ROOSTER / Live in Osaka

@IMPホール 11月20日

ROOSTERの日本公演最終日の大阪は燃えた!!私も目一杯はしゃいでしまいました。一週間で3回も彼らのライヴが見られるなんて幸せ〜と思う反面、「今日で終わりか・・・」という寂しさで複雑。
大阪は番号よくなかったので、最後だし中央で見るか、たまにはベン側(右)でも見てみるか、と思いながら会場に入ると、「むむ、左(つまりルーク側)空いてる!」のを発見。自然と足はそちらの方へ(笑)やっぱし私はルークファンだったんか・・・。最前列は埋まっていましたが、端がちょっと斜めになっていて、そこなら荷物も置けるし(ここコインロッカーないんよね)、柵に上着もかけられるし、なんたってルークを見るには絶好の位置!いざ始まると隣の人がちょっと中へ寄ったので、結局ほぼ最前列ですやん!

7時ちょうどに場内暗転して、少ししてからメンバー登場。On The Roadから始まりました。おや、ルーク、赤!!
f0035184_23164854.jpg

これ、今回のツアーでは初めて見ました。やっぱりちゃんと持ってきてたんですね。
Joyrideは今回のバージョンでもすごいかっこいいですね。アルバムの曲をそのまま再現しないのが彼ら流ですが、中でもこの曲のアレンジはすっかり気に入りました。そしてI Come Aliveはかっこいい。途中までは大体同じようなセットでしたが、ここでもIn Your Headをやりました。曲が終わってニックがまたもや「この曲は日本のファンへ」と言っていました。嬉しいじゃないですか。

ニックはよく日本語で「ありがとー」と言っていましたが、ふと「ただいま」と言ったので、場内大喜び。それが彼には嬉しかったらしく、「やった!ウケた!」とでも言いたげな満足げな表情をしていました。で、ルークを見るとステージ上では珍しくニコニコ顔。こっちも自然と笑顔になってきますね。そして始まったのはHomeでした。そうか、だから「ただいま」なのか。

Drag The Sunrise Downとかその他の曲でもですが、ルークのソロは何だか聴くたびに違うような気がするんですけど。私の覚えが悪いのか・・・。ま、かっこいい事には違いない。
そして、ちょっと意外だったのはNo Diggityでした。この曲は生で聴くのは初めてで、というかまるまる聴いた事ないです。確かラップ系アーティストのカバー曲でしたね。なので、演奏が始まったときは「何?」と思いました。以前のオフィシャルサイトを開くと、一時期この曲がずっと流れていた事があったので、「おお、これがあの曲ね!」と一人納得(笑)

この曲の間だっけ、ニックが観客を左右に分けて合唱大会やりました。ニックが「分かれて!ほら、分かれて、あいだ空けて!」とお客さんに指示。本当に分かれてたんやろか。で、ベン&デイヴチームと、ニック&ルークチームで競いました。ニックとベンがそれぞれ「hey-yo,hey-yo,hey-yo,hey-yo〜(多分こんな感じ)」と歌った後にお客さんが歌い、どっちがでかい声で歌えるかってやつ。ニックの声には慣れていますが、ベン単独で歌う?のは珍しいのでちょっと感動した!最後のYo〜と伸ばすとこがなんかかわいいんですけど。
最後には皆で合唱。ニックが「僕らが勝ったね」と言い、私ら大喜び。この曲ではニックの変な?動きに拍車がかかってました。すごい楽しそう。

おなじみSatisfaction(もうええって。)やって、Unexpectedly,Haloと続き本編終了。Haloかっこいい〜〜。このギターですよっ!
f0035184_072173.jpg

アンコールの1曲目はBreatheで、7月の来日公演では東京でしか演奏されず残念に思っていたら、ここでやってくれた!嬉し〜〜。聴きたかったんですよ、これ。なんかもう、いかにも英国産バンドらしい曲ですね。
So Longのイントロはアルバム版にちょこっと追加されて作ってあって、ベースから入ってそこにギターが加わる形でかっこいいのですが、ベンが弾き始めた時点で歓声が上がってました。はて?全ツアでもしてる方々でしょうか。普通はちょっと聴いただけでは何の曲かはわからないと思うんですけど。ま、とにかくここで盛り上がったあとは、ライヴでは欠かす事のできない曲が続きます。
Staring At The Sunはもちろん大合唱。最後のほうでニックがマイクスタンドを観客に向けてコーラス部分を丸々歌わせてくれました。この曲でルークが弾いていたゴールドのギターがライトに当たってキラキラしてきれいでした。
そしてそして、大、大、大好きな(しつこい)You're So Right For Meで、私の中では何回目かの爆発(笑)

2回目のアンコールでCome Get Someやってくれました。ニック、シャツ脱いで登場(笑)ルークもキレキレで、動きも段々激しくなっております。で、来たんですよ!ステージ横のスピーカーを積んでる台のとこに。私のとこからは微妙に手が届かん・・・。でも近い!(ニックもあとで来てくれた)ステージに戻るまでずっとルークを見ていたので、ふと気づくとベンがドラム台からちょうどジャンプしたとこでした。

最後はGood To Be Hereでまたもや爆発。いい曲です。かっこいい。この手の曲をもっと作って欲しいと思います。この曲だったか、ずっとルークを見ていて気づかなかったんですが、ふと見るとベンがドラム台のとこでコケてた??ドラムセットの一部を倒したのでクルーの人が飛んできて直してましたけど。足、大丈夫だったんかな。でもあとで懲りずにまたジャンプしてたので平気だったのかな。好きだね〜、飛ぶの。

終わったのは8時40分過ぎだったので1時間半以上はやったと思います。曲も21曲と、最終公演らしくたくさんやってくれて満足です。ちゃんとメンバー紹介もやってたしね。あといつもニックが「僕たちルースターです」って言うんだよね・・・笑。最後にはちゃんと「僕たちルースターでした」って言うし。いつも笑ってしまう。

ちょうど一年前の初単独ツアーの時と比べて確実にバンドとして成長していました。ベン&デイヴはバンドの要として結構安心して見ていられるようになったし(笑)、ニックは堅さも抜けて最初からリラックスした様子だったし、ルークは・・・もう余裕ですね。ギターの上にちょこっと乗ったポッコリ腹も含めて・・・(はっ!もしや禁句??)

あと一つ欲を言えばGet Upやって欲しかったです。

On The Road
Joyride
I Come Alive
Standing In Line
Everything Moves So Fast
In Your Head
One Of Those Days
She Don't Make Me Feel
Clear Skies
Home
Drag The Sunrise Down
No Diggity
Satisfaction
Unexpectedly
Halo
---------
Breathe
So Long
Staring At The Sun
You're So Right For Me
---------
Come Get Some
Good To Be Here

ルークのリーバイスのジーンズを見ていて思い出したんですが、7月に大阪のリーバイスストアで人間コピーしたポスターは、その後どうなったんやろ。あれからお店に行ってないのでポスターはまだ見てません・・・。いつか行こうと思いつつ、もう11月。
[PR]
トラックバックURL : http://roisindubh.exblog.jp/tb/3860458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from リーバイスレッドでワンラ.. at 2006-12-14 22:49
タイトル : リーバイスレッド
リーバイスレッド製品の紹介など。 ... more
by roisin_dubh70 | 2006-11-22 23:11 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(0)

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70