャツを脱ぎ、ダイブしたー!中央部だったので、私は免れましたが。皆ライアンに触ろうと必死(笑)。その間、ステージではゲイリーが冷静にギターとベースを一緒に持って何かやってたような。

クルーにステージに戻してもらった時に、ちらっと見えた左の腰のとこの傷跡。むむ。これはもしやあの時の!

いつまでもギターで遊んでるライアンを置いて先にゲイリーが帰り、ロスも帰りかけましたが、ライアンをひっぱるようにして連れて行きました。

楽しかった〜♪ ライアン・・・ますます好きになりました。何やっても許すよ。アゴから垂れていたのは汗ではなく、よだれっぽい。でもいいって。気にしないから。

セットは多分こんな感じ

Our Bovine Public
Hey Scenesters!
Direction
You're Gonna Lose Us
Girls Like Mystery
My Life Flashed Before My Eyes
I'm A Realist
I'm Alright, Me
Don't You Wanna Be Relevant
I've Tried Everything
Women's Needs
Moving Pictures
Martell
Men's Needs
Mirror Kissers
Another Number
Ancient History

Shoot The Poets
The Wrong Way To Be
[PR]
トラックバックURL : http://roisindubh.exblog.jp/tb/6651945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from My Territory at 2007-10-26 00:07
タイトル : The Cribs @ Ebisu Liquid Room
久々のGig! 行って来ましたジャーマン兄弟!! やっぱり生演奏は最高ですっ。やっぱり音楽が好きですっ。(ってほとんどGig行く度に言っていますが)。 今日は会社も夜7時までだったのと(演奏がスタートするのと同じ時間)誰も観に行きたいと言う人がいなかったので(何故〜? 人気無いのです私のまわりでは)一人だったので、ああどうしよう行くの止めようかななんてちょっと思ったのですが会社が終わったら足はもうライヴ会場に向かっていましたね(笑)。 30分遅れて会場に到着。もう結構演奏したんだろうな〜H...... more
Commented by korekorekoreda at 2007-10-27 00:19 x
私も気になりましたーライアンの腰の傷!!結構大きかったのでビックリしました!!
Commented by roisin_dubh70 at 2007-10-28 01:18
korekorekoredaさん、
あの傷、くっきりと残ってましたね。痛々しい・・・。もはや伝説化してますね。
Commented by 033_MFS at 2007-11-19 00:40
遅ればせながら熱いレポを楽しませてもらいました!
結局、3公演同じ肌着T(笑)着てましたが、友人によるとジーパンはどこぞのブランドらしいので、あれでもこだわり!?あるみたいですね。
あのカンペはヒアリングしたままを英語に当てはめて書いてるので、発音が日本語に聞こえないということが分かりました。
ギターにタッチしないRoseさんは心配りのあるファンですね!
Commented by roisin_dubh70 at 2007-11-20 00:09
033さん、
インタビュー映像でもあのシャツだったので、もしかして日本滞在中ずっとあれだったのかも??そういえば、ジーンズに何か模様があったような。ブランドものとは(笑)
カンペの写真はどこやらで見たのですが、ローマ字じゃなかったですね。他の外国ではどうなんでしょう?

あのギターは最近ずっと使ってますよね・・・触る勇気がなかったです。
by roisin_dubh70 | 2007-10-25 02:27 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(4)

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70