The Fratellis@Shinsaibashi Club Quattro, 12 Mar 09

The Fratellisの初単独ツアーの初日に行ってきました。歌って踊って楽しい時間を過ごしましたよ。2年半この日を待ってたし、ソールドアウトになっていただけあって始まる前から期待度200%な雰囲気で、盛り上がりも凄かった!

最前に行けるかどうか微妙な番号だったのですが、うまい具合にジョン側が空いていました。ほんとはバリー側に行きたかったんやけど。でも大好きなミンスもよく見えたしジョンの手技と足技観察をしましたから(笑)
ミンスの好きなところは動きが派手なこと。両手を振り回すようにして叩く姿は格好いいとは言えないかもしれないけど、私は好きです。

1曲目から床が揺れるくらい皆の動きが激しくて、結局最後までほとんどそんな調子でした。
Vince The Loveable Stonerのミンスのa-haが好きです(しつこい)。ベースもなんかかわいいし。この曲はCDで聴くとそれほど好きってほどではないのにライブだとかっこいい。
Flatheadは予想通り大盛り上がりの為、それまで座っていた警備のお兄さんがすぐ反応してました。正直言ってちょっと邪魔やったけど仕方ないか。

彼らのアルバムは2枚目より1枚目が好きという人が多いかもしれませんが、私は2枚目が好きです。1枚目は1回聴いてすぐお気に入りになったのに対して、Here We Standは聴けば聴く程味わいが出てきて徐々に好きになりました、曲の出来も平均して高いような気もします。ま、人それぞれ好みがありますからね。
中でも特に好きなのがA Heady Taleです。途中のいかにもライブで盛り上がりそうな手拍子部分とか、ピアノとか、ミンスの思い切りのいい叩きっぷりといい、ギターのジャーンてとことか全て好きです。(意味不明ですみません)

最初のポロ〜んのギターの音ですぐにわかってしまうWhistle For The Choirは実は1stで一番好きな曲です。
バリーは動きもゆったりで全然派手さはないけど、結構人のこと見てる(笑)。お客さんのほうもだけど、ジョンのほうを見てる事も多いかも。割と歌ってましたね。左手のタトゥー?が気になる。
ミンスの軽快なドラムから始まってそれに続くベースがかっこ良すぎるChelsea Daggerでまた会場の床が揺れました。盛り上がりは凄かったですが、サマソニの時程ではなかったなあ。
Henriettaは凄かったです。真ん中ら辺の人達大変だったろうなあ・・・。よかった、一番前の呼吸がちゃんと出来るところで(笑)。端の方なので、それほど後ろからの押しもなく、しかも心斎橋の最前の柵の端の方は斜めになっていて、無理なく全体を見渡せるので大好き。

しかしギター職人ジョンは一体何本ギターを持って来ているのでしょうか。あとで数えてみたら多分5本?この日も何回も取り替えてましたが、たった1曲、Lupe Brownの、それも前半に使っただけという赤のリッケンバッカーが目立ってました。で、途中からは黒のレスポールに変えてソロを弾くのですが、これがかっこいい〜♪この曲を聴くといつもTHIN LIZZYを思い出すのは私だけですね、きっと。
ギター職人の足元ペダルもよく見えたのでじっと見てました。ペダルの音の違いはわかるものの、ギターの違いが今ひとつわからんわ。それはそうと、ずっと歌ってるのに水も飲まず、よく声が続くなあ。バリーはお客さんにペットボトルの水を何本か投げてました。いい人や〜。

Got Ma Nuts From A Hippyはライブだと特に後半部分のアレンジがよくて、それにミンスのミニ・ドラム・ソロがかっこいいです。着ていたバンドシャツも汗びっしょりになってました。

本編最後はMilk And Moneyでした。静かにピアノで始まり、途中のテンポが早くなるところではバリーが手拍子を促してギターも激しくなっていって、最後はまた静かにピアノで終わるという展開が見事な曲。メンバー3人がステージを去っていった後もピアノだけが残って本編終了。

アンコール1曲目はCDと同じイントロが流れてくるMistress Mabelで、これが意外と大騒ぎになる曲なんですよね。ピアノの影響もあるかもしれないです。
最後はBaby Fratelliで最後の大騒ぎ。むむ・・・ジョンの足元に貼ってあったセットリストには曲名は読めないものの、最後は3曲分書いてあるのが見えたのに気のせいか?とこの時は思ったのでした。

ジョンとバリーは手を伸ばしてファンの人と触れ合ってました。ジョンは真ん中だけでしたが、バリーは最後にこっちまで来てくれたのでちょっとお触りできました♪ ふっくらしてはったわ。
ジョンが途中で落としたピック3枚のうち1枚をクルーの人にもらいました。
わーい。

Cuntry Boys & City Girls
My Friend John
Vince The Loveable Stoner
Look Out Sunshine
Flathead
A Heady Tale
Doginabag
Tell Me A Lie
Whistle For The Choir
Stragglers Moon
Chelsea Dagger
Henrietta
Lupe Brown
Ole Black 'N' Blue Eyes
Shameless
Got Ma Nuts From A Hippy
Milk And Money

Mistress Mabel
Baby Fratelli

終了後、人に見せてもらったセットリストにはアンコール2曲目にAcid Jazz Singerが載っていたのに演奏されませんでした。ガーン、好きな曲なのに。なんでやらなかったんだろ。

名古屋編
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-03-14 17:17 | 音楽

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70