THE DARKNESS in Osaka

@IMPホール 4月20日

THE DARKNESSのライヴに行ってきました。観客の入りは今ひとつだったかもしれませんが、盛り上がりはすごかった!楽しかった!やっぱ、かっこいいです。ヴォーカルのジャスティンの徹底したエンターテイナー振りで観客を笑わせ・・いや、楽しませてくれました。

開演前かかっていたQUEENのDon't Stop Me Nowが終わるとすぐ暗転、今度はABBAのArrivalがかかり、メンバーがかっこよく登場・・・するのにジャスティンは反対側まで一気に走っていきました。どこ行くねん。ちゃんと戻ってきて演奏が始まりました。

今回のライヴの情報を得ていなかったので(セットリストも含め)ちょっと新鮮な目で見る事が出来ました。彼らのライヴは2003年11月にクアトロで一度見ているのでジャスティンの変な動き(?)とかには慣れていましたが・・笑

オープニングから一気に新しいアルバムから3曲、シングルになったOne Way Ticketが早くも2番目に登場。皆で合唱しやすいし、自然と体がリズムに乗ってしまいますね。

新ベーシストのリッチーはずーっと笑顔でした。好感持てます!前任のフランキーは少しおとなしめでしたが、リッチーはアクションもかっこいいし、ジャスティンがよくからんでました。

ことあるごとに笑いを取ろうとするジャスティン、目が離せません。今回のアルバム収録の曲によってはキーボードを使用する為、ステージ中央に移動式のものを持ち込み演奏し、多才ぶりを披露。

どの曲でどんなだったかって、いちいち覚えてません!とにかくどの曲もかっこよくて(それしか言えない)いい曲ばっかりだなあと思いました。ロックっていいな!!

Love On The Rocksではジャスティンが皆に自分と同じように歌えってマイクを向けるのですが、高い声はちと苦しい・・・

お調子者ジャスティンと対照的なのが、ギターで弟のダン。安定したリズムで黙々と弾き続け、たま〜に中央に出てソロを弾く姿がこれまた好感持てます!私は左側(すなわちダン側、狙ってました)にいたのでほとんど彼のことを見てたんですが、THIN LIZZYシャツ欲しい〜っ!彼の制服と言えるほどデビューした時からずっとリジィシャツ着てます。この日のやつは黒地に白いロゴのシンプルなもの。確か初来日した頃のインタビューで「あのTシャツは特注」だと言っていました。私も欲しいんですけど!

何の曲の時だったか、ジャスティンがマイクを観客に向けていた時に発見した遊び・・・マイクをダンに持たせて自分は腕をパタパタさせて脇をバフバフ鳴らしてた・・・何しとんねん。思いっきし笑った!

Friday Nightは前回はキーボードは使わなかった(と思う)ですが、今回はせっかくだからか使って、「Friday night♪」のとこはお客さんに歌わせていました。皆ちゃんと歌いましたよ。

AC/DCのHighway To Hellが始まってちょっとびっくりしていたら、さらにびっくり。何とリッチーがリードヴォーカルですよ!結構うまいし。Black Shuckの時にはベースソロまでするし、もうすっかりバンドに馴染んでました。よかった、よかった。

本編最後はおなじみのI Believe In A Thing Called Loveで、目一杯盛り上がって、アンコールへ。出てくるまでに少し時間がかかってましたが、それはきっとジャスティンの衣装替えがあったからだと思います。本編途中でも一度上のシャツだけ変えてましたけどね。アンコールで出てきたのは上下白でいろいろ飾りのついたやつ(笑)

この辺で日本人の警備の人が何人か柵の中に入ってきていたので「むむ。もしかして?嬉しい予感??」と思いつつ曲はBaldに。この曲、歌詞は冗談っぽいのですが、メロディとかすごいかっこいいんですよねえ。さすがに皆「Bald!」とは叫んでませんでした。
そして、後半、ジャスティンがギターを持ったままクルーの人に肩車してもらって観客の中を移動したんですー!ステージ右側から降りて真ん中あたりで横切り、私のいた左側まで来たーーーっ!すぐ目の前に!ちょっとだけお触りしてしまいました。ふふ。周りのお客さんもジョン・ボン・ジョヴィの時(この時はまるっきり反対方向で、かすりもしねぇ)と違ってそれほど熱狂的にならず、暖かく見守っていた感じでした。
前回来日時にも同じ事やってたので、ひょっとして、と思ってたんですよ。ラッキーでした。

でもジャスティン、この時すでに上半身裸になっていたのでさすがに地肌に直に触るのはどうも・・・(だって汗が・・・)だったので腿にしときました・・・笑。
すこ〜しはみ出たお肉がちょっとね。もちもちって感じ。

初来日の時はアルバム1枚だけだったので演奏曲も少なく、あっという間に終わってしまいましたが、今回は2枚のアルバムからほとんどやってくれたのでカバー曲も含め計18曲、堪能しました。やはりあっという間でしたけどね。

Tシャツも欲しいが、気になったのはダンがしていたベルトのバックル。ダークネス印(?)のやつだったような。ずっと気になって仕方なかったです。売ってるんかしら。非売品なら余計欲しい。

Knockers
One Way Ticket
Is It Just Me
Growing On Me
Givin' Up
Black Shuck
Love On The Rocks With No Ice
Love Is Only A Feeling
Seemed Like A Good Idea At The Time
Blind Man
Hazel Eyes
Get Your Hands Off My Woman
Friday Night
Girlfriend
Highway To Hell
I Believe In A Thing Called Love

English Country Garden
Bald

ジャスティンネタだけで何ページでも書けそうなくらいツッコミ処満載なバンド。楽しいライヴでした。時間、金銭的余裕があれば名古屋も行きたかったくらいです。
[PR]
トラックバックURL : http://roisindubh.exblog.jp/tb/1873569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from cafe Tyotyog.. at 2006-04-25 00:25
タイトル : The Darkness Live in Studio ..
ハッキリ言って最高のライブだった。お気に入りのバンドのライブなんだからもちろんそうなんだけど、それだけじゃない。まずライブ会場のキャパ具合がよかった。新木場にある【Studio Coast】で行われたんだけど、オールスタンディングで2000ちょっと位のキャパでどこから見ても近いし、音もGOODなのだ。ワンドリンク付きでビール飲みながら楽しめるってのもいいね。これぞ、ライブ~!!って感じでね。ダークネスはデビューから日が浅く、現在まで2枚しかアルバムを出していないので、ライブではほとんどの曲をやった。こ...... more
Commented by tyotyogire at 2006-04-25 00:30
トラバありがとうございます。The Darkness最高でした。
東京のライブでは、ダン君はピンク地に黒字(もしくは紺字)のリジィTを着ていて、すごく欲しかったです。
ジャスティンのギターがドンドン変わるのも楽しかったですね。
赤ラメラメのがキラキラ派手派手で一番好きでした。
Commented by roisin_dubh70 at 2006-04-25 20:23
リジィシャツはいろんな色のがあるので、どれでもいいから1枚くらい欲しいですね。ジャスティンはJUSTINと名前の入った派手な柄のギターも使ってましたね。見ていて飽きなかったです。
by roisin_dubh70 | 2006-04-22 02:07 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(2)

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70