THE CRIBS@Nagoya Club Quattro/22 Oct 09

The Cribsを見に名古屋まで行ってきました。久々のライブだった事もあって、思い切り楽しめました。
開演前からステージ横をメンバーがうろうろするのが見えていて、いちいち気になるのでいっそカーテン締めてくれって思った(笑)
そしてドラムに描かれたライアン直筆のバンドのロゴに和む(笑)

メンバーが出てくる直前にどういうわけか目が潤んでしまいました。ほんと愛しくてたまらんです。
マーさん加入でライアンが中央になりました。1曲目は新作の1曲目でもあるWe Were Abortedでした。しかしヴォーカルが聞こえない・・・。いや、聞こえるけど音のバランスが悪過ぎて聞きづらいというか。私はマーさん側の最前列で見てましたが、ギターの音は聞こえ過ぎ(笑)。見る位置にも寄るのかもしれないですが、私は大体どのバンドでも左寄りで見る事が多くて、それでもこの日ほどバランスが悪かったのは初めてかも。結局最後までこの調子だったので、私的には少々残念でした。

とはいえ!ライブの内容はとてもよかったのです。音の悪さには我慢するとしてバンドの勢いは最初から最後まで途切れる事なく突っ走っていたのでした。
ライアンの前髪パッツンはもう定番ですね。そしてつばを思いっきり飛ばしながらも熱烈に歌うその姿にうっとりなのでした(笑)おまけにケイト・ナッシュの写真付きギターだし。
Hey Scenesters!ではお客さん全員合唱かってくらい皆歌ってましたね。熱くなる1曲。

そしてマーさん素敵です。実はThe Smithsってよく知りません。もちろん有名なバンドなので名前は知ってましたが、曲はほとんど知らず。でもこの日初めて生で見て聴いて、控えめな姿勢ながらも細かいところにも気配りできる音っていうか、うまく言えませんが、前3作の曲にもうまく馴染んでいて、その辺りはさすがだなと思いました。
よく考えたらこの4人でのライブは少なくとも去年からやってるし、馴染んでなかったらおかしいですよね。

I'm A Realistは双子が交互に歌うところが大好きです。前作から2人の声の違いがわかるようになったので(最初の2枚は区別つかんかった・・笑)、新作でもちゃんと聞き分けられるのが嬉しい!そしてライブでそれを確認できて更に嬉しいのです。ゲイリーの歌ってる曲で好きなのはLast Year's SnowWe Share The Same Skiesで、優しく歌ってるところがお気に入り。この2曲は最初の2枚のアルバムにはなかったタイプの曲で、こういう曲も自然と演奏出来るようになった事でも彼らの成長を感じさせてくれます。感涙。

でもやっぱりDirectionのような素人臭い曲を聴くとほっとするんだなあ。そしてロス、ドラムの上に立って向きを変えながら叩くという、何曲かある見せ場の一つ。これ絶対やるよね(笑)

Save Your Secretsではゲイリーとライアンが位置交代、ついでに楽器も替えてゲイリーが中央で熱唱。この曲もいいなあ。

そういえば今回ライアンだけでなく、ゲイリーも日本語喋ってましたね〜。しかも「ぼくたちThe Cribsです 」て、それ、さっきライアンが言ってたやん、て突っ込みそうになったわ!でも「ありがと」の後で、もう一回「ありがとございます」と言い直してたのがかわいい。
おお、それで気付いたけどライアン、ちゃんと「ありがと」と言ってました。
「ありがお」じゃなくて。
他には新しいアルバム聴いた?とか、昔からのファンはいるか?とか。あとどうしても聞き取れないのもあったけど。

What About Meは嬉しかったです。元々彼らのファンは熱心な人が多いと思うのですが、この曲も他の曲と同じく合唱になっていました。
ライアンがちょっと前に出てAnother Numberのイントロを弾き始めると大歓声が起こって、そして皆にそのメロディを歌うように煽るともちろん皆で一緒に歌う!

マーさんは黙々とギターを弾いておられました。時々目を瞑りながらも(自分の世界に入ってたのか?)たまにはライアンと絡んでみたり、ふざけて足蹴りし合ったりして。背中合わせになって弾く場面もありました。で、ギターのネックをお客さん側に向けて弾いたりして、そのポーズがかっこよかったです。

あっという間に最後のCity Of Bugsに。バンド史上最長のこの曲はライブで映えますね。照明がチカチカして眩しかったけど、特に最後のほうのライアンの取り憑かれたようにギターを弾く姿がかっこいい。いくらむちむち白シャツでもこの場合はいいんです!
最後はギターもベースもアンプにこすりつけて終り。マーさん、登場したときに着ていた上着(3曲目くらいで脱いでいた)を律儀にもまた着てからステージを去っていかれました。

アンコールなしで20曲、約1時間15分のセットでした。最近のUKツアーでもアンコールはやっていなかったので、今はこういう方針なんでしょうね。まあ下手に流れを切るよりも一気に勢いのついたまま最後まで行くということなのかな。
もうちょっとやって欲しかったけど・・・Martell聴きたかったです。

We Were Aborted
Hey Scenesters!
I'm A Realist
Emasculate Me
Girls Like Mystery
Last Year's Snow
Cheat On Me
We Share The Same Skies
We Can No Longer Cheat You
Direction
Hari Kari
Save Your Secrets
Our Bovine Public
What About Me
Another Number
Ignore The Ignorant
I've Tried Everything
Mirror Kissers
Men's Needs
City Of Bugs

(大阪編に続く)
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-10-24 21:34 | 音楽

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70