KEITH @ FANJ twice, Osaka 23 Jan 2009

KEITHを見に行ってきました。いいライブでしたよ。
と言っても開場から2時間はCLUB SNOOZERで、初めてだしちょっとどんな感じかなと思い、7時過ぎに入りました。自分の好きな曲がかかるとやっぱり嬉しいもんですね。初心者なので(笑)端のほうにいました。

8時にはお待ちかね、KEITH登場。あれ、ギターのマークとベースのジョンの位置が私の記憶と逆なんですけど。つまりマークが右側になってました。どっちでもいいか。私は真ん中ら辺でゆらゆらしてました。客の入りがぎゅうぎゅうではなく、適度に空いてるので、体を動かしても余裕。いいんだか悪いんだか。

1曲目から3曲続けて2ndからの曲で、このアルバムに対する意気込みが感じられます。お客さんのノリも適度によく、なんか和みます。Runaway Townはドラムとベースのリズムがかっこよくて好きです。
Hold That Gunはアルバムとはちょっとアレンジが違っていて、一瞬別の曲かと思いましたが、こちらもいい感じ。

まさかHold That GunのB面曲、No Solemn Questをやるとは!結構好きです。いつもアルバムと一緒に聴いているので生で聴いても流れ的に全然違和感なかったし。続けてEP「Threes」からShout Out Loudをやってくれました。途中からマークが弦にドラムのスティックを当てて弾いていました。レコーディングもそうやってたのかなあ。なんか幻想的な雰囲気がよかったです。その、ほわ〜んとした状態がしばらく続いていたのでお客さんはいつ拍手していいのかわからず、そのうちオリのほうから「ありがと」と言われてしまい、ちょっと笑った。ちなみに曲が終わるごとに彼は日本語で「ありがと」「ありがっと」と言っていました。

アルバムを聴いていると、キーボードの音やオリの声質のせいか、何となくふわふわした感じがあるのですが、生で聴くとやっぱり力強くて、でもオリの声はやさしい。
With Meではマークがアコースティックギター、オリはエレキでこれまたいい!この曲は歌詞も含めて大好きなので嬉しい!そういえばオリが出だしのキーを間違った??マークの方を振り向いて微笑み合い、ちゃんと持ち直してましたけどね。いい雰囲気。

Mona Lisa's Childは皆待ってました!的なノリで、一番盛り上がったんじゃないかな。最初オリがステージの端に座って歌い始めたかと思うと、前の柵の上だかステージの端だかを綱渡りみたいにバランス取りながら中央まで歩いていってました。危なっかしいなあ(笑)マークも結構動くのに、相変わらずジョンは棒立ちで演奏。いやあ、見てるとおもしろいなあ。いろんなタイプのミュージシャンいるよね(笑)
曲が終わると興奮した2階の客がお酒(多分)を上から撒きよった!私は頭と背中にちょっとかかっただけですみましたが、もろにかかった人もいたみたいで、迷惑やわ〜!!せめて水にしろ。色と匂いのするものはあかんて。

アンコール1曲目は1stのインスト、The Millerでした。あのポコポコした木琴みたいな音は何の楽器なんやろと思ってましたが、実物を見られるとは!オリが木の箱のようなものを短い棒(正式名称は知りません)で叩いていました。まさにあの音でしたよ!かわいい〜。
そして最後はVice And Virtueで締めくくりました。多分5分くらいだったと思います。何と終わってみれば2ndからは全11曲すべて演奏されました。1stからが意外と少なく、5曲。Youが聴きたかった・・・。そしてまたもやBack Thereがなかったのは何故?確かシングルじゃなかったけ?

多少気になる部分はあったものの、全体的には満足でした。よく戻って来てくれました。最後の方でオリが「大阪は一番好きなところだ」と言っていましたが、社交辞令じゃないことを祈ろう(笑)

ところで、今回のツアー会場にアルバムとEPに付いている券を2枚一緒に持っていくと500円返金+抽選会があるというので、ちゃんと持っていきました。小さいのでお財布に入れて。すると、ハズレでまたバッジ!これで2つ目。でもいいや、柄が違うし。いつか大きいの当ててやる。

Can't See The Faces
Up In The Clouds
Runaway Town
Hold That Gun
No Solemn Quest*
Shout Out Loud
Gunshot Revelry
Lullaby
You Don't Know
Welcome To My Fairground
Thick Skin
With Me
Lucid
Don't Want To Be Apart
Mona Lisa's Child
Down Below

The Miller
Vice And Virtue


*No Solemn QuestはiTunes Store/Keithで購入できます。
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-01-24 14:31 | 音楽

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70