THE CRIBS/KAISER CHIEFS @BIGCAT 1月27日 

 今日のライヴもすごいよかったですよ〜!まず、サポートのTHE CRIBS。昨日の名古屋はそこそこ盛上がっている感じでしたが、大阪では最初から思いっきり後ろから波が押し寄せるほどで、割と歌っている人も多いしよかったです。
 このバンドはゲイリー(ベース)、ライアン(ギター)、ロス(ドラム)のジャーマン3兄弟によるもので、ゲイリーとライアンは双子です。ヴォーカルはその2人が担当していて、ビデオなど映像を見たことなかった私はライヴを見て初めて交互に歌っていることを知りました。声がよく似ているので気づきませんでしたよ。 時々、ロスはドラムを立って叩いたり、いすの上(もしかしてドラムの上?)に立って前屈みになって叩いたりと見ていておもしろい。このバンド、今回のライヴで大好きになりました。一緒にツアーしたいと申し出たカイザーの皆さんにも感謝です。
 アルバムも最初はう〜ん?て感じだったのが何回か聴いていくうちに頭からメロディが離れなくなってしまいました。カイザーの皆がお気に入りというのも納得です。

 さて、KAISER CHIEFSです。クリブスの時に既に厳しかったのに、さらに後ろから押され、身動き出来ない状態でも思いっきり歌う!(笑)カイザーの良さは、まず曲の良さ。一度聴くと頭から離れないメロディとコーラス(それも一緒に歌える)。歌詞が結構皮肉っぽかったりしておもしろい。そしてライヴでは特にヴォーカルのリッキーのパフォーマンスがもう、壊れるんじゃないかと思うくらい走り回ったりジャンプしたり、寝転んだりと忙しい。演奏ももちろんうまいし(下積み長いですから)徹底して観客を楽しませるその姿勢が見る側にも伝わってきて、こちらも大声出して応えると。まあ、一言でいえば「楽しい。」それに尽きます。
 途中でリッキーの姿が消えた、と思ったら何と会場の一番後ろにある階段の一番上にいた!そこからゆっくり降りてきてあとはステージまでお客さんの上をゆっくりと運ばれていきました。彼はよく観客の中にダイヴしますからね。しかしいつも思うんですけど、大勢の人の手が体中触ってるのって気持ち悪くないんでしょうかね?

 大阪はこのツアーの最終公演だったので最後ならではのオマケが!'Modern Way'の時にリッキーがクリブスのメンバーを紹介してステージに呼び、ライアン、ゲイリーがヴォーカルを交互にとって、そしてリッキーも一緒に歌い、ロスはタンバリン。最後のカウベルもロス。やったー!嬉しい〜!ほんと、このバンド同士、仲がいいんですよ♪大阪でこういうのやってくれて良かったです。だって東京は回数多いし、しかもクリブスの単独公演あるし。贅沢だ。大阪で見て良かった♪
[PR]
トラックバックURL : http://roisindubh.exblog.jp/tb/531981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by roisin_dubh70 | 2006-01-28 02:50 | KAISER CHIEFS | Trackback | Comments(0)

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70