GLASVEGAS @ BIG CAT, Osaka 21 Jan 2009

思ったより早い時期での来日でしたね、GLASVEGAS。てっきり夏フェスで初来日のあと単独かと思いきや。
そのせいなのかどうか、開場時の人が少なくてどうしようと思っていたら、開演直前にはまあまあ埋まっていたようです。

日本では珍しい8時開演、15分ほどして登場したメンバー4人。この日はギターのラブとジェイムズの間の左寄り最前で見たのですが、 ラブ、でかい。
ギターをかき鳴らす音で始まった1曲目のFlowers And Football Topsで早くも涙目になってしまいました。ギターの大きな音はもちろんのこと、ジェイムズのちょっと切ない哀愁を帯びたような声が胸に突き刺さる感じがしたんですよ。特に最後のYou are my sunshine....のとこなんかよかったなあ。

キャロラインのドラムは単純そうだけど結構音もでかいし、あの音がギター同様このバンドの特徴なのかもね。それにしてもラブ、あの大きな体でよく動く。ベースのポールと時々向かい合って動きまくってました。

Geraldineはやっぱりいい曲だなあ。初めて聴いた時にギターの音に惹かれましたが、やっぱり声がいい。Go Square Goでは合唱も起きる程盛り上がって、特にキャロラインがすごい嬉しそうに笑ってました。でもその後場内シーンてなるのが日本の特徴で(笑)。何でだろうね、あれ。自分でもよくわかりません。ジェイムズが「静かだね」とささやき声で言って笑ってました。彼はあまりニコニコするタイプではないですが、それだけにたまに笑顔になると、とってもチャーミング♪

Please Come Back HomeとCruel Moonは12月に出たミニアルバムからの曲ですね。結局まだ買ってないです。2曲ともアコースティックで演奏される間、キャロラインとポールはドラムセットに後ろに並んで座っていたのが微笑ましい。

Daddy's Goneでは再び合唱が起こり、お客さんだけで歌う部分もあってメンバーも皆満足そうでした。ただ、この曲で最後だったのがすごく残念でした。せめてあと1、2曲やってくれたらよかったのに。全部で10曲。50分足らず。少ない・・・
Stabbedのちょっと明るいデモバージョンでもやってくれたらよかったのに。
でも中身は濃かったです。いいもの見ました。

Flowers And Football Tops
Lonesome Swan
It's My Own Cheating Heart That Makes Me Cry
Polmont On My Mind
Geraldine
Ice Cream Van
Go Square Go
Please Come Back Home
Cruel Moon
Daddy's Gone
[PR]
by roisin_dubh70 | 2009-01-22 23:50 | 音楽

音楽なしには生きていけない


by roisin_dubh70