The Cribs@UNIT/6 Nov 2013

The Cribs来日公演2日目も前日と全く同じ場所で見ました。
でもライアンは珍しくよれよれでもなく破れてもいない服で登場。
予告通り、この日はしばらくライブでやってなかった曲も演奏されて、聴き応えがありました。

この2日間はセットリストも濃いけど、お客さんも濃い。やっぱりほとんどの曲で大合唱が起こってメンバーも凄い嬉しそう。
To Jacksonは初めてなのかな。日本では独自企画盤のArigato Cockersに入ってるけど、久しく聴いてなかった〜。でも嬉しい。あ、Payolaにも入ってたか。

どの曲だったか、ライアンがギターを弾きながら片足を前の柵にかけてそのまま観客の中へ入っていった・・・・。ギターがあるのでちょっと体を横にひねってたけど。もう・・危ないなあ。
そういう私もちょこっとふくらはぎ辺りに触りました(笑)
ギターを持ったままステージに戻る時、ライアン下に落ちそうになってたけど何とか持ち直してた。ああ、ドキドキする。ケガしないでね〜。

ゲイリーが歌うAnna好きです。
あと、ライアンが1人で前に出て歌う時は、ゲイリーがドラム台に座るのだけど、視線はいつも弟のほうなんだよねえ♪ていうか、並んでる時も大体弟のほう向いてるけど(笑)

Be Safeが始まった時に後ろのスクリーンの映像がなかなか出なくて、どしたんやろと思ってたら、ロスがスティックで指示出して一発で出たのには笑った!

The Wrong Way To Beで終わるのは嬉しい!
2日間のライブはPayola出した後でもあって、ベストな選曲でした。

この日の日本語:
ゲイリー「昨日カラオケに行きました、疲れた」など
ライアン「さんじゅう何とか・・・・」(意味不明でお客さんもシーンとなってたのでそれ以上言うの諦めてた・・・残念だったね)
私がこれまで見た彼らのライブ(東京以外)の中で一番英語を喋ってた気がします。
最後のほうでゲイリーが「にほん、あいしてる」と言えばライアンも「にほん、だいすき・・・forever」と言って皆を喜ばせてくれました。
もちろん私もThe Cribsを愛してます。この先もずっとです。

1時間15分くらいでしたが、濃密なライブでした。楽しかったです。

セットリストは見せていただきました。

1. Chi-Town
2. Hey Scenesters!
3. I'm A Realist
4. I'm Alright Me
5. Come On Be A No-One
6. Glitters Like Gold
7. Cheat On Me
8. Direction
9. To Jackson
10. What About Me
11. You're Gonna Lose Us
12. Anna
13. Another Number
14. We Can No Longer Cheat You
15. Be Safe
16. Our Bovine Public
17. Men's Needs
18. The Wrong Way To Be
[PR]
by roisin_dubh70 | 2013-11-18 22:17 | 音楽

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70