THE FUTUREHEADS@心斎橋クラブクアトロ/4 Sep 2006

THE FUTUREHEADSのライヴに行ってきました。結論から言うと、あんな楽しいものとは思わなかったです。とにかく良かった、の一言です。彼らのライヴがクアトロみたいな小さなとこで見られるなんて・・・と思いながら会場に着くと、人が少ない・・・。あれ?いくら平日だからって、この少なさは何?初めての大阪公演なのに。もう余裕で2列目空いてるし(笑)開演まで床に座って待ちましたよ。

半分くらいは埋まってるのかなあ、とちょっと不安になりつつも、いざメンバーが登場すると結構な盛り上がりで少し安心。Yes/Noから始まって、皆Yes!No!の大合唱。よしよし。

私は左側のギターのロスの前で見ていましたが、1曲目が終わるとメガネを取ってマイクスタンドの下あたりに放ってました。この人、メガネないほうがいいと思うんですけど。すごいきれいな目をしてるなあと、ずっと見ながら思ってました。

まあ、そんなことはさておき、その後もArea,Meantimeと続くのですが、さすがにアルバムも2枚出しているだけに演奏もかなりうまいし、ノリ一発的にガーッといくのかなと思っていたら割と丁寧ですね。それにコーラスもすごいきれいし。こういう音楽で分厚いコーラスってのが、私がこのバンドを好きな理由なのですが、4人全員が歌えるのがライヴでも発揮されていますね。反対側にいたベースのジャフは自分のパートじゃないとこでもマイクから離れて歌ってましたね(笑)。ずっとメンバー同士、顔を合わせては笑っていたのが印象的でした。
皆さん、大きい方々なのでステージが狭く感じます。

途中、ロス側とジャフ側に分かれて彼らについてOh,Oh,Ohと歌いながら始まったのはHounds Of Loveでした。こういう演出も好感持てるなあ♪

本編最後にリードヴォーカルのバリーが「次の曲が最後だ」と言うと、皆「えぇ〜!!」だの「No〜!!」だの叫んで、メンバーもちょっと嬉しそう☆ジャフが皆に「ブーイングしなきゃ」と言って皆「Booo」とやると笑ってました。

アンコールでは3曲。He KnowsではOh〜Oh〜のところで自然と大合唱になり、Worry About It Laterではこれまたきれいなコーラスで、アルバムの中でも好きな曲なので嬉しい!
最後のCarnival Kidsは主にロスのヴォーカルですが、とにかくメンバー皆が参加するので見ていて楽しいです。

2枚のアルバムから9曲ずつ、18曲演奏されました。18曲もやって1時間ちょっと。いかに1曲が短いかよくわかる・・・笑。あっという間でした。できればNews And Tributesもやって欲しかったです。
お客さんの入りはよくなかったですが、(最終的にはどうだったんでしょうか?)この日のライヴを体験出来た人は幸運だったと思います。
今日は名古屋ですね。行けるものなら行きたい・・・。

Yes/No
Area
Meantime
Cope
The City Is Here For You To Use
A To B
The Return Of The Berserker
Fallout
Stupid And Shallow
Skip To The End
Favours For Favours
Hounds Of Love
Back To The Sea
Decent Days And Nights
Man Ray

He Knows
Worry About It Later
Carnival Kids

Reading Festival2006の映像が3曲だけですがこちらで見れます。
オフィシャルのフォーラムに出てました。
あとTHE CRIBSも!!!
[PR]
by roisin_dubh70 | 2006-09-05 15:23 | 音楽

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70