THE CRIBS@Shinsaibashi Club Quattro/23 Oct 09

名古屋に続き、The Cribsの大阪公演に行ってきました。
とにかく楽しくて仕方ないのです。この日はちゃんと音も聞こえていたのでよかった。
We Were Abortedですでに場内沸騰。Hey Scenesters!で床が揺れていたような?暑い。
ライアン「まいど」で、お客さん喜ぶ。「ぼくたちはThe Cribsです」
よく考えたらそんな事言わなくてもフェスじゃないんだからお客さん全員知ってるとは思うのだけど、どうしても言ってみたいんだろうね(笑)

前日と同じく左側最前列で見ていたので、またもやマーさんを観察してしまいました。職人さんですね。素晴らしい。さりげなく自然に兄弟達に溶け込んでるというか、いや、外見でなく音楽的に。でも外見だって若々しいですよね。
I'm Alright Meはやっぱりセットから外して欲しくない1曲です。
ロスの軽快なドラムで始まったEmasculate Meですが、ゲイリーが歌わずにかがんで何かしてると思ったら、イフェクターか何やらが問題があったらしくいろいろ触っていました。ロスに何か言ったあと、一旦演奏中断。また演奏が始まってもゲイリーはマイクスタンドを倒したりベースを放ったりしてちょっとキレかかってる風に見えました。それでも弟達やマーさんはそれほど気にしてる様子もなく淡々と演奏。さすが堂々としてるわ〜。見てるこっちはハラハラしてたというのに(笑)

新作からは続けてCheat On Meで、この曲はギターがとてもきれいな音を出しているので、そこだけでも聴きたいくらい。かすれ気味のゲイリーのヴォーカルもいい味出してます。この曲に限らんけど。

新作、前作と新しい曲が続いたあとはライアン日本語で「次の曲は昔からのファンの為の曲」(よく言えたね!しかも聞き取れた)と言い、Directionをやってくれました。私は2006年1月からのファンなのでそれほど昔からってわけじゃないけどね。でも嬉しいです。

CDでもHari Kariを聴くと、どういうわけかライアンの前髪パッツンが頭に浮かぶのですが、やっぱり生だと感激も大きいですね。本物が目の前(私の位置からだと斜め前だけど)で歌ってるんで。時々横向きになりながらも熱唱する姿を見て、家に1人欲しいな、ライアン・・・と思いました。

Save Your Secretsでは立ち位置が入れ替わる双子達。左から眺めていた私からは2人が並んで歌う姿を斜め横から見られるのですが、この姿だけでも宝物って感じ。2人の歌う姿勢の違いがはっきりわかっておもしろいです。上向き(兄)と下向き(弟)。なので、ライアンがゲイリーのマイクスタンドで歌う時はちょっとかかとを上げてるんです。(すみません。ライアンの行動観察し過ぎで)
この日のシャツは赤と白のシマシマで、やっぱりヨレヨレ。胸元がはだけ過ぎでした。

しっとりと落ち着いた曲のあとはOur Bovine Publicでまた室温が上がった気がしました。絶対床が揺れてたし。ライアンの、いかにも唾が飛んでそうな歌い方が特徴的な曲です。お兄ちゃんのOh..oh..も好きだけど、マーさんもちゃんとoh...oh..歌っていました。控えめながらもちゃんとコーラスにも参加していたのだけど、時々どこか一点を凝視してました。前列ではなく、ちょっと後ろの方。何見てたんですか〜。ていうか、誰か気になる人いたのかな?

Another Numberは実は私が初めて聴いたこのバンドの曲です。しかもオリジナルではなく、Kaiser Chiefsがカバーしてたやつ。でもそれがきっかけで今みたいに大好きなバンドの一つになったんだから、何が縁になるかわからないもんですね。何でもないリフなんだけど、一度聴くと耳から離れないし、しかも癖になってしまう。

さて、ロスはこの日何回ドラムの上に立ったでしょうか。Mirror Kissersみたいにある決まった曲を聴くと自然と頭の中にその姿が思い浮かんでしまうものなのですが。3回?最近の曲にはそういうのないからちょっと残念だなあ。
Men's Needsではライアンがスピーカーに乗り、ネックをお客さん側に向けてギターを弾いていました。それもちょっと細かい指運びのところ。凄い、結構器用だ。(今さら発見かい)

ライアン日本語で「アンコールはねえよ」(2回言った)ああ、そうか、前日最後のほうで言っていたのはこれか!聞き取れなかった言葉。この日ははっきり聞き取れました。とにかく英語は話さなかったです。全部日本語。えらいわ〜。途中で「ぼくたちThe Cribsです」をもう一回言ってましたが(笑)あと何て言ってたっけかなあ。「新しいアルバム買ったかい」かな。「ありがと」は何回か言ってました。

そして最後はCity Of Bugsで締め。感動的な展開の曲なので、セットの最後にふさわしいです。そして、勢いをつけてライアンダイブしたーっ!
よかった・・・私、中央じゃなくて。愛すべきライアンですが、汗だくで降ってこられてもちょっと困るので、こういう場合、端からみてるほうがおもしろいです。
そんな事してる間にもマーさんは上着を着て(何でだろうね、わざわざ)皆さん順番に帰って行きました。
やっぱりThe Cribsは愛すべきバンドでした。

セットリストはSmashingMagを参照しました。写真も多数上がっています。

We Were Aborted
Hey Scenesters!
I'm Alright Me
I'm A Realist
Emasculate Me
Cheat On Me
We Share The Same Skies
Women's Needs
Moving Pictures
Direction
Hari Kari
Save Your Secrets
Our Bovine Public
What About Me
Another Number
Ignore The Ignorant
Mirror Kissers
Men's Needs
City Of Bugs
[PR]
トラックバックURL : http://roisindubh.exblog.jp/tb/12188521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ishuto at 2009-10-25 17:00 x
待ってました!素晴らしいレビュー!
読ませていただいて私も涙目。武道館でも「後でアークティックモンキーズのやつらが~」などしっかり日本語覚えてきてました(エライ!)。よく聴き取れないところもありましたけど~
いかんせん、短かった!客も一部だけ大喜び(その中の一人は私!)って感じだったので、やっぱり単独見たいと強く思い、行く態勢でいたのですが、急ぎの仕事が入ってしまい泣く泣く諦めました。

彼らのライブは初でしたが、あの愛すべき佇まいと曲達、とても愛しい気持ちになりました。次回は何が何でも単独行きたいです。
Commented by roisin_dubh70 at 2009-10-25 22:48
ishutoさん、
武道館で彼らのライブを見られたのもいい体験だったでしょうね!もう何から何まで愛しいですよね。日本語もあれだけいろいろ喋ってくれる人はあまりいないので、余計嬉しくなります。
次回ぜひ単独で楽しんでください♪
Commented by sally at 2009-10-27 22:44 x
赤坂ブリッツのライヴ見てきました。知っている曲は二曲ぐらいしかなかったのですけれども楽しかったです!ブログ(開設したばかりです(^^;)に簡単な感想を書いたので時間のあるときにでも見ていただけたら嬉しいです。Chiefsのニュースも少しだけあります。
Commented by roisin_dubh70 at 2009-10-28 16:45
sallyさん、
ブリッツ行かれましたか!!たとえ知らない曲でも楽しんでもらえてよかったです。
今度ブログにお邪魔します♪
by roisin_dubh70 | 2009-10-25 01:10 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70