The Kooks @Osaka Sunhall, 15 Jan 2012

今年最初のライブに行ってきました。The Kooksです。
全体的には良かったですよ。まあ、細かいとこまで言うといろいろあるけども。

会場はキャパ400人で、日曜ということもあって売り切れ。小さなハコで熱いライブを見せてくれました。ただ、音が悪いというか、よく聴こえないというか。最初のほうはまだ良かったのだけど、後半は醜かった・・・。
しかし!メンバーの強引さとお客さんの「絶対楽しんでやる!」という気持ちが一緒になって、一体感のある気持ちいいライブとなったのでした。
ドラマーはポールではなく、トム・ヨークさんでした・・・笑。

まあ、若干恐怖も感じましたけどね(マジで)。
最前列左側で見ていたのですが、始まった途端に後ろから押されて柵が前に傾いたのです。そのせいか頭の2曲はあまり集中できず。今回のステージは前にルーク専用お立ち台というか、通路のような特設ステージ(笑)が出来ていて、それが柵の下にあるので、下までは倒れないだろうとは思ったけど・・・。

2曲終わった時点でルークから皆に2歩下がってくれとお願いがあって、ちょっと落ち着いたのです。ルークも日本語で「ありがとう」と言ってました。あと何か丁寧に言おうとしてたみたいやったけど、ちょっと間違ってたね。

曲の方は3枚のアルバムからいい具合に混ぜてやってくれました。実は3枚のアルバム中、2枚目のKonkが一番お気に入りなのですが、最近3枚目の良さもじわじわ感じてます。
見た目はまだまだ若い彼らですが、ヒューの弾くギターが結構ベテランの人みたいで好きです。ルークは時々専用ステージに上がって左右行ったり来たり。低くて近いので手を伸ばせば腹とか脇腹に当たるし、何度かお触りしました。後ろからめっさ手が出てくる(笑)
天井も低いのでルークがこのステージに立って手を上げると天井に手が届いてたわ。そういえば後半に柵の上に立ってギター弾いてたけど、頭が天井すれすれでした。

途中のアコースティックセットに入る前に一旦中断。柵を直したりして休憩。クルーの方が配ってくれた水で生き返りました。有り難い。
最初はルークの1人演奏で「日本では初めてでツアーでも何回かしかやったことのない」Picture Frameでした。
Tick Of Timeやってくれたのは嬉しかったな。

ルークとヒューはピアノやキーボードも弾くようになって演奏の幅が広くなったのは喜ばしいことなんだけど、この日は何せ音が悪いというか、ギターとかヴォーカルがあまりちゃんと聴こえなかったので、それが残念でした。メンバーも若干苦笑気味みたいな。  
何だかんだでピートも初来日含め、過去の来日公演ずっと一緒ですよね。ステージ上のメンバー同士のちょっとした会話なんかからでも仲の良さが伝わってきました。元々友達だったよね、確か。

音の悪さと柵の弱さには困ったけど、ケガ人出なくてほんとよかった!柵はもっと丈夫にしておくれ。後ろの人は気付かなかっただろうけど、斜め状態の柵でライブ見たの初めてです。スタッフの方が何人かであの柵を支えてたんですよ。お疲れさまです。元はと言えば後ろから無理に押す人達が悪いんだけどね。
ライブはお互い気持ちよく楽しみたいもんです。

セットリストはたくさん配ってました。
f0035184_22195082.jpg


ヒューの立っていた場所にピックが落ちていたので、あとでクルーの人に拾ってもらいました。一応バンドのロゴ入りなんだけど、ほとんど消えてました。多分使ってるうちに消えてったんだろうなあ。
[PR]
トラックバックURL : http://roisindubh.exblog.jp/tb/17094249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by roisin_dubh70 | 2012-01-19 22:28 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70