Muse@Saitama Super Arena/11 Jan 2013

Museのたった2日間の日本公演に行ってきました。
何から書いていいかわからないくらい圧倒されっぱなしで、今も頭の中はMuseだらけ。

まず初日。ここ数年、関東遠征の時にはいつもお世話になっているsallyさんとお友達と会って話してたら開場時間ちょい過ぎてしまい、でも整理番号よくないからと余裕こいてたらもう自分の番号はとっくに過ぎてた(汗)

焦りつつ中に入るとさすがに中央寄り柵際は全部埋まってた(泣)
まあ、それでもARブロック中央通路側の柵寄り二人目で、前からだとちょうど半分くらい後ろかな。私としてはドラムがちゃんと見えれば文句ないので、まあまあの場所。

前座はこの日のみ日本のChampagneでした。全く知らなかったのですが、嫌いではない音。ドラムさんが濃いなと思いました。
日本のバンドなのになんで英語で挨拶するのか不思議です。

鉄拳さんが来てたそうで。私も振り返って見たらちらっと見えました。あのメイクとあの衣装で!ファンの方々と握手して回ってたようです。

ほとんど定刻通りの7時少し過ぎ、Unsustainableで始まり。CDで聴くのとは全然違ってめちゃかっこいい!生音がこんなに響いてくるなんて。
しかもマットの前髪が立ってておでこ全開(笑)。衣装はギラギラバージョンじゃなかったです。
ドムは二の腕ばっちり観察できるシャツでありがとう。

新譜から続けてSupremacy、こっちが歌うタイミングがよくわからんが、受けてた。
そして最近セットから時々外れてるMap Of The Problematiqueやってくれた!もちろんドム注目で。最後の決めポーズも見た。

その後ステージの上にあったスクリーンがゆっくりと降りてきて逆ピラミッド型になっていって、そのときの音とか赤いライトなんかが何となく宇宙船ぽくてかっこよかったです。
Panic Stationが始まるとそのスクリーンに小さなテレビ画面がたくさんあって、それぞれにピンクだか紫だかの踊るエイリアンみたいなやつが映ってて、笑えました。

Supermassive Black Holeはあってもなくてもいいかなと思うのだけど、サポートのモーガンさんの動きがめっちゃ激しくて面白い。

Resistanceも大好き。ドラム注目で。最後の声を伸ばす部分はまたwoooになってましたね。やっぱ辛いのかな。
ドムはしっかり見えるのに、マットがほとんど見えませんでした。左右に移動してるのも気づかないくらいだったし。ほとんど正面のドムを見ていたので、見えなくて当然か(笑)。
クリスは大きいので、割とどこにいてもちゃんと見えてたんだけどなあ・・・
ベースのネックが光ってるのいいよね。

この日はそれほどぎゅうぎゅう詰めではなかったのか、割と前の方にしてはゆったりと見ることができました。もちろん周りの人たちもそれぞれ歌ったり腕を振り上げたりしていてちゃんと楽しんでたようなので、いつもこういう感じで見たいな。

新作の中でも特に好きなAnimalsはドラム注目。特にどこで盛り上がったらいいのかわからないのだけど、後半かっこいいんだわ。

クリスのハーモニカ、ちょっとトチってたけど、えっもう?て思ってしまった。あんなに盛り上がる曲をこんな前半に持ってきて・・・と思ったけど、それだけ後半の選曲にも自信ありってことなのかな。
Knights of Cydoniaはもちろんイントロから皆で大合唱です。途中のコーラス部分の歌詞はいつもスクリーンに映るので、うっかり歌詞を覚えてない人には便利ですね。(私じゃないよ)

クリスとドムのジャム、これもまたかっこいいんだなあ。いつもクリスがドラム台のとこに行って弾く姿がいいですね。
実は新作の中で特に好きな曲がもう一つ、それがExplorersなのです。
マットはピアノを弾き、歌もうまいなあと感心。この日はほんと、よく声が出てました。
ドムがドラム叩きながら、ちゃららんと鳴らす音もきれいで(何ていうのか知らない)、ライブで聴けて嬉しかったです。

