Stereophonics@LIQUIDROOM/12 AUG 2013

サマソニ大阪で見た翌日、単独で見られる幸せ。
前日は1時間だけのセットでしたが、この日はたっぷり1時間40〜45分くらい。

Sallyさん達と合流してアダム側の前の方で見ました。
そういえば単独のときはいつもアダム側だなあ・・・。実はリチャード大好きなのだけど、ギター側で見るのが好きなんです。

サマソニと同じくCatacombから。疾走感のある曲で、既に中央寄りのお客さんは揉みくちゃっぽい。
2曲目のLocal Boy In The Photographでももう合唱してしまうのだけど、めちゃ暑い。小さい会場で、もちろんチケ完売なので密集度が違う。
最初の3曲くらいかな、スピーカーの近くだったのでしばらく耳が痛かったです。

アルバムGraffiti on the Trainからタイトル曲。物悲しいメロディと後半のギターが好き。
今回のアルバムからは7曲もやってて嬉しかったのだけど、前作からBeerbottleは予想外。もちろん好きな曲ですけど。

Roll The Diceは大好きなのだけど、ちょっと水戸黄門入ってるよね。Metallicaも以前やってたし。
ドラムのジェイミーさんはつい名前を忘れがちなんだけど、体が大きいせいなのか動きも大きく見えて何だか熊さんみたいでかわいいです。

ケリーの声が堪能できて嬉しいBeen Caught Cheating
Maybe Tomorrowは毎回聴きたいなあ。

ほとんどが合唱曲になって、一体感凄いです。でも前方にやたら動きの激しい人がいて、見ていてハラハラしてたのだけど、バンドの事が大好きな気持ちはわかる。でももうちょっと周りの事も考えてほしかったなと思います。

そういえば前回Troubleの時の中間部分のギターがアダムのとこしか聴こえなかったの思い出しました。今回はちゃんとバランス取れてたかも。

1枚目からも意外とBilly Davies Daughterやったりなんかしてこれも予想外で歌詞後半しか覚えてなかったわ〜。

最後はDakotaで締めやけど、早いっ!と感じたくらい濃厚なライブでした。
次のアルバムの曲はもう完成しているらしく、来年出る予定だそうです。そうなればまた近いうちに来てくれるかも、とちょっと期待してしまいますね。

1. Catacomb 

2. Local Boy in the Photograph 

3. Superman 

4. Graffiti on the Train 

5. We Share the Same Sun 

6. Indian Summer 

7. I Wouldn't Believe Your Radio 

8. Pick a Part That's New 

9. Mr Writer 

10. Could You Be the One? 

11. Beerbottle 

12. Roll the Dice 

13. Violins and Tambourines 

14. Been Caught Cheating 

15. Maybe Tomorrow 

16. Just Looking 

17. More Life in a Tramp's Vest 

18. Trouble 

19. Have a Nice Day 

20. The Bartender and the Thief 


21.Billy Davey's Daughter 

22.A Thousand Trees 

23.Dakota

日本での滞在の様子などをインタビューで語っています。
Wales Online
[PR]
by roisin_dubh70 | 2013-08-26 15:58 | 音楽

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70