The Cribs@Umeda Club Quattro/21 Jun 2012

The Cribsを見て来ました。
梅田移転後、初のクアトロ。地下鉄に乗らなくていいので便利です。泉の広場も久々に行ったらきれいになってたわ〜。
ステージとフロアは心斎橋より少し広くなっていました。

サポートのCloud Nothingsは7時ちょうどくらいに登場。ネットでちょこっと聴いただけなのですが、音的には好きなタイプ。
ただ、ヴォーカルなしで延々と演奏してた時には途中でちょっと考え事してしまったわ(笑)ベース君は時々「おおきに」言うてました。
40分くらいで終了。

8時過ぎくらいにThe Cribs登場。兄弟たちを生で見られるなんて嬉し過ぎます。多分ずっとニヤけてたかも。
この日は余裕でライアン前最前列だったので、ガン見しました。ライアーン!革ジャンの下に着てたのはずっと前から気になってた「炎のロックンロール」Tシャツ。Queenのやつね。

期待の第一声は「まいど」。Chi-Townから。お客さんも大きな声で歌ってジャンプして床が揺れてました。ギターソロの時に中央前に出て来たライアンに触ろうと手がいっぱい伸びてきてたけど、私の位置からはちょっと無理。

大好きなI'm A Realistではゲイリーとライアンが交互に歌ったり、一緒に歌ったりするのを見るのが好き。幸せ。
ライアンはマイクスタンドが動くのか、自分が動くのか知らないけど、よく横向きになってました。時には完全に後ろ向きのことも。で、気付いたけど、お尻がない!足もめっさ細いし。精神的に色々辛い事があったようなので、最近の映像とか見ててそれで痩せちゃったのかなとは思ってたけど、ここまでとは・・・。不憫やわ。
でも髪型見るとね・・・ふふっ。かわいい〜。

髪型といえば、ロスはずっと同じじゃないかな。前髪邪魔じゃないんやろかといつも思うわ。双子の後ろで支えてる姿には感動。ちゃんと見せ場もあるしね。
前作はジョニーさん参加で、ライブも4人編成でしたが、今回は3人。でもステージにはサポートギターの子が1人いました。何となく見た事あるような気がするんだけど・・・と思って調べたらNine Black Alps(10月アルバム発売!)のメンバーでした。結構ぴょんぴょん飛んでました。

ライアンもよく飛んでたけど、2曲目くらいで上着脱いでTシャツ1枚になったら、襟がどんどん広がって、とうとう左肩が出てしまい、胸毛もあらわに最後までその状態(笑)。
ソロの時に左側の空いたとこで足を大きく広げてギターを弾く姿がちょっと痛々しいんだけどね。
ちなみにギターは2本しか使ってなかったかも。

新作からは6曲。もう5作目になるとは早いもんですねえ。このアルバムでは双子のリードヴォーカル具合が半々くらいでしたが、この日はライアンのが多かったかも。割と前半に偏ってやってたと思います。
Come On Be A No-Oneの時だったか、ライアンが歌いだしたものの、ロスがまだ準備できてなくてやり直したの(笑)
Hey Scenesters!やっぱり盛り上がる!

ライアン珍しく英語で(笑)「今までやってない曲をやる」と言ってやったのはLeather Jacket Love Songでした。
いつもイントロが合唱になるAnother Numberはさっさと始まってちょっと拍子抜け。

ゲイリーも時々「ありがと」言ってたけど、やっぱりライアン、ちゃんとカンペ用意してたくさん日本語喋ってました。「また大阪にこれてうれしい」「日本語・・・???頑張ります」(何言ったか忘れた)この「頑張ります」のとこの笑顔がもう、め〜っちゃかわいかった〜。頑張ってたわ〜。
あと1stアルバムがどうたら言ってて、誰かがWhat About Meて叫んでて、それ演奏してくれたんですよ。あとでセットリストみたら、ここはリクエストになってたので、それだったらYou And Iて叫べばよかった!多分無視されてたかもやけど。What About Meは前回もやってたやん。

まさかのBe Safeね。これ少なくとも大阪では初です。両側にスクリーンがあるのは気付いてたけど、ここにリーさんの映像が出てました。最前列からだと見れないんですけどね。心斎橋の頃は狭くてスクリーン用意できなかったからかな。

Men's Needsはイントロも合唱になってて楽しい!ライアンは途中自分の前のモニターに足をかけて横向きで歌ってて、その後は体は前向き、顔は後ろ向きの器用な体勢で歌ってました。とにかく、この日は全体的にちゃんと前を向いて歌う事が少なくて、大抵横向きなのよ。横顔も見られて嬉しいけど(気持ち悪いくらいガン見してましたので)。

やっぱり前作の曲を聴くとジョニーさん思い出すなあ。でもまた3人に戻って、左のライアン定位置で見られるからそれは嬉しい。それに、ゲイリーは歌ってる時以外は半分以上ライアンのほうを見てるので、このバンドは左側からのほうが見やすいんですよね。
ここの会場は心斎橋よりステージがちょっと高いです。(あの低いステージが好きだったのに)

最後はCity Of Bugsで、曲の終りにはライアンはアンプにギターをこすりつけ、ゲイリーはベースとマイクスタンドで遊んでるし、もうぐっちゃになって終了。早い。アンコールなし。1時間10分くらい。短い!

ライアンの日本語、もっと喋ってたと思いますが、ゲイリーだったか、最後の方で「ぼくたちThe Cribsです 」と言ってました。
(だからそれは言わなくていいんだって)

楽しかったです。いつも言ってますが、全てにおいて愛おしくてたまらない。ただ、ちょっとヴォーカルが聞こえにくかったり、若干バランスが悪かったりはあったものの、まあ気にしないでおきます。

セットリストは見せていただきました。
f0035184_1736779.jpg

13曲目、本当にリクエストしたら何でもやってくれたのかな。
あと、最後のArena Rock Encoreは演奏されませんでした。残念。疲れてたのかな。

たった1回だけなんて少な過ぎる。無理してでもHostess Club Weekender行きたかったです。まさか新作のツアーでの来日公演てこれだけじゃないですよね。来年でもいいからまたツアーで来て欲しい!

ライアンが着てたTシャツ。
f0035184_1892493.jpg

これは去年のものですが、この頃はまだ色あせてないですね。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2012-06-24 18:33 | 音楽

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70