続いて何とExogenesis: Symphony Part 3 (Redemption)ですよ。スクリーンには昨年話題になったあのパラパラ漫画の映像が!
いや、びっくり。
先日テレビ出演した時にライブで使いたいと言っていましたが、ほんとにやるとは!しかもまさかこの曲とは!使うとしたらFollow Meかなと思ってたので。
世界初ですよ。Exo part3は。Part1は前回のツアーでも使ってたけど、あとはライブでの再現は難しいと言われてたから嬉しかったです。

おなじみのTime Is Running Outでは静かだった会場が一変してお客さん合唱の時間。
Liquid Stateはクリスのヴォーカル曲なので、ステージ中央で歌い、マットはドムの後ろに立ってギターに専念というとても珍しい構図。
クリスの声は元々好きですが、こうやって丸々1曲歌うのは今回のツアーが初めてなので、とても新鮮に感じます。曲自体メタルっぽいので、ドラムも忙しそうです。

Madnessが意外と受けててびっくりしたんですけど。初めて聴いたときはなんじゃこりゃと思ったもんですが、こうやって生で聴くと結構いい感じ。
マットがかけてたサングラスは「スッキリ」でもかけてたやつかな。ちっちゃい映像が出てくるの。テレビでは誰にも突っ込まれることなく終わってたけど。
Follow Meではマットはギターも持たず、マイクだけ持ってうろうろしながら歌ってました。手拍子を煽ったり、多分床に膝ついたりして(見えへんし)、かなり動きが自由な様子。

それにしてもマットの日本語の発音うますぎ。「どうもありがとう」とか普通に日本人が言ってるみたいやし。「トキオー」(これ言うたびに誰かがかならず「さいたまー」と言っていた・・・笑)「サイコー」「ニッポーン」などなど。たまに意味不明のマシュー語あり。

Undisclosed Desiresではドムの電飾サブドラム復活。マットはまたもやマイクのみ。あれ、キーターはどこいったんやろ。
片手を上げて大きく左右に振ってお客さんにも同じようにやれと。なんか恥ずかしいんですけど。たまにこれやるアーティストいますが、私はそのときの気分によってやったりやらなかったりですが、相手はMuseさんなので、一緒に手を振っておきました。
そして姿が消えたと思ったら、下に降りて通路を練り歩くのでした。通路沿いのお客さんはラッキーでしたね。私もすぐ近くで見たものの、手は届きませんでした。

ギターがぎゅんぎゅん鳴って始まるPlug In Babyでお客さん大盛り上がり。ルーレットによる選曲という演出でこの日決まった曲はStockholm Syndromeでした。やっぱりこの曲ないとね〜。
めちゃ大騒ぎしたあとはちょっとジャムがあり、その途中で上からスクリーンがピラミッド型になって降りてきてメンバーを包み込んでしまうという演出。隠れたあともしばらく演奏は続いていました。
そして本編終了。

ステージが暗くなることはなく、Isolated Systemが流れる中、スクリーンには映像が映し出され(少年達がやたら走ってて、車のナンバープレートがhelium 3になってた。細かい演出やわ)、それが終わるとUprising!まあ、正直内容が濃すぎて、この曲の存在をうっかり忘れるとこやったわ!
マットとクリスはステージ両端のお立ち台にいるのにドムはまだピラミッドに入ったまま。曲はそのまま進行し、スクリーンにはカンフーキックするドムが。
途中でスクリーンが上がっていくと、そこには本物のカンフードムが。(笑)

2回目のアンコールではおなじみStarlightね。
2006年に初めてこの曲を聴いたときはなんとポップで赤面もののラブソングなんや・・・と思ったけど、ライブでは最強。あの一体感が好きです。

一番最後はこれまた忘れかけてたSurvivalで、この曲も完全にライブ向きだと思います。
最後のほうのドラムのどんどこどんどんが好き。

1.Unsustainable
2.Supremacy
3.Map of the Problematique
4.Panic Station
5.Supermassive Black Hole
6.Resistance
7.Animals
8.Man with a Harmonica + Knights of Cydonia
9.Montpellier Jam + Explorers
10.Exogenesis: Symphony Part 3 (Redemption)
11.Time Is Running Out
12.Liquid State
13.Madness
14.Follow Me
15.Undisclosed Desires
16.Plug In Baby
17.Stockholm Syndrome

Encore

18.Isolated System
19.Uprising

Encore 2

20.Starlight
21.Survival

(Muse Wikiより)
[PR]
by roisin_dubh70 | 2013-01-15 23:47 | 音楽

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70