THUNDER@Shinsaibashi Club Quattro, 15 Apr 09

結成20周年、THUNDERを見に行ってきました。
彼らにとって大阪では多分これまでで一番小さい会場というのがちょっと複雑な心境で、しかも2度目の解散宣言をしたこともあって、今回が最後のライブということになりました。

オープニングでAC/DCのThunderstruckがかかると、会場中で大きなThunder!の掛け声が。やっぱりこの曲聴かないと!まるでTHUNDERの為にあるような曲です。
この夏に解散するという実感が今ひとつないまま見ていました。この件に関しての特別な挨拶はなく、ほんとに今日が最後なのかなという感じでした。

日本では曲間が静かになることも多いですが、このバンドに関してはそんなことないですね。お客さんは最初から最後までダニーの「scream!」につられて大騒ぎしていました。
Low Life In High Placesでは観客に歌わせる部分が何回かあって、完璧にこなした私達はダニーにsplendid!と言ってもらいました。

ステージが狭くてダニーは思い切り踊れなかったみたいだけど(笑)、後ろにいた私にもそのダンスの様子はよく見えました。ただ、何度か(彼にしては)調子悪いのかなという場面はありました。並のヴォーカリストなら100点満点のところなんですけどね。
ほんと歌がうまくて聴き惚れます。しっとりと歌い上げるところでもお客さんを煽って盛上げるという・・・。つい笑ってしまいます。

いちいち観客をいじっては笑いを誘うそのやり方はうまいです。やっぱりこの世界にはTHUNDERは必要です。日本公演の前に演奏してもらいたい曲のリクエストを受け付けていたようですが、聴きたい曲がありすぎて、敢えていうなら各アルバムから最低4曲ずつとか(笑)。

Empty Cityは静かに始まって途中から盛り上がっていくところが好きで、特にルークとベンが並んでギターを弾くところ。音がきれいにハモって、しかも見た目にもネックがV字型になって(これは視覚的にわざと並んでると思います)かっこいいです。

昨年出たアルバムBANG!からは3曲演奏されました。全体では6枚のアルバムから構成されていて、まだまだ聴きたかった曲多数。でもアンコールでは久々にStand Upが聴けたので嬉しい!
River of Pain, Dirty Loveと定番曲を演奏して終了。このDirty Loveはもちろん大合唱&ジャンプでした。この曲の途中で、また知らない曲を歌ってました。

やっぱり彼らのライブはいつ見ても楽しい!最後もメンバーの皆さん、結構あっさりと帰ってしまったので、あっけなかったです。でも会場が明るくなってもお客さんは誰も帰ろうとせず、アンコールを求める声援がなかなか止みませんでした。そこにちょっと感動。結局そこで終りでした。

あとでセットリストを見せてもらったら、アンコールには5曲予定されていたようです。
Higher GroundとPlay That Funky Musicは演奏されませんでした。Higher...聴きたかったのに。残念です。

She's So Fine
On The Radio
Miracle Man
Low Life In High Places
The Devil Made Me Do It
Empty City
Dirty Dream
Love Walked In
Stormwater
You Can't Keep A Good Man Down
Don't Wait For Me
I Love You More Than Rock'N'Roll

Stand Up
River Of Pain
Dirty Love

余韻に浸りつつ、今回は忘れず応募していたミート&グリートに参加しました。
最後なので何話そうかと思っていたのですが、気の利いた言葉が見つからず、結局は感謝の気持ちを伝えることにしました。
それ以外ではルークは音楽活動は続けるのでまた日本にライブしに戻ってきたいと言っていました。あのメンバーの中では一番再会の可能性がありそうですね。
ダニーにはDirty Loveの時に歌っていた曲は何かと聞きました。 TEMPTATIONSのPapa Was A Rolling Stoneという曲だそうです。チケットの半券に書いてもらいました。でないとすぐ忘れるし。

多少緊張しつつも、笑顔で接する事ができてよかったです。やっぱりこれで最後って感じしないよ〜。また再来年あたり会えそうな錯覚起こしそうでした。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-04-18 12:25 | 音楽

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70